恋汐りんご&ぱいぱいでか美「大人が組ませた二人」が名コンビになるまで

「はわ」など個性的な言葉を駆使し、独自のカワイイを追求した世界観で人気を集めるアイドルグループ・バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIの恋汐りんご。インパクト強すぎな芸名で『有吉反省会』などのバラエティ番組から、歌手活動や作詞作曲まで幅広く活躍するぱいぱいでか美。見た目も性格も間逆な二人が、5年以上も続けているポッドキャスト番組が『ぱいはわラジオ』だ。

自らも「明らかに大人が組ませた」と認める二人は、どうやって名コンビに育ったのか。番組の思い出やプライベートの会話、さらに二人も出演する『でか美祭』について、お互いへの愛たっぷりなインタビューをお届け!

■本当に初めて出会ったタイプの人種だった

――全然タイプの違うお二人ですけど、馴れ初めから聞かせていただけますか?

でか美 私は今年4月にYU-Mエンターテインメントに事務所を移籍したんですけど、その前は今汐りんがいるパーフェクトミュージックに所属していて、後輩だったんです。同じ事務所になる前から、イベントとかでお会いしたことはあったんですけど、ちゃんと話すようになったのは、先輩・後輩の関係性になって『ぱいはわラジオ』が始まってからですね。

恋汐 しお、ずっとラジオがやりたかったんですけど、でか美ちゃんが入ってきたときに、事務所の方から「二人でポッドキャストやってみない?」と提案されて「え、やりたいです!」って言ったのが始まりな気がしてまる。

第1回 恋汐りんごとぱいぱいでか美のぱいはわ【無印】( https://open.spotify.com/episode/1saarQdO4ONseSEJJxApgo?si=_0eHtZyzR-O-XnjFyYqkEQ&dl_branch=1&nd=1 )

――そんなに話したこともなかったのに、いきなり一緒に番組をやることになったんですか?

恋汐 ちゃんと話すのは、1回目の収録のときが初めてくらいでした。今残っているアーカイブを聞いたら、ぎこちない気がしまる。

でか美 けっこうな距離感でしゃべっていた気がします。今は「汐りん」って呼ばせてもらってますけど、当時は「汐さん」とか「汐りんさん」とかって呼んでたし。

恋汐 しお的にはイベントでも一緒になっていたし、テレビとかでも見ていたから、後輩という感じでは見ていなかったですけど。

――特に仲が良かったわけでもなく、明らかにタイプも違う二人で、一緒に番組をやる不安はなかったんですか?

でか美 明らかに大人が組ませた二人ですからね(笑)。でも、不安は全然なくて、楽しみしかなかったです。違うタイプだからこそ、おもしろい化学反応が起きたらいいなって。ここまで自分のなかのアイドル像を貫き通している人って、身近なところにはいなくて、本当に初めて出会ったタイプの人種だったので(笑)。

恋汐 しおは、頭のなかで考えていることを口からアウトプットするまでに、すごい時間がかかるんです。でも、でか美ちゃんは頭の回転が速くて、お話しも上手だから、もし難しいことがあっても、でか美ちゃんに任せれば大丈夫と思っていました(笑)。

――『ぱいはわラジオ』は、どんなコンセプトでやっているんですか?

でか美 番組内では「見切り発車型雑談系トーク番組」と言ってて。最初に提案してくれた事務所の人も「真逆の二人がしゃべったらどうなるんだろう?」っていうところだったと思うんです。だから、コンセプト的には、ゆるく聞けるというか、日常のお供になるような番組かなと思います。

恋汐 そうだね。だいそれた話とかしてないし、とりあえずやってみようねっていうことで始まった結果、いい雰囲気で続けられてるなと思いまる。逆にしっかりコンセプトを決めて、それに合わせてってやっていたら、ここまで続けられていたかわからない。

――番組ではプライベートの話をすることが多いんですか?

でか美 意識しているわけじゃないんですけど、ふとしちゃうことが多いですね。「この前、どこどこに行ったんですけど〜」みたいな感じで、本当にゆるい気持ちでしゃべっているから。だから「そういえば、これ『ぱいはわラジオ』でしかしゃべってないな」みたいなことは多いかもしれない。

恋汐 うんうん。ありまるね。

でか美 それこそ汐りんは、SNSでは語ってない話を聞けることが多くて。バンもん!のツアーへの想いとか、ライブを終えてどういう気持ちでやっていたかとか、文字では伝わりにくい真剣な話もしている印象ですね。それを私は相方的な感じで聞いて、ここでこういう話をしてくれるのはうれしいなって、ひっそり思ってます。

恋汐 はわー。

▲8月8日はぱいぱいの日!

