女優の小栗香織が23年ぶりの新曲『寄り添って』に込めた想い

豊島園の夏のイメージガールで芸能界デビュー。『11PM』ではカバーガールとして人気を博し、女優として映画『Love Letter』などに出演した小栗香織さん。現在は女優のグラビアプロデュースを主に行っていますが、今回、23年ぶりに歌手活動を再開し、新曲『寄り添って』をリリースされました。ニュースクランチでは、小栗さんの芸能生活を振り返りつつ、このタイミングで歌手活動を再開された想いなどを聞いてきました。

■23年ぶりの新曲では“癒し”を届けたい

――まず、23年ぶりの新曲『寄り添って』についてですが、どういった経緯でリリースされることになったのでしょうか?

小栗 この曲の作詞作曲をしていただいた八文字裕紀さんと、以前から「曲を発表したいね」とは話していたんですけど、コロナ禍もあって、時間をかけて今年の7月の時期になりました。

――23年ぶり、というのを全く感じさせない歌声で驚きました!

小栗 ありがとうございます(笑)。デモテープをいただいたんですが、このご時世なのでスタジオなどで何度も練習することもできず、自宅と車内でデモテープを流しながら歌って練習をしました。

――どういう楽曲に仕上がりましたか?

小栗 不倫っぽい趣きもある歌詞なんですけど、「寄り添って」というのは、何も恋人同士だけじゃなくて、家族でも友達でも、大切な人を想って一緒に聴いていただけたらいいですね。曲調はミディアムバラードなので、皆さまに癒しをお届けられたらうれしいです。

――小栗さんがご自身で書かれたのかな、と思うくらい曲が馴染んでいました。

小栗 そう言っていただけるとうれしいです! 実は今、新曲を作成していまして、今回は自分で作詞をして、作曲は今回も八文字さんに作っていただいてます。自分の歌詞で歌う新曲も楽しみにしてください。

――それはすごく楽しみですね!

小栗 こんな世の中だからこそ、歌を通して「大丈夫だよ」ってことを伝えていけたらいいなって思ってます。

■スカウトマンの執念とバブリーな撮影秘話

――小栗さんの芸能活動の歴史を振り返らせていただきたいのですが、そもそも芸能界に入ったきっかけは?

小栗 スカウトですね。学校の帰りにスカウトされて、熱心なスカウトマンが「一度でいいから社長に会ってほしい」っておっしゃって。でも、芸能人になりたい気持ちもなかったし、怪しいじゃないですか。だから丁寧にお断りして。その頃は、今みたいに携帯がなかったので、公衆電話から自宅に「今から帰るね」って電話して帰ったんです。そうしたら帰宅したあと、そのスカウトマンから自宅に電話がかかってきて。

――え!!! どうしてですか!?

小栗 (笑)。私も「なんで自宅の番号がわかったんですか?」って聞いたら、私が公衆電話で自宅の番号を押してるのを、後ろから気付かれないようにずっと覗いてたらしくて、必死に覚えたんですって(笑)。さすがに熱意に負けて「じゃあ一度だけ社長さんに会います」って返事したのがきっかけですね。

――あははは! すごい話ですね! でも、それぐらい当時の小栗さんに光るものを見出したってことですし、そのスカウトマンの眼は間違ってなかったですね。

小栗 ありがとうございます。

――これまで、さまざまなお仕事されてると思うんですが、特に印象に残っているお仕事はありますか?

小栗 やはりデビューのお仕事が印象に残ってますね。デビューが豊島園の夏のイメージガールのCMだったんですが、ハワイで撮影だったんですけど、撮影の1週間前に現地に向かわされて「日焼けしておいてね」って。遊ぶ用のお小遣いも一緒に渡されて。

――えー! すごい時代の話ですね……!

小栗 今だったらありえない話ですよね。それで撮影隊は前日くらいに来て、撮影自体はすぐに終わって、また帰る日までハワイで遊んで、っていう(笑)。実際に使われたカットは“ここはハワイ?”って感じでした(笑)。いろいろと印象に残ってますね。

――豊島園の夏のイメージガールって、すごいプロジェクトですよね。それを新人の小栗さんに賭けるって、それこそありえない話かなと。それぐらい小栗さんに賭けてみたいって思わせる何かがあったってことですよね。

小栗 うーん。でも、たぶん最初から絶対に芸能界に入ってやる、とか、絶対に売れてやる!ってモチベーションだったら、続いてなかったと思うんですよね。どこか力が抜けた感じが良かったのかも。当時はそれが良いほうに向いてたんじゃないかな、とは思います。

■モデルだけじゃなくスタッフも全員水着の撮影現場

――ご自身の中で転機になった出来事はありますか?

