『もしイケ』“伝説のイケメン”役で話題の速水もこみちはプライベートもイケメン

類まれな体躯を活かし、土曜ナイトドラマ『もしも、イケメンだけの高校があったら』(テレビ朝日)で、美男子高校生たちを率いるコーチとして出演し、世間をざわつかせている速水もこみち。マニアの域まで突き詰める仕事のことから、プライベートの趣味まで話を聞いた。

▲『もしイケ』で伝説のイケメン・風間勇気役を演じる速水もこみち

最終回に向けて盛り上がりを見せる『もしも、イケメンだけの高校があったら』、通称・『もしイケ』。「全国選抜高等学校イケメン大会」の常連名門校である美男子高校生だらけの美南学園に、たまたま通うことになった平凡な男子生徒がなぜか選抜メンバーに選ばれ、奮闘する学園ドラマ。

この作品で、生徒役同様に眼福と崇められているのが、彼らを率いるコーチ・風間勇気役の速水もこみち。風間は全盛期の学園を支えた元生徒で“伝説のイケメン”の異名を持つ。演じる速水自身も『ごくせん』第2シリーズに生徒役で出演、ずば抜けたスタイルの良さで話題をさらった国宝級イケメン出身。近年ではプロ級の料理の腕や、膨大な数のアメコミのフィギュア・コレクションなど、俳優業以外でもマルチな才能を発揮している。

「イケメンだけでは生き残れない」と生徒たちを説く風間コーチ。実際にイケメンとして勝ち残ってきた速水が、体験をもとに語る「真のイケメン」とは?

■初めてじゃなかった“伝説の”キャラクター

――「伝説のイケメン」、風間コーチ役をオファーされたときの率直な感想を聞かせてください。

速水 最初にお話をいただいたときは、率直にものすごくうれしかったです。学園ドラマは、僕も昔に経験させてもらったことがありますが、生徒役の俳優さんたちの気合の入り方が違います。現場で皆、キラキラと輝いているんです。そこにまた、僕もチームの一員として加われるんだとワクワクしました。ただ、伝説のイケメン役と聞いて、“自分でいいのかな?”とは思いました。

それでも、『速水さんしかいません!』とスタッフの皆さんから太鼓判を押していただいたので、思いっきり演じようと覚悟を決めました。実はこの前、家を整理していたときに、昔のドラマの現場での写真が出てきたんです。よくよく見てみたら、真っ白いスーツを着て、伝説のホスト役(ドラマ『女帝』)をやっていました。“あれ、伝説?”と引っ掛かっていたのですが、初めてじゃなかったようです(笑)。

――風間コーチを演じるうえで、意識していたことはありますか。

速水 スタッフの皆さんとも話し合ったのですが、今回は台詞がものすごく面白いので、ふざけず、いかに真面目にしっかりと、生徒のみんなに伝えていくかを大切にしていました。もちろんそうでない、少々、遊んだりしている部分もありますが、現場の皆さん、そして生徒役のみんなのテンションに合わせて演じました。

テーマである“イケメン”ですが、皆さん、どうしても外見的なことだと思われてしまうかもしれません。けれど、そうではないんです。“みんな、もっと中身を磨いていけ!”という強い信念を持って、コーチ役を演じさせていただています。あと、台本を読むたびに僕も驚くことばかりで、実はイケメンの上に“真のイケメン”というものがありまして(笑)。勉強になります。

▲台詞が面白いので、ふざけずに真面目にしっかりと伝えていくよう心掛けています

――周囲の反響はどうですか?

速水 ドラマファンで見ている方の評判も当然いいのですが、驚いたのが普段ドラマにあまり興味のない友達まで見てくれているようで、うれしいです。美容室やスーパーで買い物したりしているときなどにも、『見てます。面白いです』と声をかけられることもあって、本当にありがたいです

――面白い台詞が多いですが、印象に残っているものはありますか。

速水 どれも印象的ですけど、例えば、風間自身が自分のことを振り返って、“イケメン”について語るところが何度かあるんですが、それが結構な長台詞なんです。『緊急取調室』で事件の長台詞には慣れているはずなのですが、最初に台本を見たときは“これ、どうやって覚えるんだ”と動揺したことを覚えています。

徐々に慣れてきたある日、台詞に僕自身が体験した過去のエピソードが面白おかしく紛れていて……。どうやらプロデューサーさんにお話したことが引用されていたんです。どうりで僕自身、すんなりと気持ちが入り込めるなと思いました(笑)。

――最終回を目前にして今一番、思い出されることは?

速水 どれも強烈でいっぱいあるのですが、ひとつ選ぶとするなら、みんなと一緒に『面武両道!』(美男学園の校訓)と連呼しながら、士気を高めていた瞬間でしょうか。すごく輝いた笑顔で、みんなが『面武両道』と声を合わせていて、ものすごい一体感を感じていたことを覚えています。

放送では、時間の都合でカットされている部分もあるのですが、みんなアドリブを入れたりしているんです。そういうところも面白かったです。風間としての場面なら、病で急に血を吐くところですね。長時間、口に含んでいたので、なかなか血が落ちなくて大変でした(笑)。

■イケメンだからって良いことばかりではない

――生徒役の10代、20代の子たちとの共演はどうでしたか。

速水 みんなの姿を見ていて、本当に真面目だなと思いました。みんな、いい子なんです。あれだけの人数の男の子たちが集まると、どうしてもふざけてしまうような傾向があるんですけど、それが全くない。きっと座長の細田(佳央太)君が、現場でしっかりとモチベーションを保っていたからなんでしょう。オンオフはしっかり分けて、集中するところは集中して臨んでいました。

カメラが回っていないときに、僕が話しかけることもあれば、みんなから話しかけてくれることもあって、どうやら小学生時代に僕が料理するところを見てくれていたらしく(『MOCO'Sキッチン』)、『料理を始めたいんです』と相談されたり。あとは僕のYouTubeチャンネル(『M's TABLE by Mocomichi Hayami』)を見てくれたみたいで。『Apex Legends』というゲームの話で盛り上がったりしました

――素敵なお兄さんのポジションですね。

速水 僕も本来なら現場にケータリングしたりするので、こういう大変な状況でなければ、何か作って差し入れたかったし、こういう大変な状況でなければ、みんなで一緒にどこかに出かけたりしたかったです。本当にいい雰囲気で、また続編とか、このチームでやれたらいいなと思っているくらいです。風間としては、一度くらい細田君が演じる池田君の家に遊びに行きたかった!

