“あやなの”「13歳、真夏の大冒険」 今年の夏しか目撃できないB.O.L.Tの姿

9月1日、B.O.L.Tの2ndアルバム『Attitude』がリリースされた。昨年、発表した1stアルバム『POP』は、各方面から高い評価を受けただけに、今回もかなり期待値が上がってきている。

このアルバムのリリースに合わせて、初の東名阪+横浜ツアーもスタートしたB.O.L.Tの「今」を深掘りしていくインタビュー。あえて4人同時に話を聞くのではなく、2人ずつのペアで語ってもらった。そのほうが「現在地」と「これから」が明確になると思ったからだ。今回は“あやなの”こと白浜あや&青山菜花の中1コンビが登場。この夏、13歳になる2人が感じたこと、そして心に秘めていたこととは?

■あやなのが『AYAKA NATION 2021』で大抜擢された!?

コロナ禍でイベントやライブの回数が減ってしまったことで、キャリアの浅いアイドルたちは貴重な経験の場を失いがちになっているが、そんな状況下で“あやなの”こと白浜あやと青山菜花は得難い経験を積むことができた。

6月27日に横浜アリーナで開催された佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)のソロコンサート『AYAKA NATION 2021』。そのステージであやなのの2人が大抜擢されたのだ。

序盤に登場した2人は、佐々木彩夏と3人でパフォーマンスを展開。その後、主役の佐々木彩夏が衣装チェンジのため先に消えると、あやなのだけが残ってステージを任せられたのだ。ソーシャルディスタンスを守るため、キャパの半分しかお客さんは入れられなかったが、それでも5000人の観衆が見つめるなかで、だだっぴろい横浜アリーナのステージにたった2人で立っていることだけで、相当な経験値になる。

終演後、バックステージで高井千帆と内藤るなは「あやなの、すごかったですよね!」と興奮気味だったが、当の2人はその横でキョトンとしていた。まさか、あの状況でまったく緊張していなかったというのか?

「逆です、逆です! あの日は最初からずーっと緊張していて、そのときもまだ緊張していたんだと思います(笑)。横浜アリーナってステージが大きいじゃないですか? 私たちはその端と端から出ていくので、ものすごく距離があって、出番の前に『バイバイ、またあとでね』って話したぐらい。その直前まで『緊張、ヤバいね!』って、お互いになんとかリラックスしようとしていました」(白浜あや)

「本当に“あやなの”という存在があってよかったなって。ふたりでいるから、こういうときもちょっと緊張がほぐれるし、あやちゃんがいてくれることのありがたさをすごく感じました」(青山菜花)

純白の衣装でかわいく踊る2人を、このステージで初めて「見つけた」ファンも少なくはなかったはず。さらにアンコールでは「いちごの妖精」と「紅茶の妖精」に扮して登場するなど、さらに観客の印象に残る出方も。

ソロコンサートでは、自らプロデュースも担当する佐々木彩夏は「後輩に出てもらうからには、単なるバックダンサーではなく、ちゃんと意味のある形でステージに立ってほしい」という信念を持っており、今回は最初と最後に「あやなのインパクト」を仕掛けてくれたようだ。

「妖精の衣装は以前、高城れにちゃんと玉井詩織さんが着たこともあると聞いて、えっ、それを私たちが着ちゃってもいいんですか?って、また緊張しました(笑)」(青山菜花)

▲新衣装がとても似合っている青山菜花

「いろいろ勉強にもなりました。B.O.L.Tの楽曲はロックが多いので元気に激しく踊るんですけど、あのときはちょっとやわらかい曲調だったから、どういう表情で踊ればいいのか、本当に難しくて……本番直前まで先生に質問して、ふたりで表現の仕方を研究していました」(白浜あや)

▲風船とともに眩しい笑顔を見せてくれた白浜あや

このひとことに、今の彼女たちに注目したくなるポイントが隠されていた。このあと、何回かB.O.L.Tのステージを見る機会があったのだが、表現力はもちろんのこと、その立ち居振る舞いも以前とは違うように感じられた。オーラというにはまだ早いかもしれないが、そこに立っているだけで内側から発せられるものが確かにある。2人はまったく自覚していないというが、それはきっと横浜アリーナという大舞台で、たった2人で大きな経験をしたことが少なからず影響しているのだと思う。

■「13歳の大冒険」は今年の夏しか見られない!

