世界で通用するミモザーヌへ! すずきみあいムェンドワインタビュー

▲「少女歌劇団ミモザーヌ」すずきみあいムェンドワインタビュー

10代の少女達を、世界で通用するパフォーマンス集団に育成するプロジェクトとして注目されている「少女歌劇団ミモザーヌ」。新しい形のライヴ・エンターテインメントを模索する彼女たちの夏公演『Romance~恋するように』が、いよいよ8月に東京・大阪で開催される。

長引くコロナ禍により、リモートでのレッスンを余儀なくされるなど、思うように活動できない日々が続いたメンバーたちだが、今回、観客を入れての公演は初めてとあって、一同、公演成功にかける思いはひとしおだ。

総合演出を担当するのは『サクラ大戦』シリーズでおなじみのマルチクリエイター・広井王子氏。脇を固めるコーチングスタッフも、日本を代表するコンテンポラリーダンスカンパニー『コンドルズ』の古賀剛氏をはじめ、世界のエンタメ界で活躍する一流の布陣だけに期待は高まる。

ミモザーヌの活動期間は「20歳まで」と決められているため、限られた月日の中で精一杯良い作品を作ろうとひたむきに努力する少女達の成長物語も魅力の一つ。一瞬一瞬に思いを込めて力を尽くす彼女たちのきらめきにぜひ触れてほしい。

▲キャリア・歌唱力・リーダーシップを兼ね備えたグループの中心的存在

ケニアにもルーツを持つ大阪出身の15歳、すずきみあいムェンドワ。ミモザーヌのなかでも歌唱力にはすでに定評がある。自身の特技を「人をまとめてリーダーシップを取ること」と語るように、取材時も常に仲間を気遣う様子を見せていたのが印象的だった。インタビューでは自分のことだけでなく、ミモザーヌ全体を見渡しての発言が目立って頼もしい。ハキハキと表情豊かに話す様子は、堂々として少しだけ大人びて見えた。

■可能性あるミモザーヌを多くの人に知っていただきたい

▲すずきみあいムェンドワは、すでに世界での活躍という目標を持っている

――8月の舞台『Romance~恋するように~』に向けての意気込みを教えてください。ここを見て欲しいというところはありますか?

みあい 私がメインの「モンスター・ナイト」っていう曲があるんですけど、その曲がすごいカッコいいんです。振り入れも進んで、これからどんどん固めていって、本当にいいものをお見せしたいなと思っていますので、注目していただけたらと思います。あと、違うメンバーが出てる曲で「笑い声で目覚めた朝」という曲があるんですけど、その曲は普通の舞台では見たことないような、すごい面白い演目になってるので、こちらもぜひ。

――これから本格的な芸能生活が始まるわけですけど、挑戦してみたいことはありますか?

みあい まずは一人でも多くの人にミモザーヌを知っていただきたいですね。この歌劇団にはすごい可能性があるから、たくさんの人に知っていただけるよう、頑張りたいなって思いがあります。あとは世界に通用するようなパフォーマンスができればと思ってます。

――みあいさんはミモザーヌでも屈指の歌唱力ですよね。声量もあって、歌がとてもうまい。

みあい 自分でも、声量はメンバーの中でもあるほうだと思うんですけど、自分の歌を録音してよく聞いてみると、まだまだだなって思います。細かいところで直すところがいっぱいあるので。それをコロナ期間中のリモートレッスンでたくさん見つけることができたので、気づいたことを活かして、前回の舞台よりも「上手だね」って言っていただけるように、頑張って練習してます。

――自分の課題は自分で見つけることができているんですね。

みあい そうですね。まだ見つけられていないこともたくさんあると思うんですけど、自分で気づいたり、家族が言ってくれたりもするので。

――多くの人と一緒にモノを作ることの難しさというのは、どういうところに感じていますか?

