大久保桜子 初セルフプロデュースカレンダーは水森亜土からインスパイア!

ファースト写真集『SAKURAKO』が評判となり、ただいまセカンド写真集を準備中(小社より発売)、今年23歳の誕生日にはYouTube『大久保桜子ちゃんねる』を開設し、新たなチャレンジもスタートした大久保桜子。今回リリースした2022年のカレンダーは、初のセルフプロデュースで制作された意欲作だ。

“こんな大久保桜子を見てほしい”をコンセプトに、全体のイメージから、着たい衣裳なども提案。透明感のある美しさ、元気でポップな姿、自身の魅力が炸裂したセクシーさなどオール撮り下ろしで構成されている。そんなこだわりが詰まったカレンダーの魅力や製作秘話、そして最近始めたYouTubeチャンネルなどの仕事の話から、今後の展望まで本人に話を聞いてみました。

■カレンダーの世界観は水森亜土の影響!?

――現在発売中の『大久保桜子 カレンダー 2022』。このカレンダーを出すことになった経緯についてお聞かせいただけますか?

大久保 毎年カレンダーを出したいね、というお話はしていたんですが、今回は前回の写真集(ファースト写真集『SAKURAKO』)のスタッフさんに、お声がけいただいて実現しました。

――初のセルフプロデュースということですが、これは最初から決まっていたんですか?

大久保 いえ、最初から決まっていたわけではないです。ただスタッフさんが「ある程度、桜子ちゃんのしたいようにしていいよ」って言ってくださったので、衣装や髪型、背景はこういうイメージで、というのは伝えさせていただきました。

――男性ファンはもちろんですが、女性ファンが見ても楽しめるカレンダーだな、と思いました。

大久保 うれしいです! カレンダーという大枠はもちろんあるんですが、その大枠の中で小さな写真集を作るような感覚で望んだんです。なので、いろいろとスタッフさんと打ち合わせさせていただくなかで、私がたくさんイメージをお伝えしたので、結果的にセルフプロデュースになったのかもしれないです(笑)。

▲撮影オフショット

――(笑)。それはもともと大久保さんの中に、こういうイメージで写真を撮れたら良いなっていうのがあったってことですよね?

大久保 そうですね! 可愛いもの、漫画やアニメが好きで、そういう世界観に憧れていたんです。でもそういうのは独特で非現実的だから、写真集とはちょっと合わないかな、と思っていたんですが、カレンダーであれば遊び心のあるものも表現できるんじゃないかって。なので。カレンダーの話をいただいたときに「ここだ!」って(笑)。

――あははは!(笑) たしかに写真集は全体的な統一感が必要になりますもんね。でも、具体的なイメージをスタッフと共有する作業って大変なんじゃないかと思うんですが。

大久保 実は最初にスタッフさんにイメージとしてお渡ししたのは、写真じゃなくてイラストだったんです。緑色のニットの上に、クリスマスツリーで使うようなイルミネーションを巻きつけた絵とか。そういうのって普段絶対できないことなので、こういうことをやりたいなって。

――イラストも可愛らしい感じだったんですか?

大久保 そうですね、水森亜土さんのイラストみたいなイメージです。

――へえー! でも、全然世代じゃないですよね? ご両親がお好きだったとか?

大久保 いえ、前にツイートで見つけて「何これ!可愛い!」って思って。グッズとかを集めだしたんですよ、そういえばカレンダーも水森亜土さんのものを使ってたの思い出しました(笑)。今回のカレンダーでは、ツインテールのヘアスタイルだったり、レオタードを着たりしているところは影響を受けてますね。

▲撮影オフショット

――どれも思い入れがあると思うんですが、特にこだわったところはありますか?

