青春高校3年C組の生徒が卒業を前に語った、あの頃の自分

“理想のクラスを作る”ことをテーマにしたバラエティ番組『青春高校3年C組』(テレビ東京系)が、3月15日深夜の放送が最終回となった。番組放送以来、個性的なキャラクターの生徒たちがさまざまな企画に体当たりで挑戦。泣いたり、笑ったりしながら成長していく彼らの姿は、多くの視聴者を魅了した。

今回は、そんな生徒たちのなかから、小沼綺音さん・日比野芽奈さん・渡邉聖明さんの3名が登場。3年間の“青春”を共に過ごした仲間たちの、親密感にあふれるトークをお楽しみください。

▲青春高校3年C組スペシャルインタビュー(卒業編)

■学級委員長と副委員長は“ハト”だった!?

渡邉 この3人でこうやって話すのって……。

日比野 かなりレアな気がする(笑)。

渡邉 滅多にない組み合わせだよね。部活もみんなバラバラだし。

小沼 2人(日比野、渡邉)は学級委員長と副委員長長をやってる。

渡邉 補足ありがとう(笑)。でも、僕たち3人の共通点といえば全員1期生。

日比野 たしかに。

――3人のなかでは、日比野さんが最初にオーディションに合格して、3年C組の生徒になりました。

渡邉 オーディションウィークに芽奈が出ているのを見たときに「この子は絶対に受かるだろうな」と思ってた。

日比野 わったー(渡邉)は、最初のころ「生徒会長を狙ってます!」みたいなことを言ってたよね。私はそこで対抗心が芽生えた(笑)。自分のポジションを脅かす人があらわれた! と思っちゃって。

渡邉 僕がオーディションウィークに出ていた、翌週に学級委員長が決まったんだよね。

日比野 そうそう。それで、自分が学級委員長に決まって、ちょっとホッとした思い出がある(笑)。

渡邉 にゅま(小沼)が最初に出たときもめっちゃインパクトがあった。しかも、僕たちは同い年だったから「え? このコと同い年なの!?」って衝撃がすごかった。

小沼 そんな大したことないよ。

――小沼さんは2人とどんなふうに接していたんですか?

小沼 なかなか自分から話しかけられなかったので、遠巻きに見ていたんですけど、わりと2人ともイジられキャラだったので、みんなからちょっとからかわれているのを、私は微笑みつつ見てました。

渡邉 僕たちイジられてた?

日比野 自分でも気づかないうちに?

――日比野さんと渡邉さんは“優等生”のイメージがあります。

小沼 優等生で器が大きいからこそ、みんなからイジられても広い心で受け止めていたと思う。

日比野 なるほど。俯瞰で見てるな〜。

渡邉 この3人のなかで、にゅまが一番しっかりしてるかもしれない。

日比野 見た目とのギャップがあるよね。誰よりも冷静で、考え方が大人だし、発言とか考えていることが、ほかの人とは違うなって思う。

渡邉 知的で、言葉に深みがある。ワードセンスもあって、普通の人があまり使わないような語彙がいろいろ出てくるし。

▲滅多にない組み合わせが実現

――学級委員長と副委員長でクラスについて真剣に話し合うこともありましたか?

日比野 いや私たち、そんなたいそうな者ではなくて。

渡邉 本当に申し訳ないくらいに……。

日比野 肩書きだけなんです(笑)。

渡邉 でも、僕から見て、芽奈はまとめなきゃいけないような場面で、コメントとかをバッチリ決められる人で。番組で重大発表があって、それについてのコメントを振られたときも、みんなの気持ちを汲み取りながら発言しているのが伝わってくるので「さすが学級委員長だな」って、いつも思っていました。

日比野 えぇ~、うれしい!

渡邉 途中で「委員長になりたい」っていう気がなくなったもん。「この人以外いないでしょ!」って思ってた。

日比野 最初はあんなに野心があったのに(笑)。

――小沼さんは、そんな2人をどう見ていましたか?

小沼 2人ともそんなに波風を立てるタイプじゃないので、青春高校の平和な雰囲気を象徴する“ハト”みたいな存在だな、って。

渡邉 あははは(笑)。

日比野 平和のシンボルだった!

■アイドルを推す気持ちがわかった

――日比野さんはアイドル部、渡邉さんはダンス&ボーカル部、小沼さんは軽音部にそれぞれ所属していますが、お互いの部活をどんなふうに見ていましたか?

小沼 私はもともとアイドルさん全然知らなかったんです。もちろん名前は知っていたけど、特別「推したい!」とか「○○ちゃん命!」みたいな気持ちになったことがなくて。だけど、アイドル部や男子アイドル部を見ていたら「自分が推すことによって、彼、彼女たちが輝いていくのが嬉しいんだな」っていうのがわかって。アイドルって素敵な職業だな、と思うようになりました。

――小沼さんの推しのメンバーはできましたか?

小沼 推しを作ろうと思ったんですけど、それぞれの魅力があるので「この子、かわいい」「ほかの子もやっぱりかわいい」ってなっちゃって。

日比野 目移りしちゃう(笑)。

小沼 みんなを好きになりました。

渡邉 僕は、アイドル部のいろんなイベントやライブに駆けつけて見に行っていましたが、メンバーの成長を一緒に楽しめるところがいいな、と思いました。ライブに行くごとにファンサービスがうまくなってるメンバーがいたり、ダンスが苦手だったメンバーが完璧に踊れるようになっていたり。上から目線みたいになっちゃうけど、ひとつひとつの成長をファンと一緒に楽しめるのが、アイドルの素晴らしさだなと思いました。

――ちなみに渡邉さんの推しメンは?

渡邉 え、推し!?