■初回から衝撃エピソードの連続だった『ぱいはわラジオ』

――今はお互い仲良しと言っていいと思うんですけど、恋汐さんは普段から表に出るときと同じ感じなんですか?

でか美 まったく変わらないですね。私、汐りんに「こういうことがあって、すごい嫌だったんですよ」みたいな愚痴を言うことも多いんですけど、汐りんがそういう話をすることは、そんなにないんです。それでも、たまーに愚痴っぽいことを私に言ってくれることがあるんですけど「それでね、しお、こう思ったなの」「なんとかなんだけど、どう思いまる?」って、怒っていても「汐りん語」のままなんですよ(笑)。キレててもこのままなんだっていうのは、とても印象深かったです。

恋汐 はわー。

でか美 私はいつも「汐りんはこのままの人なんだと身を持って証明したい」と言ってるんですけど、本当に24時間そうだよっていうのは、みなさんに伝えたいですね。

恋汐 疑ってくる人いまるからな。

――そんなエピソードも『ぱいはわラジオ』の第1回で話してましたよね。小学生時代の恋汐さんは、語尾に「ほに」をつけていたって。

でか美 そうそう。「かにほに星」出身で(笑)。

恋汐 なんか謎の設定みたいなのがあって、それで小さい頃は「かにちゃん」って呼ばれてて。今は設定とかではなくて自然に出ているんですけど、当時はちょっとヤバい子だったと思いまる(笑)。

でか美 これは番組でも言ったんですけど、その「かにほに星」の話を聞いて、私も小さい頃に、自分の1学年下に「私はみんなのアイドル」と言ってる女の子がいたことを思い出したんですよ。その子はドルフィンキックっていう必殺技を持っていて、正直めちゃめちゃ浮いていたんですけど、私はその子のことをすごい好きで、ずっとドルフィンキックされたいと思っていたんです。だから、そういう自分の世界を持っている子に対する興味というか、尊敬の眼差しみたいなものが、私は私で小さいときから変わらずにあったんですよね。それが、こんなに身近なところに、より完成度の高い人がいて、そりゃ好きになるよなって。

――「かにほに星」の話も衝撃でしたけど、小学生の恋汐さんは廊下を側転しながら移動していたっていう話がいちばんおもしろかったです(笑)。

でか美 そう! マジで頭おかしい!

恋汐 移動手段=側転なのヤバい。

でか美 しかも「かにほに星」なのに横歩きじゃないんだって(笑)。汐りんって、基本フィジカルが強いところもいいんですよ。こんなにかわいいのに、めちゃめちゃ身体能力が高い。

――この話だけでも、第1回を聞く価値はあったなと思いました。

でか美 全部アーカイブも残っているので、ぜひ聞いてほしいですね。ものすごい時間かかると思いますけど。

恋汐 5年分、全部聞くのはしゅごいね。

――その5年のなかで、いちばんの思い出は?

でか美 うれしかったのは『ぱいはわラジオ』をきっかけに好きになってくれて、イベントとかに会いに来てくれたハガキ職人の顔を知る瞬間。

恋汐 それはいちばんうれしいなの!

でか美 「そんな顔してたんかい!」みたいな(笑)。やっぱり会える瞬間はすごくうれしいですね。

恋汐 最近バンもん!のツアーをやってるんですけど、『ぱいはわラジオ』でバンもん!のことを知って、初めてライブに来ましたっていうリスナーさんもいて。そこまで動かす原動力になるんだっていうのが、すごくうれしかったです。

でか美 リスナーがお悩み相談とか、自分の人生のことを番組に送ってくれるんですけど、5年もやっていると、始まった頃に産まれたリスナーのお子さんが、もう5歳とかになるわけじゃないですか。そうすると自分も親戚のおばちゃんみたいな気持ちになるんですよ。

恋汐 たちかに。もう反抗期とかね。

でか美 あの仕事に悩んでいた人は、結局転職したんだとか。そういう距離の近さみたいなものは、やっぱりラジオの“お便り”があるからだなと思って。普通のファンの人と、ぱいはわリスナーの人では、ちょっと違う距離の縮み方があるというか。それはすごい貴重だなと思いますね。

恋汐 そうかも。『ぱいはわラジオ』は、しおが発信しているコンテンツのなかで、どのコンテンツよりも自由度が高いし、本当に他愛ない話をしているんです。しおは日常を発信することが少ないんですけど、そのなかでもいちばん汐りんっていう存在を身近に感じられるコンテンツだと思うから、それも心の距離が近くなる要因なのかなって思いまる。

▲撮影現場でも仲良しの二人

■タイプの違う二人が仲良くなる秘訣

――恋汐さんとでか美さんみたいに、タイプの違う人と仲良くなれる秘訣ってありますか?