小栗 今やってる仕事にもつながってるんですけど、30代に入ってから、それまでずっと芸能界にしかいなかったので、洋服のデザインの専門学校に行ったり、歌の勉強したりとか、いろいろやってたんですね。そんななか、デビュー当時のプロデューサーが体を壊してしまって「俺の仕事を手伝ってみない?」と誘ってもらったのが大きな転機ですね。

――なるほど、今のプロデューサーとしての活動はそこからスタートしたんですね。

小栗 はい、女優業しながら2年ほど、その方のアシスタントとしてやってました。これまで“自分がしていただいてたこと”をやらなきゃいけない、ってことに最初はすごくギャップがありました。例えば、小さいことでいうと「お弁当、何にしますか?」って聞いたりとか。

――たしかに、今まではしてもらっていた立場ですもんね。

小栗 でも、それが全然嫌じゃなく、苦じゃなかったんです。自分がこれまでしていただいてうれしかったこととか、逆に気づいてもらえなかった所をケアしていく。特にグラビアの現場は男性が多いので、そこでタレントさんの顔色をしっかり見てあげたりとかもそう。この仕事のみんなで作り上げていくチーム感みたいなものが、すごく新鮮で楽しかったんです。

――こうしてお話を伺っていても、小栗さんからは自分のことより、まず相手のこと。人のため、というのを強く感じます。しかもそれが打算的じゃない、というか、非常に自然にそれができているような気がします。

小栗 私、人が好きなんだと思います。集団行動は苦手なんですけどね(笑)。そういえば、前にグラビアの現場で、カメラマンさんもスタッフが全員女性だったことがあったんですけど、“モデルさんだけが水着なのはおかしい!”と思って、私もスタッフも水着で撮影したことがありました(笑)。

■同じような病気をした方に「寄り添って」

――小栗さんといえば、ご主人が韓国籍ということで、韓国通としても知られていますが、今の韓国のトレンドは何かありますか?

小栗 日本でもフードデリバリーのサービスが今や普通になってますが、それは韓国も同じですね。フードデリバリーのサービスが生活に根付いてます。あと、トッポギ(韓国の国民食)、日本だと甘辛いイメージですけど、今の韓国ではスイーツとしても食べるのも主流になっています。いわゆる、イチゴ飴のようなインスタ映えするカラフルなものを若者は食べていますね。もしかすると、そのうち新大久保とかで流行るかもしれませんね。

――どんなものなのか気になりますね。この記事を読んでいる方の中には、テレビや雑誌で活動していた小栗さんに心奪われた世代が多いと思うんですが、ズバリ! “小栗さんが考えるいい男”って、どういう男性でしょうか?

小栗 優しい人、だと思います。それは言葉でいうと軽く聞こえるんですが、本当の優しさって年齢に関係なく、他人のことをまず第一に考えられる人じゃないかなと思います。そういう男性が一番強くて、モテるんじゃないかなと思います。

――ご自身より他人のことを考える小栗さんが言うからこそ、非常に説得力のある言葉です。今後の活動をお聞かせください。

小栗 コロナ禍の中、23年ぶりに新曲を出したので、いつかはライブができたらいいなと思ってます。あとは、2016年に乳がんを告知されてから投薬治療を続け、副作用と戦いながら再発や転移もなく、5年の節目を迎えることができました。今回の楽曲のタイトルにもつながってきますが、自分の経験をもとに同じような病気をされた方に「寄り添って」いけたらいいなと思い、ピンクリボンアドバイザーと、心理カウンセラーの資格を取得しました。

――すばらしいですね!

小栗 まだまだ自分ができることに挑戦していきたいと考えています。発信できることや、今はコロナ過で難しいと思いますが、講演会やイベントなどでいろいろな方と交流をして、心を癒せていけたらいいなと思ってます。プロデュースのお仕事でも、いろいろ進めている案件もありますので、これからも女優、プロデューサーとしても頑張ります!

■プロフィール

小栗 香織(おぐり?かおり)

9月14日生まれ。神奈川県出身。血液型O型。女優・プロデューサー。横浜でスカウトされ、豊島園夏のイメージガールでCMデビュー。『11PM』(日本テレビ系)金曜カバーガールとして人気を博す。その後、CM、映画、ドラマなどに数多く出演。岩井俊二監督の映画『Love Letter』に出演し、日本だけでなく韓国でも人気に。グラビアでも活躍し、多くの写真集も発売。現在は女優活動のほか、新人タレントや女優のプロデュースも手がけている。?小栗香織オフィシャルブログ「 Saranghae 」、小栗香織Instagram( @
kaori.os_official )

関連記事(外部サイト)