みあい やっぱり難しいことはたくさんあるんですけど、例えば「ミモザのように」みたいに、大勢で踊る演目とかは振り入れをして、全員できっちり合わせられるまでに時間がかかります。大人数で揃えて一つになるっていうのは、すごく難しいなって思います。

――歌詞を書くことが趣味だそうですね。

みあい はい、時間があったら書き留めたりしてます。お姉ちゃんが弾くピアノに合わせて書いたりとかもします。でもあんまりうまくいかなくて、なんか違うなって思うことも多いです(笑)。詩とか歌詞を書く人ってクリエイティヴですごいなって思います。

――ゆくゆくはその趣味がミモザーヌでも発揮されるかもしれないですね。

みあい はい。もしかしたら……(照)。

▲インタビューでもその声が印象に残った。ぜひ舞台で歌唱力をチェックしてほしい

■メンバーみんなで成長していきたいんです

▲マイケル・ジャクソンが目標だが、その裏に隠された努力も知っていた

――みあいさんはもともとミュージカルが大好きなんですよね。

みあい はい。いろんな舞台を観るのが大好きです。

――目標としている人はいますか?

みあい マイケル・ジャクソンです。お父さんがすごい好きで、物心ついたときから家でずっと流れてました。初めの頃は、曲とかマイケル自身がカッコいいなって思ってたんですけど、自分がダンスや歌を初めて経験したら、すごい難しいことをあんなにカッコよくできるってことに驚いて。それで憧れるようになりました。

――天才って言われてますけど、彼は努力の人でもありましたね。

みあい そうなんですよ! ママから聞いた話だと、遊んだことはほぼなくて、厳しいお父さんにずっと練習をさせられてたって。すごいなって思います。

――目標を持っている今、つらいことはないですか?

みあい そうですね。今はこの歌劇団をやってることが一番楽しいことなんで、つらいことはないです。だからこそ、歌劇団のことで何かできなかったり、うまくいかなかったりすることがあると一日落ち込んじゃいます。でも次の日になったら、また頑張ろうって思うんですけど(笑)。

――打たれ強いのはいいですね(笑)。では、今一番楽しいことはミモザーヌ?

みあい はい。学校も楽しいですけど、やっぱりすぐに「みんなに会いたいな」ってなるし。メンバーは家族とも並ぶ大切な存在です。メンバーがいなかったら、今頃どうなってたかなって思うので。

――家族であってライバルでもあるっていう感じではないんですか? 「あの子には負けられない」みたいな。

みあい それも少しはあるんですけど、自分だけが頑張るってわけじゃなく、他のメンバーが困ってたら自分ができる部分を教えてあげたりして。一期生の間ではそれができているので、そういうことも次の世代の子たちに伝えて、みんなで成長していきたいですね。お互いに「ライバルだからね」とは言いますし、時には自分が入れると思ってた選抜メンバー争いで落ちちゃったり、悔しい思いなんかもしてるんですけど。それも成長の機会だなと思ってて。すべてが成長につながっているんですよね。

▲口癖は「みんなで一緒に」という彼女の活躍から今後も目が離せない

インタビューには演出の広井氏も立ち会っていたのだが、彼もまた「自分一人だけが抜きん出ようとするのではなく、メンバーみんなで助け合いながら全員でうまくなっていきたいと思うのが、このグループの特徴」と語っていた。さまざまな作品を世に出してきた広井氏にとっても、ミモザーヌでの挑戦は「日々勉強です」とのこと。「今の子たちには叱咤してやる気を出させるようなコーチングは通用しないので、一律の指導ではなく、一人一人に合った方法を探っていくことが必要」と、全員とノートを交換して、感じたことや気づいたことを褒めるようにしたりするなどの工夫をしているそうだ。少女によるレヴューという共通点から、よく宝塚歌劇団になぞらえられるが、その育成方法は従来のものとはまったく異なる。ミモザーヌは「令和流」で各々の個性を伸ばし、世界を目指すのだ。  

■プロフィール

すずきみあいムェンドワ

ニックネーム:みあい、ミータム
出身:大阪府
生年月日:2005年5月17日
血液型:O 型
身長:161cm
好きな食べ物:梅干し、抹茶、昆布
好きな映画:ハリーポッター
好きな本:漫画
好きな学科:音楽、体育
趣味:歌詞を書く事
特技:すぐに友達を作れる。
少女歌劇団1の歌唱力
〜活動歴(受賞歴)〜
堺少女歌劇団
 

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/2229)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?