恋汐 しおは受け身だったんですけど、でか美ちゃんがご飯に誘ってくれたり、行動でしゅきしゅきを示してくれたから、しおも「いい人かもしれない」っていうことで、心を開いたんだと思います。だから、タイプとか、趣味とか、お互い歩んできた人生とか、これからどうなりたいとか、まったく違うかもしれないけど、好きだったら好きって伝えたほうが、心が通いやすいのかなと思いました。

――恋汐さんからしたら、仲良くなるのにタイプが違うとかは関係ない?

恋汐 関係ないです。しおが大事なのは、しおのことをどう思っているか。しおのことを好きな人のことが好きだから。だから、でか美ちゃんのおかげだと思いまる。

でか美 うれしい!

――逆にでか美さんは、タイプの違う人と仲良くなる秘訣ってありますか?

でか美 ちょっと偉そうな言い方になっちゃうんですけど、どういうタイプであれ、私は芯のある人に惹かれるんですよ。だから、自分が好いちゃうタイプの人は、根っこの部分では、みんな似ているのかもしれなくて。自分とは真逆だなと思っても、相手が怖がらなければいいなと思いながら近づいているだけで、自分のなかではタイプが違うことはハードルにならないですね。それが男性であっても、年上でも、年下でも。

――今は多様性が重視される時代ですし、お二人の事例は参考になります。

でか美 多様性って、わかりやすいし使いやすいから言っちゃうんですけど、そもそも認める認めないの話じゃないと思ってて。ただそこに一人ひとりがいるだけ。その「ただいるだけ」っていう価値観が、もっと広まってほしいなって思うんです。でも、私自身、ぱいぱいでか美っていう芸名で、ここまでいろんなお仕事をさせてもらっているのって、本当に多様性の現れだなと思うんです(笑)。そこは社会の許容力に感謝ですね。ただ、こういう芸名で活動したい人がいるだけ。一方で汐りんは、真面目にアイドルやっていきたい子がいるだけ。

恋汐 そうだね。しおは「はわ」とか「なんとか屋さん」とか、汐りん語を使ったり、かわいいのが好きだから、かわいい格好をしたりしますけど、SNSでの反応とかを見ると、やっぱり何か気に食わないみたいな人もいるみたいで。どうしてそこまで他人に言える熱量があるのかは人それぞれだと思いますけど、そういう時代だから、でか美ちゃんみたいな存在が近くにいてくれることで、すごく心が助かるときもありまる。

でか美 うれしい!

――そんな多様性だらけの出演者を集めたイベントが、でか美さんが主催する『でか美祭』ですよね?

でか美 そうなんです! 8月8日のぱいぱいの日に開催するんですけど、アイドル、ミュージシャン、芸人さんとか、私の交友関係をフル活用して大好きな方々を集めまして、汐りんにも出ていただきます!

恋汐 させていただきまる!

でか美 本当に円満退社してよかったです。揉めてたら出てもらえませんからね(笑)。円満退社最高!

■恋汐も出演する『でか美祭』の見どころは?

――お二人ともライブを披露されるわけですけど、お互いのパフォーマーとしての魅力は?

でか美 私、バンもん!さんのライブも、汐りんのソロライブも何回か見させてもらってるんですけど、本当に完璧なんですよ。もしずっと写真を撮っていたとしても、かわいくない瞬間がないみたいな。

恋汐 ほめてくれるぅ!

でか美 今回はソロで出ていただくんですけど、汐りんのソロって、本当に汐りんワールドが120%なんです。それとさっきも言った実はめちゃめちゃフィジカルが強いっていうのが、ライブを見たらすごくわかると思うんです(笑)。ピンポイントで言うと、ターンし終わったあとの、まるでターンしてなかった人みたいな佇まい。「今、回ってましたよね?」っていう。そういうところって、本人は言わないと思いますけど、明確な練習量を感じるじゃないですか。

恋汐 はわー。

でか美 そういうところにグッときちゃうんですよ。めちゃめちゃかわいい曲をめちゃめちゃかわいく歌っているだけなのに、なんか泣きそうになる。絶対にメロメロになると思います!

