青春高校のマドンナ・日比野芽奈。“かけがえのない場所”への思い

“理想のクラスを作る”ことをテーマにしたバラエティ番組『青春高校3年C組』(テレビ東京系)の、最終回スペシャルが3月31日(水)に放送される。番組内で学級委員長とアイドル部のリーダーを務めた日比野芽奈さん。まじめな優等生キャラのように見えるが、本人は「流されてばかりの“空っぽ人間”だった」と語る。そんな彼女に『青春高校』で過ごした3年間の思い出や、これからの目標について話を聞いた。

▲青春高校3年C組スペシャルインタビュー(卒業・日比野芽奈編)

■仲間と一緒に過ごす“青春”を与えてもらえた

――3月末で『青春高校』のプロジェクトが終了しますが、今の率直な気持ちは?

日比野 体感としては、ものすごく早かったです。たった3年間かもしれないけど、『青春高校』で過ごした日々は充実していて、本当にめちゃくちゃ濃いものを経験させてもらったなぁ、って思います。

――『青春高校』の活動で、とくに記憶に残っている印象的な出来事は?

日比野 う〜ん、どれがっていうのが難しいです。収録はもちろんだし、文化祭や林間学校の行事もすべて楽しかった出来事のひとつです。でも、私が『青春高校』で好きだったのは、みんなと一緒に楽屋で過ごす時間かな。

――楽屋ではどんなふうに過ごしていましたか?

日比野 みんなと他愛もないおしゃべりをしてました(笑)。おばちゃん(宇都木彩乃)が持ってきたUNOで盛り上がったり、ゲーム機を持ってきて勝手にテレビにつなげて遊んでいたら、怒られたこともありました(笑)。

スタジオの楽屋なのに、放課後の学校の教室のような感じでしたね。あとはライブや公演に向けて、みんなと汗を流して練習する時間とか、休憩時間にみんなでわちゃわちゃしている時間とか、そういう何気ないことが私はすごく好きでした。

――文化祭の準備期間のワクワク感のような?

日比野 そうですね。そういう時間が3年間ずっと流れている感じがしました。実際の高校では味わえなかった、仲間と一緒にワイワイ過ごすキラキラした“青春”を与えてもらったと思います。『青春高校卒業ライブ』(3月21日開催)に向けて毎日、テレビ東京に通って、昼から夜までずっと練習しているんです。すごく大変だけど、その時間が充実しているので、終わってしまうのが悲しいなって思います。

――3年間で感情を揺さぶられる瞬間がたくさんあったと思います。

日比野 夕方に放送されていたころは、アイドル部や、他の部活の密着ドキュメントが多くて、生徒たちが涙を流すところも放送されているけど、カメラに映っていないところでも、お互いのために涙を流したり、喜んだりする瞬間が何度もありました。

いろんな個性を持った子たちが集まっているので、時にはぶつかったりすることもあったけど、みんな本音で語り合って、お互いを認め合うことができました。今考えると、卒業ライブに向けてみんなが一致団結して頑張っているのは、そういう経験があったからこそなんだろうなって思います。

――日比野さんもよく泣いていた?

日比野 しょっちゅう泣いてました(笑)。涙もろいので、尋常じゃないくらいの量の涙が出ちゃうんですよね。ただ「今となっては笑い話だよね」って、みんなで言っているので、それも青春の1ページなのかなって気がします。

▲涙もろいので、しょっちゅう泣いてました(笑)。

■ぶりっこキャラ「桃山あすか」の誕生秘話

――よく連絡を取り合っていた生徒はいましたか?

日比野 アイドル部のメンバーだったら、一緒にリーダーやっていた前川(歌音)。どうやったらみんなをまとめられるのかな、ってよく相談に乗ってもらっていました。他の部活だったら、出口(晴臣)とかチャーリー(エゼマタ健太チャールズ)、きめしゅん(木目田俊)も。バラエティが強いメンバーに、どうすれば番組を盛り上げられるのかについて、しょっちゅう連絡してました。あと、おばちゃんを強引に誘って、私が大好きなディズニーに連れて行ったりしていましたね(笑)。

――夕方帯から深夜に移り、コロナ禍で番組にもリモート出演するようになりました。

日比野 深夜に移動して、初回の放送だけ教室のセットで収録したんです。そのときにスタジオも新しくなって、リニューアルされたんですけど、あれから生徒全員で教室のセットに1回も行けてないのが残念です。こういうご時世なので、しょうがないことだけど、夕方時代にあったひな壇にみんなでまた並びたかったので、ちょっとだけ後悔が残りそうだな……って。

