『カンチャンネル』を見てプロレスに逆流してくれたら嬉しい

チャンネル開設以来、十八番(おはこ)のプロレスラーのものまねから大物歌手のものまねまで、ファンから熱狂的な支持を受けている『神奈月のカンチャンネル』。とんねるずさんが最も愛するものまねタレントでもある神奈月さんに、YouTubeチャンネルを始めた理由、動画づくりへのモットー、撮影の苦労話、さらにはものまねへのこだわりなど、動画収録直後にたっぷりと話を聞いてきました。最近、大変な世の中で心が沈みがちな人は、神奈月さんの動画を見て「元気出せよー!」。

■視聴者はテレビでやっている王道ネタを求めていた

――本日は動画収録直後でお疲れのところ、ありがとうございます。

神奈月 こちらこそありがとうございます。よろしくお願いします。

――本来はライターさんがインタビューするものですが、私が神奈月さんの大ファンなもので、編集特権でインタビューさせていただきたいと思います。私にとっては“月さま”ですが、そんな月さまに「月並み」な質問からなんですけども。

神奈月 いやぁ、うまいこと言いますね~(笑)。

――ありがとうございます(笑)。まずは月さまが、YouTubeで『神奈月のカンチャンネル』(以下、『カンチャンネル』)を開設された理由からお聞かせください。

神奈月 以前からYouTubeには興味があって。去年かな、いや、一昨年だ。一昨年の暮れぐらいから、(新型コロナウイルスの感染拡大の影響で)ライブが少しずつできないような状況になっていっちゃったんですね。そんななかで、作家さんたちと「YouTubeをやりたいね」という話が進んで、実現したのが去年の春ぐらいですかね。

――もともと興味があったところに、コロナ禍が訪れて本格的に取り組んだということでしょうか。

神奈月 そうです。僕自身、けっこうYouTubeを見る機会が多いほうなんですね。僕の場合は、ものまねの勉強という意味合いが強くて、いろんな方々の過去の映像を見たりとか。そのうちに、いろんなYouTuberさんが活躍されているのを見て「なんか自分もできないのかな」って思いながら手探りで始めた、という感じです。

――『カンチャンネル』を開設されてみて、テレビや舞台の世界とは違いましたか? 

神奈月 違いますよね、やっぱり。テレビでやるものまねは、ある程度の制限がされたなかでやるわけじゃないですか。で、いざYouTubeをやりだして「制限は取っ払おう」と思いながら収録したんですけど、視聴者さんからしたら、実は僕がテレビでやってる王道のものまねをそのまま見たかったみたいで、あまりにもマニアックなものまねになり過ぎちゃうと再生回数が伸びなかったり……本当に最初の何カ月は手探り状況が続きましたね。

▲この日は『カンチャンネル』の収録現場にオジャマしてお話を伺いました

■馳浩さんと前田日明さんのネタはテレビではできない

――そのなかで手応えを感じた動画の傾向をお聞かせください。

神奈月 再生回数が多いのは、やっぱり「歌」。「この歌をこの人で歌ってみました」という企画で、旬な歌を取り上げると再生回数が伸びてくるなって実感はありますね。

――そこで、あえてお聞きしたいんですけど、なぜNiziUの『Make you happy』を馳浩さんで歌ったんでしょうか? この企画「月さま、天才!」としか言いようがありません。

神奈月 実は、馳さんを出す機会っていうのがあんまり無くてですね(笑)。でも、馳さんはやっぱりやっておきたいなっていうのがあって。最初、吉川晃司さんで『Make you happy』をやったときに、おまけというか「これを馳さんで勢いよくやったらどうなるのかな?」っていう発想が出てきて。そしたらけっこう評判良かったですね、あれ。

――私、ディープなプロレスファンなんですが、あれはちょっと衝撃的でした!

神奈月 そうですか。馳さん、歌わないですかね。

――歌っているのを拝見したことはありません(笑)。

神奈月 でも、あの曲のノリに合ってたというか、勢いがマッチしたというか。もちろん、曲(『Make you happy』)は若い人にも見てほしいな、という意図でチョイスはしてるんですけど、歌ってる人が馳さんだと、結果、どうしても40~50代の男性が主な視聴者層になるじゃないですか(笑)。

でも逆にというか、そのぐらいの世代の男性が仕事で疲れて帰ってきたとき、1人の時間に見てもらうってところにベクトルを持っていくのもありかなと思ったんですね。あまりにも若いほう若いほうを狙っていくと、どうしても(僕のものまねと)ギャップが出てきちゃうんで。