恋汐 うれしい! でか美ちゃんは歌うだけじゃなくて、作詞作曲もするし、ソロもバンドもアイドルもやって、お話しも上手で、タレントとしても活躍していて、本当にオールマイティーなんです。それでライブを見たときも、ファンの人と一緒に作っている感じが素敵で、すごく引き込まれたんですよ。そのときはソーシャルディスタンスとかも関係ない世の中でしたけど「一緒に打ち合わせした?」くらいのシンクロ率でファンの人たちがコールしていて。でか美ちゃんが間奏で何をやるとか、そういうところまで呼吸がピッタリだったんです。その関係性を見てて、あったかい気持ちになったし、同じステージに立つ人としてうらやましいなと思いました。

でか美 うれしいです。私のオタクって、すごいんですよ。本当に自慢したい(笑)。

――『でか美祭』では、どんなパフォーマンスをしたいですか?

恋汐 バンもん!は見たことあるけど、汐りんのソロは見たことないっていう人のほうが多いと思うので、見といてよかったなって思えるようなパフォーマンスをしたいです。それで、でか美ちゃんからリクエストをもらって。『クッキンアイドルりん?りん?汐りんのテーマ』という曲のなかで「クッキングアイドル的さしすせそ」で、あいうえお作文みたいなことをするんですけど、そこででか美ちゃんをテーマにした“さしすせそ”を披露しようかなと思ってまる。

でか美 めっちゃ楽しみなんです!

恋汐 そこは本当にその日しか見られないから、見逃さないでほしいなの。

――『でか美祭』だけの特別仕様ですね。でか美さんは自分のソロや所属するアイドルユニットだけでなく、他の出演者とのコラボも入れて一日で7回もステージに立つそうですけど。

でか美 そうですね。とにかく体力勝負なので、そこをまず気をつけていきたいです。それと、やっぱりバンドで歌っているときはボーカルとしてのスイッチが入るし、APOKALIPPPSのときはプレイングマネージャーとして歌って踊るとか、それぞれ自分のなかでギアが違うので、一日見てただけたら、きっと好きな瞬間のぱいぱいでか美があると思うんです。あとはコラボもたくさんあるんですけど、そのために覚えなきゃいけないことも多いので、間違えないようにしたいですね。私、間違えると素直に笑っちゃうタイプなので、笑っていたら「今、間違えてるんだな」と思って温かく見守っていただければうれしいです(笑)。

――コラボではハンバーグ師匠(スピードワゴン井戸田潤)とデュエットもするんですよね?

でか美 はい! この日のためにデュエット曲を作ったんですけど、自分で作詞作曲したのに、全然歌詞が覚えられない(笑)。それよりも師匠がちゃんと覚えてきてくれるか心配なので、たぶんカンペを出してもらいます(笑)。

――ちなみに恋汐さんは、自分以外の出演者で興味ある人はいますか?

恋汐 ONIGAWARAさん! 一時期、共演する機会が多かったんですけど、最近はなかなか一緒のライブに出る機会が少なくて。いつかバンもん!の曲を作ってもらいたいねっていう話もするくらい、バンもん!メンバーみんな大好きなので、すごく楽しみにしてまる。

――最後に『ぱいはわラジオ』の今後の目標も教えてください。

でか美 もっとリスナーが増えたらいいなっていうのはもちろん、もっと気軽にお便りも送ってもらえたらうれしいですね。それで、たまに公開収録をするときは大集合していただいて「こんな人だったんだ!」っていうのを味わいたいです。あと、今はポッドキャストですけど、いつかはどこかの放送局に行きたい!

恋汐 行きたいね。あとは長く続けたいです。

でか美 何回か危機ありましたよね。大人が終わらせてこようとして。

恋汐 そう。終わらせてこようとした!

でか美 そのたびに二人で「いやいやいや!」って言い続けて(笑)。2年くらい前にリニューアルして、それからは安定しているんですけど、長く続けるためにも、みなさんの応援が必要です! あと、スポンサーさんも大募集してます!

恋汐 スポンサー屋さ〜ん!

■プロフィール

恋汐 りんご(こいしお りんご)ぱいぱいでか美(ぱいぱいでかみ)

6月16日生まれ。群馬県出身。バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIの恋するりんご色担当。ソロアーティストやDJ、声優としても活躍。’21年6月からはYouTube『恋汐りんごヴぁ〜ちゃるモード屋さん』でVTuber活動も開始。Twitter( @sioringogo )、Instagram( @sioringogo )、YouTube『 恋汐りんご?ぁ〜ちゃるモード屋さん? 』更新中。
?‘91年5月3日生まれ。三重県出身。一度聞いたら忘れられない名前と、ふざけた芸名とは裏腹に的確なコメント力を武器に、場所を選ばず活躍。日本テレビ『有吉反省会』レギュラー出演の他、ライブ活動や作詞作曲、グラビア、コラム執筆なども行う。Twitter( @paipaidekami )、Instagram( @paipaidekami )、TikTok( @dekamichan )、YouTube『 ぱいぱいでか美 』更新中。

関連記事(外部サイト)