付き人として6年。下積み時代に工藤俊作が見た素顔の菅原文太

さまざまな映画、ドラマで活躍する俳優・工藤俊作さん。30年以上にわたるキャリアにおいて、国内の映画やドラマはもちろん、中国映画や、クリストファー・ノーラン監督の『インセプション』にも出演するなど、還暦を迎えた現在も、日本国内にとどまらない活躍を見せている。

そんな名バイプレーヤーに人生の土壇場について聞くと「土壇場だらけです。でも、そのたびに誰かが助けてくれたことばかりですね」と、自らの言葉を噛みしめるように話してくれた。

▲俺のクランチ 第12回(前編)-工藤俊作-

■実は絵本作家になりたかった

工藤俊作は1960年に広島県生まれ。てっきり俳優を志して上京したのかと思い聞いてみると。

「学生時代に映画研究部に入ったり、映画館でバイトしたりはしてたんですけど、俳優になりたいって思ったことはありませんでした」

では、上京のキッカケについて伺うと「絵本作家になりたかったんです」と、その迫力のある風貌からは想像もつかない言葉が。

「高3のときに、肺気胸の手術をすることになって入院してたんですけど、そこで友達から長谷川集平さんという作家さんの『はせがわくんきらいや』という絵本を教えてもらって。その絵本は、森永ヒ素ミルク事件の被害者である長谷川さんの体験をもとにした作品なんですけど、事件や世相を絵本に反映できるんだ、というのが衝撃で。絵本作家になりたいなって思ったんです」

絵本作家になりたくて上京。しかし、大学受験に失敗し、どうしようかと考えていたところ、俳優養成所の広告が目に止まった。それが東映演技研究所だった。

「実はその前に無名塾(仲代達矢さんが主宰している俳優養成所)にも応募しようかと思ってたんですが、締切が過ぎていて。あとから“無名塾に入ってたら、バイトもできないし大変だったよ”と聞いて、あ、入らなくて良かったかな、って(笑)」

それくらいラフな感じで東映演技研究所に入所、16期だった。そして工藤に転機となる出会いが訪れる。

「鶴田浩二さん主演の『男たちの旅路』ってドラマに出演することになって、僕の役が薬物をやっている若者の役。別に役作りなんか必要ないほどの端役なんですけど(笑)、3日寝ないで現場に行きました」

撮影後、ひとりの男が工藤を訪ねてきた、14期の先輩俳優、菅田俊だった。

「“お前か、3日寝ないで芝居したってヤツは?”と声をかけられて(笑)。そこから交流が始まり、あるとき“菅原(文太)の親父さんの家へ庭掃除に行くけど、お前も来るか?”と誘っていただいたんです。まあ、ご本人とお会いすることもないだろう、と思って1人で庭掃除してたら、いきなりガラガラって雨戸が開いて、そこに立ってたのが真っ赤なバスローブを着た菅原文太でした(笑)」

■菅原文太から言われた「お前は誰だ?」

あまりの突然の出来事にびっくりする工藤。初めて見る目の前の若者に、菅原文太は動じることなく、こう言ったという。

「“お前は誰だ?”とおっしゃって。シビれますよね(笑)。緊張して“庭掃除に来たものです”と言ったら“そうか、終わったら飯食え”って、それだけおっしゃって。で、そのあと朝ご飯をご馳走になってたんですけど、ゆっくり味わってたら親父さん(菅原文太)がボソッと“早めし、早グソも芸のうちだぞ”と言われて、“すみません…”って(笑)」

食事が終わると「明日からも来い」と言われた工藤。加えて「お前は何がやりたいんだ?」と聞かれ、俳優ではなく、絵描きになりたいと答えたそう。

「その日から休みなく、足かけ6年毎日親父の家に通いました。あとあと気づいたんですけど、天下の菅原文太ですから、毎日のように弟子志願の人が来るんですけど、いつも“追い返せ”って。じゃあ、なんでどこの馬の骨かもわからないような自分を選んでくれたのか。聞くところによると、菅原のおやっさんのお父さんが絵描きだったみたいで。それで目をかけてくれたのかもしれないですね」