大久保 頭にお花をさしている表紙のショットですね。ここに出ている以上のお花をたくさん買ってきていただいて、そこから選んだんです。これもそうなんですけど、普段、普通に生きていたら頭にお花って刺さないじゃないですか(笑)。そこが良いなあって思いました。

――この表紙で、カレンダー全体のコンセプトが伝わるようないい写真だなと思いました。悩まれるのは重々承知でお伺いするんですが、特にお気に入りのカットはありますか?

大久保 うー!(頭を抱える) お気に入りかあ! 難しい……全部お気に入りなんですけど…(笑)。今回、自分のイメージもお伝えして、すごく作り込んでいただいたので、とても良い意味で客観的にカレンダーを見られるんですよ。「あ! 私の好きな世界観だ!」って(笑)。

――(笑)。YouTubeの動画もとても微笑ましかったです。最初は「ひとりで話せるかな」みたいな感じだったのに、作品の良さに大久保さんがどんどんテンションが上がっていくのが、見ているこちら側にも伝わってきて。

大久保 お友達の写真集を見ているようなテンションになっちゃったんですよね。でも、特にお気に入りって言うと……この12月の衣装は、もともと衣装合わせのときに他の月と少し衣装の形がかぶるから、予備としてとってあったものなんですね。その衣装を見て、当日ヘアメイクさんが「ドレッドヘアーにしたらどうですか?」と提案してくださって。じゃあ濃いめのメイクにしようかとか、その場でいろいろ提案してくださって、出来上がりを見てみたら「好き!(笑)」ってなって「これは絶対に使ってほしい!」ってお願いしたんです。

▲撮影オフショット

■大久保桜子が髪を切った理由

――決まっていたことだけじゃなくて、当日現場でも化学反応が起こっていたんですね。今のお話も裏話っぽいんですが、ほかに撮影時のエピソードはありますか?

大久保 撮影のファーストカットが4月なんですが、これはいつもなんですけど、朝起きて2時間くらいだと気持ちが寝てるんですね(笑)。ただメイクや衣装を着ていくうちに徐々に気持ちが高まっていって、カメラの前に立ったときに完全にスイッチがオンになるんです。なので、もしかすると4月はまだ起ききれてない、緊張している私が若干残っているかもしれないですね。

――それを聞いて改めて見ても、緊張とは無縁な、美しく可愛い世界が表現できているように思えます。

大久保 ありがとうございます、なので、いつも撮影のとき、最後のカットあたりはすごく自己肯定感高めな感じですね(笑)。特にスチールの場合は、撮ったその場で確認できて、周りの皆さんの感想も聞けるので、自信がついてくる気がします。

▲撮影オフショット

――壁掛け版と同じく、通販で発売が開始された卓上版もありますよね。買う人が大久保さんのイメージを共有できて、プラス写真を選べるっていうのが良いなと思って。ワニブックスとしても初めての試みなんですけど、この写真も大久保さんが選ばれたんですよね?

大久保 そうですね、何枚か「これだけは外せない」ってカットを選ばせていただいて、あとはスタッフの皆さんと相談して決めました。なので、ファンの方にはどんな写真をどういう順番で選んだのか、ぜひSNSとかで報告してほしいですね。

――大久保さんの手書きの日付も可愛らしいなと思いました。

大久保 ヨコverの方にはヒヨコとか、1月にはお正月っぽいイラストとか、クリスマスにはクリスマスっぽいイラストを載せているので、そういうところも楽しんでもらえたらなって思います。

――大久保さんのこだわり、可愛さが詰まった作品ですね。

大久保 私自身、他の方のヘアスタイルやメイクを見るのが好きで「今度、真似してみよう」って思うので、女性の方にもこのカレンダーを見て「これ可愛いな、真似したいな」って思ってもらえたらうれしいです。

▲撮影オフショット

――現実と非現実のちょうど合間にあるような作品だなと思いました。それから、お聞きしたいのは、少し前は「人前で話すのが得意ではないので、YouTubeとかはできないと思います」とおっしゃっていたと思うんですが、最近『大久保桜子ちゃんねる』を始められたじゃないですか、どういう心境の変化があったんですか?

