フォロワー35万人! 坂本瑞帆「TikTokは日本でのサービス開始からやってます」

SNSで多くのフォロワーを抱える話題のインフルエンサー“バズり美女”をご紹介。TikTok、Instagramなどのツールを華麗に使いこなし、自らの個性を世界にアピールする彼女たち。実際にバズったときの心境や、SNS更新のためのコツ、気になる素顔などをお聞きします。

今回は現役JKインフルエンサー・坂本瑞帆さんが登場。クールビューティーなルックスからは想像もつかない人懐っこさが印象的な彼女。SNSとともに生きてきた今までを振り返り、これからについて語ってもらいました。

■ミクチャの“双子ダンス”がSNSを始めたきっかけです

――瑞帆ちゃんは2005年生まれの16歳。物心ついた頃から自分の携帯電話を持っていて、SNSは身近な存在だったとか。

坂本 小学生の頃から周囲も皆、自分の携帯を持っていて写真や動画を気軽に撮っていました。最初に始めたのはMixChannel(ミクチャ)だったと思います。

ミクチャって、今では配信ライブをするためのアプリっていうイメージを持っている人もいるかもしれないんですけど、当時は動画をアップしたり他人の動画を見るアプリという使い方がメインで、友達と一緒にお揃いの服を着て踊る“双子ダンス”が流行っていて、私も2歳上のお姉ちゃんと一緒に踊った動画をアップしたりしていました。

ミクチャの次に「Musical.ly」というアプリを知って。TikTokに似ているんですけど、洋楽の曲に合わせて踊ったり、ポーズを取ったりした動画を繋ぎ合わせて一本の動画を作るもので。これも自分で見つけて、お姉ちゃんに「一緒にやろ」と誘ってやっていました。そのあとにTikTokも始まって、すぐ私もやるようになって今に至るっていう感じです。

――まさにSNSの申し子と言ってもいい経歴ですね。この世界を目指したのもSNSがきっかけですか?

坂本 はい。私の撮った写真や動画を見てコメントしてくれたり、たまに生配信をしたら、ワーってたくさんの人が集まってきて見てくれたり。ファンでいてくださる方の存在が本当にありがたくて、芸能界でお仕事をしてみたいと思うようになりました。

――『スターレイプロダクション3大都市オーディション』で、北海道グランプリを受賞してデビュー。今はファッション誌のモデルなどを中心に活動されていますね。

坂本 撮影が大好きなので楽しくお仕事させていただいているのですが、いつか演技のお仕事にチャレンジできたらと思っています。ちなみに好きな女優さんは、石原さとみさん、山本舞香さん、仲里依紗さんです!!

――それぞれ、まったく違うタイプの女優さんですよね?

坂本 ですね(笑)。石原さとみさんはルックスも含めて全部好きで、憧れの塊ですね。山本舞香さんは男っぽい、さばけた感じに憧れるし、仲里依紗さんは“カメレオン”って言われるぐらい、どんな役柄にもなり切れるところがすごいなって思ってます。今は演技に苦手意識があって絶賛修行中なんですけど、いつか女優さんのお仕事もできたらいいなって思っています。

■TikTokは自分のことを知ってもらう大切なツール

――瑞帆ちゃんは北海道出身。高校進学を機に上京されたということですが、ご自身が生まれ育った場所はどんなところですか。

坂本 札幌なので“ほどよく都会”というか、東京ほど栄えてはいないですけど、お店もそこそこあって、少し車を走らせると自然が豊かな場所や有名な温泉があったりして。

――北海道のいいところを教えてください。

坂本 自然のスケール感がすごいです。あと、空気がキレイで食べ物もおいしい。私はお魚が好きなので、やっぱりおススメはお寿司ですね。

――やっぱり東京のものとは違いますか。

坂本 ネタがめちゃ大きいです。それと新鮮で味が濃い。東京でも高いお寿司屋さんに行けば、おいしいものに出会えるのかもしれないんですけど、北海道は安いものでもビックリするぐらいおいしいです。魚が苦手な人にはジンギスカンもおススメです。北海道に帰るたびに食べたくなります。

――東京で暮らし始めて1年強ぐらいかと思いますが、どんな印象ですか。

坂本 上京してすぐコロナ禍になってしまったので、東京らしい場所に全然行けてないんです(泣)。早くお買い物をしたり、テーマパークに行ったり、女子高生らしいことができるようになったらいいなと思っています。

――なるほど。瑞帆ちゃんはTikTok、Instagram、Twitterと3つのSNSを更新していますが、それぞれどういう風に使い分けていますか。

坂本 Twitterは情報中心ですね。TikTokはお仕事に近いというか、自分自身を見せるツールの1つだと思っているので、なるべく毎日、定期的に更新できるように、時間のある時は溜め撮りしたりして、工夫しながらやっています。

▲「TikTokは自分自身を見せるツールの1つだと思っている」と話してくれた

Instagramは、私にとってはよりプライベートに近いものですね。今日着ていた洋服やコーデをアップしたり「今こういうことしてるよ」ってストーリーに上げたりするので、より細かい情報、とりとめのないことを見てもらうって感じかもしれません。インスタライブなんかも、友達と会って喋ったりする感覚に近いかもしれないです。

静止画だけだと距離感があるというか、“もっとクールな人かと思ってた”って言われることが多くて。実際は人見知りもあまりしないし、元気なんです。こんなんですけど、中身は小学生の頃からあまり変わってないので(笑)。

でも写真で“カッコいい”って言ってもらえるのもうれしいし、自分の武器だとも思うので、動画と静止画、そのギャップを売りにして頑張っていけたらと思っています。

■プロフィール

坂本 瑞帆(さかもと?みずほ)

2005年1月25日生まれ。北海道出身。身長159cm。血液型=AB型。スターレイプロダクション3大都市オーディションの北海道グランプリを受賞。その後、上京して本格的に芸能活動を開始。SNSで同世代からの支持が高く、TikTokフォロワーは現在35万人。ファッション誌「Ranzuki」専属モデルを務め、2号連続で表紙を飾るなど、モデルを中心に活動中。7月27日(火)に東京・新木場STUDIO COASTにて行われる『TGC teen 2021 Summer』に出演する。TikTok( @mizuho_0125 )、Instagram ( @s.mizuho_0125 )、Twitter ( @miiijyuho )

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/2116)

関連記事(外部サイト)