映画『浅草キッド』に踊り子役で出演。小牧那凪は根っからの女優!

ビートたけしの自叙伝を映画化したNetflix映画『浅草キッド』。話題沸騰の今作に出演している若手女優・小牧那凪さんがニュースクランチに初登場。幼少期より女優を目指し、さまざまな作品に携わってきた彼女に、浅草キッドでの役柄について、またこれまでの活動歴や女優を目指すきっかけなどについて伺いました。

■試写の会場から自宅まで泣いて帰りました

――まずはご自身の役どころについて教えてください。

小牧 サチという踊り子の役を演じたのですが、最初いじわるな女の人っていう説明を受けていて。そういう心構えで衣装合わせに行ったら、その場で初めてご挨拶させていただいた監督(劇団ひとり)に「単純にいじわるな役ではなくて、踊り子としてのプライドが誰よりもある人。だからこそ、あとから入ってきたタケシ(柳楽優弥・演)に対して、どうしてこういう人が入ってくるんだっていう怒りがある」というお話を伺って。「できるだけ気の強い女の人であって欲しい」というリクエストもいただいたので、そこから役を固め直しました。

――踊り子ということで、もちろん実際に踊るシーンもあるんですよね?

小牧 はい、踊ります(笑)。本番の1、2か月くらい前からダンサーの先生についていただき、当時のストリップ劇場の踊りを習いました。ランジェリーに8cmくらいのヒールで踊るんですけど、重心が崩れやすいので姿勢を保つのが大変でした。マットをヒラヒラとさせる演出もあるので、マットのことも気にしつつ、腰もキレイに入れるように。ダンス自体は、もともと大好きなので特に苦戦はしなかったんですけど、いろいろと気を使わなければいけないところが多くて、そこは難しかったなと思います。

――ストリップなので他の踊りとはかなり違いますよね。特に意識したところは?

小牧 色気を出すことですね。目線とか、女性らしく凛とした感じは残すんですけど、キレのある動きはあんまりしないで、なるべくゆっくり重たく丁寧に。見る人が「色っぽいな」って感じてくれるように意識しました。

――完成した作品を見て、どういう感想を持ちましたか?

小牧 思ったより自分の芝居ができていなくて……。試写の会場から自宅まで泣いて帰りました(笑)。

――えっ……。

小牧 少ない出演シーンだったんですけど、自分的にはこの作品をチャンスだと思っていて。なのに全然できてなくて、緊張して若干硬直してる自分が映ってしまっていたんです。それが本当に悔しくて。

――この作品で勝負したいと思っていたからこそ、悔しさも大きかった、と。

小牧 もちろん撮影中は本気でぶつかっていました。だけど、サチちゃんの心情は監督に説明していただいてある程度わかっていたのに、それを取り込んだ自分らしさで演じられていなくて。何者かになりきらないといけないって、自分に負荷をかけてしまっている自分そのものの姿が映ってしまっていたように感じたんです。

――でも、客観的に分析できていますね。

小牧 この1年でいろんな現場に出させていただいて、たくさんの役者友達が増えて。皆さんにさまざまなアドバイスや価値観を教わり、一気にお芝居のやり方や見方が変わったからかもしれません。

――目指すところが高いっていうことでもありますよね。

小牧 やっぱり1番になりたいので(笑)。事務所の中でも1番になりたいし、役者としても誇れる仕事をしたいから。

■役者の道に進もうと、覚悟を決めました

――「1番になりたい」は、なかなか言える言葉じゃないと思います! 相当な覚悟も伝わってきますが、そもそも小牧さんが役者を目指したきっかけは?