最初は雑用だったが、通いだして4か月で菅原に『K2』という、登山家が遭難してしまう2人芝居出演の依頼が舞い込んだ。

「あるとき、池袋のサンシャイン劇場の近くの稽古場に同行すると、いきなり“お前、(相手役の)セリフ覚えろ”と言うんです。でも、毎日通っていたので結構すぐ覚えられたんですが、毎日稽古場に向かうまでずっとセリフの稽古。それも親父さん、車ではなく、普通に電車とかバスに乗る人なんです(笑)。その道すがらもずっと稽古。あのときに役者のイロハについてや、人の感情や動きを表現するという、プロの仕事の真髄を学んだと思います」

絶対になりたい、という気持ちではなく、軽い気持ちで挑戦してみた俳優の道だったが、素晴らしい先輩との出会いで、工藤の人生は回りだした。

■俳優の道を諦める決意をして菅原文太に相談

しかし30を超えて、このまま俳優を続けていていいのか、工藤は悩み、そして菅原に打ち明ける。

「ちょっとノイローゼみたいになっていたかもしれません。このままで本当に大丈夫なのかなと考えて過ぎて。親父さんに“役者をやめようかと思ってます”と伝えました。怒られるか、引き止められるかするかなと思ったんですが、親父さんはひと言“自分で決めたのか?”と聞いてきて、“はい”と答えたら“じゃあ、そうせい”と。この一言だけでした」

それまでも足かけ6年、毎日一緒に過ごすうちに、菅原の知られざる部分に工藤は多く触れてきた。

「あの頃の銀幕スターの方って、とにかく豪快で贅沢しているイメージがあると思うんですけど、親父さんは一切そういうところがなかった。先ほどもお話ししましたが、移動も基本は電車かバス。そのくせ、すごくせっかちだから、付いて行く自分のポケットには、すぐに切符が買えるように小銭がたくさん入ってたんです。当時の券売機はお札が入らない機械が多かったので(笑)」

役者も付き人も辞め、しかし特にやることもなく、東京で無為な時間を過ごしていた工藤。

「その頃、唐十郎さんがちょうど劇団を立ち上げるから、ちょっと手伝ってくれって言われて、俳優は辞めた気でいたんですけど『紅テント』の公演に参加して。そこから俳優業に復帰しました。あとは菅原の事務所にいた方が、新しく事務所を立ち上げた際に、現役を引退した江夏豊さんがいらっしゃって。ブラブラしているなら運転手やってくれない? と声をかけていただき、一時期は江夏さんの運転手をやっていたこともありました」

そういう星の下に生まれた、というべきなのだろうか。悩み抜いたうえに俳優を廃業した工藤だったが、周りの人に請われる形で芸能の世界に戻ってきた。

「江夏さんの運転手をしているとき、僕ひとりに向かって、江夏さん本人の口から「江夏の21球」の話と「オールスター9連続奪三振」の話を聞けたのはうれしかったな。9連続奪三振のときにキャッチャーフライが上がって、でも取っちゃうと連続奪三振が途切れちゃうから、キャッチャーの田淵幸一さんに「追うな!」と言ったって。“あれ、よく俺が「取るな!」って言ったって言われてるんだけど、本当は「追うな!」って言ったんだよ”って。ね? 贅沢でしょ?(笑)」

■プロフィール

工藤 俊作(くどうしゅんさく)

生年月日:1960年8月28日
出身地:広島県
血液型:B型
特技:殺陣(斬心塾)、中国語(北京語)、ギター、ベース
趣味:絵を描くこと・ギター・ベース
サイズ: 188cm/80kg/B102/W90/H100/S28
経歴
昭和57年~62年 菅原文太氏に師事
昭和63年~平成元年 唐十郎「唐組」に参加
2021年『スモーキー・アンド・ビター』主演
スペイン「マドリード国際映画祭外国語部門最優秀主演男優賞」受賞

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?