――リモートでは、超絶あざとい“ぶりっこ”キャラの「桃山あすか」としても活躍しましたね。

日比野 番組で、おうちにあるもので世界を救うヒーローのコスプレをしよう、っていう企画があったんです。そのときに、家にあったセーラー服を着てプリキュアみたいなことができたらいいなと思っていて、髪型としゃべり方とキャラ設定を考えていたら、桃山あすかが誕生しました(笑)。

――「ぴっちぴちのあしゅりん星生まれの15歳」でしたっけ?

日比野 恥ずかしい……(笑)。でも、あれはリモートだからこそ、やりきることができたんじゃないかなって思います。スタジオでまわりに生徒たちがいたら恥ずかしくてできなかっただろうな、って。

▲“ぶりっこ”キャラは恥ずかしかった…(笑)。

――『自分のことがわからない』では、楽曲のセンターポジションに立ち、同曲が主題歌のドラマ『あなた犯人じゃありません』で主演を務めました。

日比野 本当に嬉しかったです。ドラマの主演を任せてもらって、その主題歌のセンターなんて光栄すぎて。私の人生でこんなに嬉しいことが続いたことなんてなかった! と思って、今後の人生、悪いことばかり起こるんじゃないか?って、ちょっと怖くなりました(笑)。

■『青春高校』に恩返しがしたいです

――3年前の自分の映像を見返して、どう思いますか?

日比野 全部が恥ずかしい! 高校2年生のときに『青春高校』に入ったんですけど、世間一般の高2より世間知らずだったと思うんです。友達もあんまり多いほうじゃなかったので、協調性もないし(笑)。自分の意見もないから、まわりに流されまくって、とりあえず言われたことをやるだけの“空っぽ人間”だったと思います。だから、過去の放送を見ると、ヘラヘラしていたり、照れちゃって何もやりきれてないので、恥ずかしいな……って思うことのほうが多いんですよね。

――3年間で変わることができた?

日比野 全部が変わったな、って思います。感情を表に出すようにもなったし、自分の意見をちゃんと言うことができるようにもなりました。ちゃんと人間が形成されたような感じがします。今思えば、高2の時は赤ちゃんでしたね(笑)。

――『青春高校』での経験が、人間形成に大きな影響を与えた?

日比野 アイドル部のリーダーや、学級委員長を任せてもらっていたのが大きかったと思います。たとえば、アイドル部でいろんなことをやっていくうちに、自分が納得いかないことだったり、ちょっとした不安も出てきりして。以前だったら、そう思っても抑えて言わないタイプだったんですよ。でも、アイドル部を良くするためだったら、ちゃんと自分の思っていることを言葉で伝えるようにしなきゃ、って思えるようになりましたね。

――もともと、お笑いが好きで、芸人さんと仕事がしたいと思って『青春高校』のオーディションを受けたんですよね?

日比野 本当に夢のような時間だったなって思います。まさか、大好きな芸人さんと一緒にテレビに出られるなんて想像もしていなかったので。『青春高校』は、私のいろんな夢を叶えてくれました!

――日比野さんのこれからの夢は?

日比野 本当にまだ決まっていないんです。他の生徒たちはどうするかな?って勝手に心配しているんですけど、それ以上に自分も考えてなさすぎて「まずは自分のことを心配しろよ」って思うくらいで(笑)。でも『青春高校』のことが大好きなので、人間的にも成長させてもらった『青春高校』に恩返しがしたい気持ちが強いです。

MCを務めてくださったバナナマンさんや三四郎さんの番組とか、佐久間(宣之)さんが携わっている番組にいつか出演して「青春高校の子なんです」とか「以前、共演してたんですよ」って言ってもらえるくらいの人になりたいな、って思います。そのときは「青春高校3年C組の卒業生です」って、胸を張って言いたいです。

▲『青春高校』に恩返しがしたいです

■プロフィール

日比野 芽奈(ひびの めいな)

2001年6月27日生まれ。神奈川県出身。
『青春高校3年C組』の学級委員長であり、アイドル部のリーダーを務める、しっかり者の優等生。本人が考案した、あざといぶりっ子キャラの“桃山あすか”も話題に。ドラマ『あなた犯人じゃありません』では初主演を務めた。

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/1816)

〈宮田 英一郎〉

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?