大久保 やってみたいな、と思ってやったんですが、やっぱりまだカメラの前でひとりで話すのは恥ずかしいというか……どうですか?(笑)

――(笑)。でも、さっきもカレンダーの紹介の動画が素晴らしいって話をしましたけど、徐々に恥ずかしさが取れていく感じがとても良かったですよ。

大久保 そうですか?(笑)。でも、あのカレンダーの紹介は、どんどんカレンダー側に意識が集中していったので、やってて楽しかったですね。あとメイクの動画とかも、私自身メイクが得意なほうではないので、見ている人と一緒に勉強していける動画とかもやってみたいし、お洋服も好きなので、コーデとかもやってみたいし。

――やりたいことがたくさんあっていいですね!

大久保 YouTube見るのは好きで、東海オンエアさんは特に好きでよく見るんですけど、ああいうのはちょっとハードだから私がやるのは違うかな、って思ったり、でも私の自己満足にならないように、見ている人も楽しめるようなものしたいなとは思ってます。

――これまでの動画は、大久保さんが途中でいい意味で少し暴走しているのが良くて、それってたぶん義務的にやってないからこそ出る面白さなのかなって。ファンの方は、プライベート感のある大久保さんをこれまではSNSでしか知れなかったのが、YouTubeでも知れるのはうれしいですね。

大久保 そうですね、YouTubeでもいろいろできたらいいなって思います。

▲撮影オフショット

――最後に、今年を振り返って、1番の思い出はなんですか?

大久保 やっぱりコロナ禍でいろいろと制約があったので、このカレンダーとか、今度出す写真集とか、信頼できるスタッフさんとお仕事ができたことがありがたかったし、自分の中でも仕事でストレスを開放させていただいてたのかもな、と振り返って思います。あと、私自身の変化でいうと、髪を切ったのが大きいですね。

――あ、そうですよね! それも何か心境の変化があったんですか?

大久保 今でも黒髪ロングストレートの女性に憧れがあるんですが、あるとき「そういえば芸能界に入ってから、ずっと同じ髪型だな」って思って。このカレンダーのときに、まず前髪を少し切ったんですけど、その変化が自分の中でとても楽しくて「もっと切りたい!」って思ってバッサリいきました!

――ヘアスタイルが変わることで、また違った大久保さんの魅力が引き出されそうですね。

大久保 最近撮影したときも、これまでの自分とはまた違った、自分も知らない自分がいて「あ、私こういう風に見えるんだ」って気づけたので、これからのお仕事もすごく楽しみですね。

▲撮影オフショット

<カレンダー情報>
大久保桜子 カレンダー 2022
撮影:桑島智輝

【壁掛けタイプ】
撮影:桑島智輝
価格:2,750円(税込)
発売元:ワニブックス

【卓上版】
卓上版で購入者が写真をセレクトできる、これまでにない新しいタイプのカレンダーは、WANIBOOKS POP UP STOREで販売中。

■プロフィール

大久保 桜子(おおくぼ・さくらこ)

1998年7月20日生まれ、神奈川県出身。身長152センチ。趣味・特技はお菓子作り、英語。『宇宙戦隊キュウレンジャー』(テレビ朝日系)のヒロイン・ハミィ/カメレオングリーン役でデビュー。直近の出演作として日曜劇場『日本沈没−希望のひと−』(TBS)3話に出演、Paraviオリジナルストーリー『最愛のひと〜The other side of 日本沈没〜』1話出演。1st写真集『SAKURAKO』の好評を経て2nd写真集を現在準備中。今年の誕生日からYouTube『 大久保桜子ちゃんねる 』も開設した。公式Twitter( @sakurako_offi )、公式Instagram( @sakurako.official )

大久保桜子ちゃんねる( https://www.youtube.com/channel/UCkHVp1uFjjTwC17Ns7YnQ8w )

関連記事(外部サイト)