――今はコロナでみんな疲れている。そんなとき、馳さんの『Make you happy』や、前田日明さんの『パプリカ』を聞いたら、すごい笑いをもらえますよね、荒んだ心に。

神奈月 馳さんと前田さんの2作品って、たぶんテレビのものまね番組だと、あの尺の長さでやらしてくれないんですよ。

――絶対にそうですよね(笑)。

神奈月 そう、絶対にできないんですよ。だから、YouTubeならでは、ですよね、あの尺って。ずっと前田さんとか馳さんだけで(最後まで)やるっていう尺は、もうYouTubeしかないと。

▲プロレスについて真剣な表情で語る神奈月さん。レスラーへの敬意も伝わってきます

■登場人物に誰を出したら面白いかを強く意識している

――YouTubeというコンテンツの良さをふんだんに生かせた、と。あとプロレスラーネタでいうと昔話シリーズ。あれも天才の発想ですよね。

神奈月 昔話のなかにレスラーの生き様というか、歴史を織り交ぜて物語にするという。あれは僕的には名作なんですけどね。天龍(源一郎)さんの「鶴の恩返し」とか。ドリー・ファンクJr.のスピニング・トー・ホールドとかジャンボ鶴田のジャンピング・ニー・パッドとか、もうあの辺は40~50代じゃないとわからないんじゃないかな(笑)。

――ちなみに「絵本の題材はこれでいこう」と決めて、それにプロレスラーの歴史を挟んでいくんですか? それとも「レスラーの歴史を挟もう」と思って、絵本をあとから選ぶんですか?

神奈月 両方ありますけど「登場人物で誰を出したら面白いか」っていうところを何よりも意識してますね。たとえば『桃太郎』だったら家来がいるので「これ、三銃士にすればいいから、じゃあ(桃太郎は)長州さんでいこうか」とか。『鶴の恩返し』だと「鶴といえば鶴田だから、これはもう天龍さんで読もう」みたいな。そこにレスラーたちの歴史を挟んでいくイメージです。

――この読み聞かせシリーズも素晴らしくて。あんなに無邪気に笑った自分は、いつ以来だろうって(笑)。

神奈月 僕自身も編集されて出来上がってくるのが楽しみな動画でしたもん。で、上がってきた動画を見て「プロレス知らないやつはわかんないだろうな~」って思いながら(笑)。でも、わかんない人でも「どんなレスラーなんだろう」って、意外と関心を持ってくれたみたいで。プロレスを知らない人がプロレスに興味を持ってくれるような、逆流していってくれれば、またさらにプロレスが盛り上がりますよね。

たとえば、僕が長州さんの動画(『RIKI CHANNEL』)のものまねをしてる企画があるんですけど、それも僕が配信したことによって、今まで長州さんの動画を見てなかった人が逆流して本家を見るっていう。結果、僕の再生回数も上がるんですけど、同時に長州さんの動画のほうも上がるという。

――まさに相乗効果! あと、うちの子どもが6歳なんですが、私が神奈月さんの動画をヘビーローテーションしているので、最近の口癖が馳さんの「元気出せよ!」です。子どもって元ネタを知らなくても、面白いものには純粋に食いつくというか。

神奈月 お子さんはそうですよね。馳さんの「おい、恭子!」(馳浩さんの奥さん・高見恭子さん)とか、意味がわかんなくてもいいですもんね、感覚で面白ければ。ありがたいですね、それは。

――『カンチャンネル』は週2回更新されて、しかもクオリティーがこれだけ高いものをやっていくのは大変だと思います。

神奈月 正直、やりだしたころは「なんとなく撮りゃいいや」ぐらいの感覚もあったんですけど、やっぱり継続してやってると「ちゃんとメイクもしないといけないな」とか「ちゃんと作り込んでいかないと駄目なんだな」っていうのを、少しずつ学べた感じですね。チャンネル登録者数も少しずつ増えてきてるし、だからこそ、手は抜けないなって思っています。

▲神奈月さんの優しい人柄とプロ意識がビッシビシと伝わるインタビューとなりました

■プロフィール

神奈月(かんなづき)

1965年11月3日、岐阜県生まれ。そのクォリティの高いものまねで『ものまねグランプリ』をはじめ、テレビや舞台などで幅広く活躍する。ものまねのレパートリーは武藤敬司、長州力、天龍源一郎、前田日明、木戸修、馳浩などのプロレスラーから、井上陽水、吉川晃司、大友康平、吉田鋼太郎、野村萬斎などの大物芸能人まで大物数知れず。昨年からはYouTubeチャンネル『神奈月のカンチャンネル』を開設し、そのオンリーワンな動画が話題を呼んでいる。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?