夏公演を終えた少女歌劇団ミモザーヌ・いまもりまなかインタビュー

2019年に旗揚げされた『少女歌劇団ミモザーヌ』。コロナ禍により翌2020年12月に行なわれたお披露目公演は無観客開催となってしまったが、あれから8か月――今回ようやく初めて観客を入れての公演が実現した。歓声の代わりに鳴り響いた拍手の嵐……大きな反響を呼んだ8月17日に開催された、なかのZEROでの東京・夏公演『Romance〜恋するように〜』をレポートする。

■多種多様な音楽で紡ぐ華麗な非日常感

ショウはジャズの名曲「イン・ザ・ムード」で華やかにスタートした。50年代風の赤いラメワンピースをまとった5人のメンバーたち(いまもりまなか、たかはしまお、すずきみあいムェンドワ、いわむらゆきね、きくたまこと)は、これまた懐かしいガイコツマイクを手に歌い、踊る。軽快なサウンドと華麗な非日常感が、これから始まるレヴューへの、ワクワクした気分を一層盛り上げてくれる。

▲50年代風の赤いラメワンピースをまとった5人のメンバーたち

さまざまなタイプの楽曲で構成されるミモザーヌのレヴューは、曲によってそれを演じるメンバーが変わるスタイル。音楽性も実に多様で、例えば、いわむらゆきねといとうみにぃによる「笑い声で目覚めた朝」は、曲調・衣装・世界観ともに80年代の正統派アイドル風で、書き下ろし楽曲でありながら懐かしい気分にさせられる。いわむらゆきね、ともだりのあ、みしまかほによる昭和歌謡風のポップス「夏色レモン」も同様だ。

そうかと思うと、ラテン系のサウンドが特徴的な「情熱フラミンゴ」(by いまもりまなか、すずきゆい、ちばひなの、たかはしまお、いしばしゆあ)のようにフラミンゴを模した少しセクシーな振り付けがあるものや、「ウェンディ・ソング」(byいまもりまなか、みやはらにこ、やましたあまね、ちばひなの)というピーターパンの世界からスピンアウトしたシーンを描いたミュージカル仕立ての演目もあるし、燕尾服でマイケル・ジャクソンばりのステップを踏んだりする「ラストダンス」(by きくたまこと、すずきみあいムェンドワ)のようなディスコナンバーも、昭和を代表する歌謡デュオ、ザ・ピーナッツ「ふりむかないで」のカヴァー(byともだりのあ、いしばしゆあ)も、果てはインド風の歌謡曲「アブダカダブラ」(by いまもりまなか、いわむらゆきね、ちばひなの、すずきゆい、みしまかほ、たかやあんな、しろみゆ、ろれあ、ともだりのあ)などもある。

テイストは多様なれど、いずれもがガールズ・レビューらしいひたむきさ、清廉さにあふれていて、それがとても好ましい。コロナの影響で舞台の準備もままならず、リモートレッスンを余儀なくされた日々が続いたせいか、彼女たちの表情には客前で演じることのできる喜びがあふれていた。

■ミモザーヌだからこそ歌い継げる過去の名曲

その一方で、ミモザーヌには“少女特有の可愛らしさ”という言葉だけでは形容しきれないエッジもある。例えば「動かなかったこころの時計」(by みやはらにこ、いとうみにぃ、しものあやめ、たなかあかり、さかもとりるは、あんどうはな)では、メンバーが新体操のリボンとボールを持って登場、演技をしながらステージを所狭しと駆け回り、なおかつ歌うというハードなことをやってのける。とりわけ、側転やバック転を繰り返す、みやはらにこの身体能力の高さには驚かされた。

▲躍動感あふれるステージには驚かされた

ストリート系のファッションに身を包み、アクロバティックなダンスで魅せる「扉の向こうへ」(by みやはらにこ、いとうみにぃ、しものあやめ、ともだりのあ、ろれあ)もキレのあるダンスがとても見ごたえがあるし、歌唱力の面でも「MONSTER NIGHT」(by すずきみあいムェンドワ、すずきゆい、いわなみゆうか、たぐちえみる、しものあやめ、もうりさくら、ろれあ)のように、リードヴォーカルをとるすずきみあいムェンドワの表現力の確かさなど、いずれにもプロフェショナル集団としてのミモザーヌメンバーのプライドの萌芽が垣間見えた。

また、ヨナ抜き音階の和風テイストのナンバー「いろは恋歌」(by いまもりまなか、いわむらゆきね、たかはしまお)に顕著だが、演出の広井王子氏が「ミモザーヌは『サクラ大戦』のリアル版なんです」と話していた通り、これがその世界観を最も体現していた演目だったと思う。

幕間にはメンバーによるトークもあり、2部では新加入となった3期生の4人(たなかあかり、さかもとりるは、やましたあやね、ひろせしずく)をステージで紹介するコーナーも。下は小学校6年生から上は高校2年生まで、今は一様に初々しさが勝る彼女たちも、次の公演では各々の個性を見せてくれることだろう。

また「応援歌」を歌う前には、最年長メンバーとしてみんなを引っ張ってきたきくたまことが、もうすぐ20歳になるためミモザーヌを卒団することが発表された。それから感謝の気持ちを込めた歌「ありがとうございます」を全員で披露して、18曲にも及ぶ本編は終了したのだった。

アンコールでは2曲を披露。1曲目はなんとジャズのスタンダードナンバー「ジェリコの戦い」である。私などはデューク・エイセス(昭和に活躍したヴォーカルグループ)が歌ってたなぁと思い出したりもするが、令和の今、若い女の子たちがこれをレパートリーにしているのは新鮮に感じる。こういう渋い選曲を自分たちのレパートリーにできるパフォーマンスの高さもミモザーヌの魅力だ。 

