ミモザーヌで一番の高身長! 冬公演はもうりさくらのダイナミックさに刮目せよ!!

「世界で通用するパフォーマンス集団」を目指して2019年に旗揚げされた『少女歌劇団ミモザーヌ』。10代の少女たちによる歌と踊りを主体としたレヴューで、新感覚のエンターテインメントの形を実現する彼女らの冬公演『Winter Story』の開催が決定した(大阪公演:2021年12月28日、東京公演:2022年1月9日)。

ミモザーヌのレパートリーは「イン・ザ・ムード」や「ジェリコの戦い」のようなジャズのスタンダードナンバーから、80年代アイドル歌謡を彷彿とさせるキュートなポップソング、時にラテン系、時にはミュージカル風、果ては“ゆかしい旋律”が印象的な和風の楽曲までと実に多様。ダンスにおいても、大勢での演舞からストリートダンス、アクロバティックなものまでさまざまだ。

8月に行なった夏公演『Romance〜恋するように〜』で、潜在的なポテンシャルの高さを見せつけた彼女たちだが、観客を入れた公演を初めて経験したことで見えてきた課題もある。今度の冬公演では、さらに精度の上がったパフォーマンスを見られることだと思う。

また、ミモザーヌの活動期間は「20歳まで」と決められているため、今回の冬公演で最年長メンバーのきくたまことが卒団するのも注目のポイントだ。初の「卒団」という行事がグループ全体にどんな影響を及ぼすか――それも含めて楽しみな公演と言えるだろう。

▲「少女歌劇団ミモザーヌ」もうりさくらインタビュー

夏公演で披露した「MONSTER NIGHT」では、長身を活かしたキレのある動きが印象的だったもうりさくら。真面目でひたむきに努力するタイプの人間が多いミモザーヌの中でも、こと実直かつ手堅い性格の彼女は、1期生の中ではともすれば地味な印象だった。それが夏公演で得た学び、そして目前に迫る敬愛するきくたまことの卒団をきっかけに意識が変わり始めているようだ。この日の取材でも冬公演にかける意気込みを熱っぽく語ってくれた。

■高身長を活かしたダイナミックさと小技のギャップ

――もうすぐ冬公演ですが、夏公演を経ての新たな目標はありますか?

もうり はい。お客さんが入る前は「自分を大きく見せる」というイメージで、“目線は上”にした方がいいっていう意識があったんですけど、実際に夏公演を経験してみると、お客さんって下の方にいはって、そうなると下を見ないといけないなと思いました。そのために猫背気味になっちゃったりもして、まだまだ技術面では未熟だなと思いましたね。

想像したら、お客さんは下にいはるっていうのはわかったはずなのに、それができなくて悔しいというか、伝えきれなかったという思いがあったので、今回は面と向かって気持ちが伝え合えるよう意識して、お客さんと共有するっていうのを大切にしたいなって思います。

――冬公演の準備は進んでいますか?

もうり はい。今、一生懸命に作っている最中です。学業優先で土日しかできないなかで、振り入れとか覚えるスピードも早くなって。

――メンバーはライバルって感じなんでしょうか。

もうり ただのライバルってわけじゃないんです。「あの子に負けたくないな」とか「あの子のほうが上手かも」とかは思ったりするんですけど、年齢差があるので。「私が、あの子の年のときはあんなのできたかな」とか思ったりするので。それよりも一緒に頑張ってるっていう仲間意識があります。お互いを高めあえる関係かなと思ってます。

――自分がミモザーヌに貢献するうえでの強みはなんだと思いますか?