日比野 それは気になる(笑)。

渡邉 でも、僕もみんなを応援したいタイプで……。だから、誰だろうなぁ……みんな大好きです。

日比野 DDでした(笑)。

▲撮影中も笑顔が絶えない3人

――渡邉さんが所属するダンス&ボーカル部はどうですか?

日比野 どの部活よりも個性の幅が広くて、いろんな子がいるんですよ。実際、バラバラの子たちが文化祭や体育祭でひとつのものを作ろう! ってなったら、うまくまとまらないと思うんです。でも、ダンス&ボーカル部は、お互いの個性を尊重し合いながら、みんなで協力して汗を流しながら頑張っているところが、かっこいいなって思います。

渡邉 最初は“寄せ集め集団”みたいな印象で見られていたけど、それを見返そう! っていう思いがみんな強かったので、そこからチームワークが芽生えたかもしれない。

――小沼さんが所属する軽音部は?

日比野 軽音部こそ本当に大変だったと思うんですよ。楽器を弾いたことがなかったメンバーもいたし、文化祭に向けて1ヶ月間猛練習したり、そういうバタバタな状態のなかで完成にもっていけるのはすごいな、って思った。

渡邉 メンバーの入れ替えもあって大変だったよね。

日比野 リッキー(奥村力)とか夘余野(陽奈乃)がいなくなったあと、みんなに「陰キャ、陰キャ」ってイジられていた子たちが、団結してバンドに打ち込む姿がかっこよかった。

小沼 ありがとう。実際、軽音部は仲良かったです。私は特別、人と関わりたい! みたいなタイプではないけど、バンド仲間と一緒にいるときは楽しかったな。

■まもなく迎える卒業を前に・・・

――番組がスタートした3年前と今を比べて、お互いに「ここが変わったな」と思うところは?

日比野 にゅまは、生徒たちのことを本当によく見ているんですよね。人見知りで、自分から積極的に話しかけられないと言いつつ、最近は、私やアイドル部のほかのメンバーが悩んでいると、深夜に「大丈夫?」とか「元気?」って連絡をくれたりして。小さな変化もよく見てるなぁ、っていうのは感じます。

渡邉 本当に優しいんだよね。

日比野 気遣いの人なんですよ。

小沼 ありがとうございます(照れ)。私から見た2人は、3年前と比べて思い切りが良くなった感じがする。繊細なところはありつつも「自分が持っている力を出し切るぞ!」っていう強い気持ちが伝わってくるので、2人ともすごいなって尊敬してます。

日比野 うれしい! ありがとう!

渡邉 僕、変わったかな?

日比野 わったーは、前に「何をやっても長続きしない」って言ってた気がするけど、個人で毎日配信しているよね。今、何日連続でやってるんだっけ?

渡邉 2年前の6月からスタートして、今月で1000日連続になります。

日比野 すご過ぎる! 長続きしてるじゃん!

渡邉 自分でも怖いよ(笑)。

小沼 しかも、そんななかでも笑顔が絶えないのがすごいなって思う。しんどいときや眠いときもあるだろうけど、いつもにこやかに配信していて。

渡邉 にゅまは「LINE LIVE」で毎日配信しているので、お互いに励まし合いながら頑張ってるよね(笑)。

――小沼さんは何日連続で配信しているんですか?

小沼 今年2月に「3年目に突入したよ」って言われました。

日比野 マジですごい!

小沼 なんかもうここまでくると、やらないと気持ち悪いな、ってなってくる。

渡邉 そうそう。自分でも思うよね。意地なのかわからないけど。

▲それぞれの意外な一面が見えました

――忙しくて疲れているときに、自分を元気づけたり、癒してくれるものはありますか?

日比野 Instagramのストーリーに千鳥のノブさんを見つけたら、それだけで頑張れました(笑)。

渡邉 それはすごいわ。僕はYouTubeをよく見るんですけど、そのなかでも猫の動画を……。

小沼 ふふふふ(笑)。

日比野 意外な一面!

渡邉 めちゃめちゃ猫が好きで、いろんな人があげてる猫の動画を見て癒されています。

日比野 かわいいかよ!

渡邉 にゅまは何かある?

小沼 私はあんまりないかな。でも「3連休」は好き。

日比野 それは元気になれる!

渡邉 たしかに(笑)。

小沼 でも、3連休があったら一歩も外に出ないで、カーテンを閉じた真っ暗な部屋でダラダラ過ごすことが多いかな。

――自分にとって、青春高校3年C組の仲間はどんな存在でしたか?

渡邉 3Cに入る前は、ここも芸能界だからギラギラしている子が多いんじゃないかな? と思っていたし、僕は初めてこういうオーディションを受けたので、最初は怖くて身構えていたんです。でも、いい意味で、本当に自分の身のまわりにいるような等身大の子たちばかりで、すぐに馴染むことができました。

日比野 上下関係もないよね。23歳のチャーリー(エゼマタ健太チャールズ)と普通にタメ口でしゃべっているし。本当にみんな仲良しで、番組の控え室でゲームをやったりしながら一緒に過ごしている時間が楽しかった。だからこそ、みんなとお別れするのが寂しいです。

渡邉 もう最後の収録の日も近づいてきたね……。〔2021年2月取材当時〕

日比野 やだなぁ、終わりたくない。きっとボロボロに泣くんだろうなぁ。

渡邉 夕方枠の最終回でもボロボロに泣いたから、本当にこれがラストだと思うとやばいことになると思う。

日比野 この制服ともサヨナラしなきゃいけないのか……。

渡邉 そうだねぇ。

小沼 買い取ったらいいと思う。

日比野 そっか! そうする(笑)。

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/1785)

〈宮田 英一郎〉

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?