そして、2ndアルバム『Attitude』のレコーディングでは、今までとはひと味違った表現力を発揮できた、という。

「前回のアルバムのときは、歌いかたも表現の仕方もよくわからないような状況だったんですけど、あれから1年経って、B.O.L.Tも2周年を迎えて、私たちもいろんなことがわかってきた。だから曲に合わせて、ちょっと優しい歌声にしてみたり、今までファンの人が聴いたことのないような歌声も、このアルバムには入っているんじゃないかなって思っています」(白浜あや)

数々の経験を経て、手に入れた成長の証。それがアルバムを出すごとにしっかりと記録されている、というのは若さの特権。よくよく考えたら、前作の制作時はまだ2人とも小学生だったわけで、中学生となった今、そこに劇的な変化が起こっても不思議な話ではない。

変化といえば、注目されているのが今回のアルバムのビジュアルイメージだ。今までと比べて、かなりキュートなものとなっているが、もうひとつのポイントはお揃いの衣装ではなく、全員がバラバラのデザインとなっている、というところだ。

「衣装のデザイン画を見せてもらったときに『あっ、スカートだ!』ってすごくうれしかった。本当にみんなの個性が出た、カラフルな衣装ですよね」(白浜あや)

「きっと今までは、B.O.L.Tのことを知ってください、ということでお揃いの衣装になることが多かったと思うんですけど、2周年を超えて、今度はみんなの特徴とかを知ってもらえたらいいなって。みんなの好きな色が衣装には入っているし、もっといろんなことを知ってほしいですね」(青山菜花)

ちなみに、今回のアルバムで印象に残っている楽曲を聞くと、2人の解答は見事に割れた。

「私は『未完成呼吸』です。今までに聞いたことのないワードだから、すごく印象に残ったし、楽曲を聴いてしっくりきたというか『好きだぁ〜』と思っちゃったんですよ(笑)。歌詞もものすごく深いので、皆さんにもぜひ聴いていただきたいです」(白浜あや)

「今回の『Attitude』というアルバムには「自分から行動する」という意味もあるんですけど、自分から行動した結果、辿り着いたところ、という意味で『まわりみち』という楽曲が心に残りました。歌詞にも『辿り着いた先が君の答え』という言葉があるので。皆さんがこの曲を聴いて、どう思ったのかも知りたいですね」(青山菜花)

8月9日からは初の東名阪+横浜ツアー『#BOLT関東デマス〜初ライブツアーの巻〜』がスタート。中1のあやなのにとっては初めてのことばかり。青山菜花はツアー中に13歳の誕生日を迎えるので、まさに「13歳、真夏の大冒険」が展開されることになりそうだ。

「大阪に行くのは生まれて初めてなんですよ! ライブも楽しみですけど、食べ物もすごく楽しみですよね、エヘヘヘ。ツアーは初めてなので、そこは経験者のお姉さんたちにアドバイスしてもらって『全部、最高だった!』と言ってもらえるツアーにしたいし、大阪でも名古屋でも、そして横浜でも「新しくB.O.L.Tのファンになったよ!」という方がたくさん増えるといいなって思います」(白浜あや)

「ファンの皆さんと一緒に『旅』をする、というイメージもあります。(7月15日に開催された)2周年記念ライブで、私たちとファンの皆さんのあいだに、絆以上のものが深まったと強く感じたので、いいツアーにしたいですね」(青山菜花)

ツアー初日の東京公演(8月9日・東京キネマ倶楽部)では、まだアルバムの発売前ということで数曲しか収録曲は披露されなかったが、おそらく9・4大阪以降はもっとアルバム収録曲の割合が増えていくはず。まずは『Attitude』をしっかりと聴きこんだうえで、ツアーに足を運んでみてほしい。13歳の大冒険は、今年の夏しか目撃することができないのだから。

▲ツアー初日の東京公演・楽しそうな2人

▲観客席を見つめながらパフォーマンスをする青山菜花

▲表現に磨きがかかる白浜あや

▲初のライブツアーを経験しながら4人はさらに成長する!

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/2344)

〈小島 和宏〉

関連記事(外部サイト)