小牧 幼少期に宝塚を見たことがきっかけですね。その頃から色っぽいものに惹かれる傾向がありましたね。小学生、中学生の頃には日本舞踊も好きになって。そういう舞台から入っていって、役者になろうかなって思ったのが小学校6年生の頃。中学からは演劇部に入りました。高校3年生のときにエキストラとして、ある女優さんの主演のドラマに参加して。そのときに、エキストラが60〜70人くらいいたんですけど、その方が私のことじっと見てくるんですよ。「私なんかしたかな!?」ってソワソワしてたら、まっすぐに私のところに来て「あなたキレイね。いくつ?」って声かけられて。直近でオーラを感じてドキドキしてたのを今でも覚えています。この時から、いつか同じ土俵に立つようなお仕事をしたい! って思うようになりました。

――すごい経験! そのときにはっきりと女優が目標になった、と。

小牧 はい。そこからちゃんと事務所に所属して、役者業を本格的に始めました。

――プロフィールに書いてある「5年間男性役」というのは?

小牧 中学生の頃、演劇部で男の子役をやっていました。高校の演劇部では、顧問の先生が宝塚のファンで。衣裳部屋に黒燕尾服とかがある結構ガチな先生だったんです(笑)。そこでも「男役をやりたいです」って言ったら、宝塚を見に連れて行ってくれたり、声の出し方や男性としての立ち居振る舞いなどを教えてもらいました。

――宝塚自体を受験しようと考えたことはないんですか?

小牧 ありましたが、身長が156cmしかなくて……。でも、これまでいろいろと勉強してきたことは、これからの役者人生に生かせるんじゃないかなって思って。役者の道に進もうって覚悟を決めました!

――小さい頃から役者の道へ一直線といった感じだったんですね。今まで携わった作品の中で、特に印象に残っている役はありますか?

小牧 特撮シリーズの『騎士竜戦隊リュウソウジャー』が印象に残っています。これはただただ、悔しかった作品の1つ。戦隊シリーズは今まで経験したことのないお芝居だったので、全然求められることに対応できなくて。でも、マネージャーさんからも演技のアドバイスをもらったり、事務所の先輩で特撮シリーズに出演されていた國島直希さんに、5日間付きっきりで稽古をしていただきました。始発から終電まで。どうすればいいのかっていうことに真剣に向き合いました。でも、その苦手分野を経験できたおかげで、考え方が広くなった気がします。もう、なんでも来い! って感じになりましたね(笑)。

――そういう苦手なことに取り組む作業って結構つらいと思うのですが、それでもここまでできる女優業の魅力ってなんですか?

小牧 今の考えなんですけど、結果主義なところですかね。結果が全て。そこに楽しさを感じています。私自身ものすごく負けず嫌いだし、両親からも「何をやるにも中途半端はやめなさい。必ず1位をとってきなさい」っていう教育だったので。

――スパルタ……! でも幼少期からの夢をずっと追いかけ続けていてすごいです。

小牧 なぜか小さい頃から舞台っていうものに魅力を感じてしまったんですよね。役者という仕事にハマっちゃいました(笑)。そもそもが主張の強い自分の性格に合ってるんだと思います。なので、人を支えることは向いてないと思います、たぶん(笑)。

――根っからの女優さんですね! 今後こういう風になりたいといった理想像は?

小牧 品があり凛としていて、繊細なお芝居もできれば大胆なお芝居もできるようになりたいです。見てくださる方にいろんな印象を与えられる役者になりたいですね。

■プロフィール

小牧 那凪(こまき・なな)

'97年6月6日生まれ。埼玉県出身。身長156m。血液型=A型。特技=着付け/ゼンタングル。趣味=映画鑑賞/生き物を眺める。主な出演作に、映画『金沢シャッターガール』(主演)、『劇場版ほんとうにあった怖い話2019〜冬の特別編〜』(第三怖「The Door」主演)、ドラマ『神様のカルテ』などがある。現在配信中のNetflix映画『浅草キッド』では、大泉洋演じる深見千三郎と、柳楽優弥演じるタケシが出会う浅草フランス座の踊り子・サチ役で出演。本人Instagrm= @komaki_nana 更新中。

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/2682)

〈ニュースクランチ編集部〉

関連記事(外部サイト)