ラストは団歌である「ミモザのように」を全員で歌い上げた。シンプルなメロディとしっとりしたテンポ、品のある言葉でミモザーヌのモットーを表現した曲である。ひときわ丁寧に、心を込めて歌っている様子に、少女たちがミモザーヌにかける思いが伝わってきた。曲の途中で天井からハート型の発砲スチロールシートが紙吹雪のように舞い降りてきた。近くに落ちたものを数枚拾い上げてみると、一つ一つにメンバー直筆のお礼の言葉とサインが書かれていた。こんな心のこもったことをしてくれると俄然応援したくなってしまう。

ロックンロールあり、アイドル歌謡あり、ディスコあり、ワールドミュージックありとバラエティに富んでいるのもいいし、ザ・ピーナッツやグレン・ミラーなど過去の名曲を、現代の少女たちが歌い継いでいくという趣向も、幅広い年齢層の人が楽しめて素晴らしい。

少女たちによる歌劇団というと、アイドルグループ的なものをイメージするかもしれないが、ミモザーヌは昔あった松竹歌劇団(SKD)に近い印象である。間口は広く、これからどんどんファンを増やしていける可能性を感じた。

少女歌劇団ミモザーヌ( https://showjokagekidan.com/#movie )

■いまもりまなかインタビュー

終演後、7曲でのセンターをはじめ、11曲で大活躍したいまもりまなかに話を聞いた。

▲いまもりまなか

――お客さんを入れてのステージ初日を迎えることができましたが、どうでしたか?

まなか めちゃくちゃ楽しかったです。やっとのやっとでお客さんの前でできたので、すごくうれしくて。コロナでリモートレッスンが多かったので、みんなで一つの楽曲を完成させるのがギリギリになってしまったんですけど、集中してなんとかできました。

――楽しむ余裕があったんですね。

まなか そうですね。昨年末の配信公演のときは、お客さんが入ってなかったので、緊張のほうが強かったんですけど、今回は来てくださったお客様を笑顔にさせたい、楽しませたいって思ったので、楽しくできました。お客様一人一人が楽しんでいる様子もステージから見えて、うれしかったです。みんなで合わせる前に自主練をたくさんして、自分のできるところは一生懸命やっていました。その練習が自信になった部分もあると思います。

――今日は「ウェンディ・ソング」で主役のウェンディを務めたり、注目されるポジションだったと思うんですが、演目によって心がけることは変えていますか?

まなか そうですね。楽曲によってメンバーが違うので、まずはみんなで集まって、その曲で表現したいこと、大切にしたいことのテーマを決めるんです。今回はミュージカルのナンバーもあったんで、そこでは「私はウェンディ!」って自分に唱えかけてステージに立ちました。あと、ショウ一発目の「Welcome in the Mood」が「カモン、ベイビー!」って私の掛け声から始まるので、それはバシッとキメようと思いましたね。ありがたいことにセンターをいただく楽曲が多いので、そこはセンターの務めとして、みんなを引っ張りつつも「みんなで輝こう」って思ってやってました。

――始まる前に声をかけましたか?

まなか 注意することも細かく言ったんですが、それより「とにかく楽しもう!」ってことを言いました。

――今後の課題として感じたことはあったでしょうか。

まなか 今日は最後、メンバーがステージでお辞儀をしている頭の上に緞帳が下りてきちゃったりと(笑)、立ち位置がうまくできてなかったんで、そこはしっかりやらないといけないなと思いました。成功はしましたけど、もっとできるなって思ったので、もっと表現や表情を豊かにして、もっとうまく私たちの感情をお届けしたいなと思います。

――まなかさんがやってて楽しい曲、いちばんノレる曲はどれですか?

まなか どれも好きなんですけどね。うーん……(と悩む)。「ウェンディ・ソング」は“私”じゃないんですよね。私がやっているというよりはウェンディになりきってるので、ノるというか、その世界にいる感じになるんです。そういう意味では“まなか”としてノレる曲は「情熱フラミンゴ」かな。皆さまをシャングリラにお連れするつもりでやりきりました。振りもカッコ良くて、メンバーにも「この曲は、まなかじゃないと無理だよ」って言ってもらえてうれしかったし、それも含めてテンションが上がる曲ですね。

――ミモザーヌでの活動を続けていくにあたって、目標にしていることはありますか?

まなか 私はとにかくお客様に笑顔になって欲しくて。ミモザーヌを今日見れて良かった、また来よう、応援しようと思ってもらえることが一番のゴールですね。それがいろんな人に広がっていって、ゆくゆくは世界に私たちの表現を発信できるようになったらいいと思っています。

▲7曲でセンターを務めたいまもりまなか

力強くインタビューに答えてくれた彼女の表情に頼もしさを感じた。

帰り際、先日取材したともだりのあにも「今日の公演、点数をつけるとしたら?」と聞いてみると、彼女はちょっと考えて「100点満点中90点です」と満面の笑顔で答えてくれた。

「舞台からお客さんの顔が見えたんですけど、みんな手拍子してくれたり笑ってくれたりして、自分たちのやっていることがちゃんと届いているのがわかりました。自分も楽しくできたし、お客さんにも喜んでいただけたし、目標は達成できたかなと思います」と満足げだった。

今日感じた充足感と自信が、また明日、頑張れる力になるのだろう。ミモザーヌは始まったばかり。伸び代はまだまだ無限にある。

▲ともだりのあ、いまもりまなか

ミモザーヌを明るく照らす太陽・ともだりのあインタビュー | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/2231 )

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/2340)

関連記事(外部サイト)