もうり 私はミモザーヌの中で一番背が高くて169.9センチなんですけど、高身長を活かしたダイナミックさを見ていただきたいです。その一方で小技もあって、ヤギのモノマネとか、あと、耳を動かすことができたりとか(笑)。特技っていうほどのことではないんですけど、セルフひざカックンが好きで、ひざカックンを自分でできる(笑)。そういう変な特技があります。

――ミモザーヌの人って、ちょっと笑える要素を持った人が多いんですよね。幕間のMCもさすが関西人だな、と思うし。

もうり そうですね(笑)。でも、私たちが入ったときは、みんな全然喋れなくて。ミーティングやトークレッスンがあるんですけど、広井さんが「河原で喧嘩して仲直りした」とかお題をくれるので、それを聞いて演技するんです。もう、ホント無茶振りがすごくて、みんな泣いてます(笑)。でも、その無茶振りに日頃から慣れておくと……。

――ハートが鍛えられてるわけですね(笑)。

もうり そうです。急に「さくら、なんか面白い話して」って言われるんですよ、みんなの前で。そんなときは一応「はい」って言います。広井さんは「(もしエピソードが)なかったとしても自分で面白い話作れ」っておっしゃるので。「5秒黙ったら放送事故」っていうのを胸に、喋ることもレッスンの一つだよって言葉を守って取り組んでいます。

■不安を「目標の目印」と捉えたい

――「前は人見知りだったんです」っていう人が多いけど、その無茶振りでちゃんとみんな仕上がるんですね(笑)。ミモザーヌは20歳までしかいられないわけですが、もうりさんはあと3年でどんなことを成し遂げたいですか?

もうり 今回、まこっちゃん(きくたまこと)が卒業するわけですけど、今までいてくれたありがたさとかを深く感じてて、今、私がまこっちゃんに対して思ってる気持ちを、私が卒業するときにもみんなに思ってもらいたいなって。ただ「今までありがとう」じゃなくて「今までこんなことをしてくれたんだな」ってわかってもらえるように、今から周りを見て、私ができることをやろうって思いました。私にしかできないこともあると思うんで、それを精いっぱいやっていくってことを目標にしてます。

――下の子たちにとって頼れる先輩になるようにってことですね。もうりさんはミモザーヌをどうしていきたいと思っていますか?

もうり ミモザーヌはまだまだ知名度がないので、まずは私たちがやっていることをたくさんの人に認めてもらえるよう、活動を広めることとか、ミモザーヌっていう劇団をダンスとか歌だけで尊敬してもらえるだけじゃなく、普段の行動――挨拶とか礼儀の面で同じ世代の人たちに「ああいうふうになりたいな」って思われるような劇団にしていきたいですね。

――ミモザーヌをやっていることによって、一人の人間としても成長しているわけですね。

もうり そうですね。学校って、先生とかはいるんですけど、主に同い年の子たちとコミュニケーションを取るじゃないですか。でも、ミモザーヌではマネージャーさんをはじめ大人の方がたくさんいて、普通だったら私たちの年齢だったらできない経験をさせてもらっているので、それを貴重な経験として受け取らせていただいてます。そしてその経験を発信していくのも私たちの役目かなと思っています。

――頼もしいですね。一方で不安に感じていることはありますか?

もうり 不安なことはいつでもあります。「今、この(進捗)状態で公演が無事にうまくいくのかな?」とか「まこちゃんが卒業したあと、大丈夫かな?」とか。でも、その不安をどういうふうに改善していくか、解消するにはどうするべきかっていうのを考えて、不安を「目標の目印」と捉えたいと思っています。そういう意味では、不安も大切にしていきたいですね。

同席していた、しものあやめに「もうりさんはどんな人?」と聞くと「まことちゃんはお母さんみたいなんですけど、さくらちゃんはお姉ちゃんみたいな存在。いつもお世話してもらってます」という答えが返ってきた。家が近いのでレッスンの行き帰りが一緒になることが多いが、そんなとき、もうりはしものが乗る電車の時間を調べてくれたりするそうだ。そんな、もともと面倒見がいい彼女、きくたまことがいなくなることで一層リーダーシップが目覚めてきた模様。特に「不安があるから自分のするべきことがわかる。そういう意味で不安は“目標の目印”」という発言には唸らされた。覚醒した17歳、もうりさくらの今後から目が離せない。

▲「少女歌劇団ミモザーヌ」もうりさくらインタビュー

〈美馬 亜貴子〉

関連記事(外部サイト)