あと、これだけ『選抜イケメン大会出場』を目指しておきながら、どんな大会なのか、全員がその概要をわかっていなかった(笑)。謎のベールに包まれたままなので、いつか本当の大会に出場するまでを見てみたいし、その景色を僕も見てみたいです

――先輩として、彼らにアドバイスするなら?

速水 僕からアドバイスなんてとんでもないです。僕が学園ドラマに出ていた当時のことを思い出して、現場ではとてもうらやましかったです。今はコロナ禍で近い距離で打ち合わせすることは難しいですし、僕らの頃とは違います。ただ、彼らの姿を見ていて、“僕らもこんな風に集中していたな、なんか話し合ってたな”と思い出しました。

僕らは楽屋も一緒だったので、みんなで台本を開いて『ここにギャグを入れたら、面白いかな』とかワイワイ話し合っていました。とはいっても、あの時の僕らは未経験な人たちが多かったんですが、今の俳優さんたちはみんなプロですね。現場でも臨機応変に対応していて、すごかったです。当時の自分だったら考えられないです(笑)。

――イケメンゆえに栄光と挫折を味わってきた風間コーチですが、速水さんは容姿が整い過ぎていたことで、損したことはありますか。

速水 スタイルのことでいえば、身長がすごく高いので、作品が限られてくることもあるんです。作風に合う、合わないとか。昔、初めての時代劇(『柳生武芸帳』)で京都に行ったとき、衣裳に着替えようとしたら、衣裳さんに『こんな背の高い人は、この時代にはおらん。なんでおるん?』と言われたことがありました。自分で自分のことをいうのは憚られますが、良いことばかりではありません。だから今回、この役をいただけて、本当にありがたいし、うれしく思います

――速水さん自身が考える、真のイケメンとは?

速水 イケメンって、パワーワードなので、みんな見た目だと思いがちなんですけど、僕は人によって、好みはさまざまだと思います。それに真のイケメンといえば、やっぱり中身が大切じゃないでしょうか。ドラマの中でも、内側を磨いていくうちに外側、外見にも影響して、磨かれていくという話をしていました

▲真のイケメンはやはり中身が大事!

■「家には包丁が100本くらいあります」

――速水さんは俳優業のほか、料理や最近ではフィギュアのコレクションが有名ですが、理想の仕事の在り方など、考えますか。

速水 ありがたいことに自分の好きなことが仕事にできているんです。最初は料理が好きだったことがきっかけになって、それが仕事につながっていきました。ただ僕は、何かするために好きなことを探したのではなく、本当に子どもの頃から料理もしていたし、アメコミのフィギュアや靴も集めていました。昔はあんまりそういったことを披露していなかったんですけど、今は流れが変わってきて、SNSもあります。披露できる場も増えて、そういうことをやってきて良かったなと思っています

▲ありがたいことに自分の好きなことが仕事にできています

――コロナ渦の自粛期間中、何をしたらいいんだろうと思う方も多いなか、充実していたのではないですか。

速水 いや、結構、外に出るのが好きなので(笑)。家にいるときもありますけど、メリハリをつけて外出もします。買い物に行ったり、何か新しい商品がないか見て回って研究をしたり。でも、以前のように外に食事に行けないつらさはあります。

知り合いには料理をしている人、お店をやっている人もたくさんいるので、大変な事情を聞いても、なかなかお店には行けない。とはいえ、コロナ渦での家の過ごし方は普段の僕の過ごし方とそう変わらなかったかもしれません。そこまできっちりしたものではないですけど、“1日1本、映画を見よう”と心がけて映画を見たり。この時間を使ってレシピを考えようだとか。僕は本来、ゆっくり過ごせないタイプなので、何かしらしていました

――趣味に飽きちゃったりすることはないんですか。

速水 それがないんです。女性からしたら、“そんなのもう、要らないでしょ”と思われるようなものが、男性にはたまらなかったりするので、どんどんエスカレートしていってしまう。スニーカーなどは色違いで欲しかったり、数は正確にわかりませんが、そんなにどうするんだ、というくらいあります。

フィギュアに関しては集め終わってしまった感があって、ちょっと間が開いていたんです。それでも中野ブロードウェイにある「まんだらけ」のようなところに行くと、“なんだ。こんなものもあるのか”と、また集めてしまう。以前、フィギュアの専門家と初めてお会いしたときに『速水さんは業界では知られた存在だったんです。アメコミがこんなにブームになる前から、必ず名前が挙がっていましたよ』とお聞きして、恐縮したことがありました。

料理の道具に関していえば、増える一方で、さらにきりがなくて。今は包丁が100本くらいあります。主に使うのは2本なのに……(笑)。コレクションとしてあるんですが、時々、料理によっては他の包丁を使うこともあります。新しいものを見ると欲しくなるので、物は減りません。女性が季節ごとに新色が出るたび、化粧品を買わずにはいられない感覚と似ているのかも。僕らにはわからない“この色じゃなきゃ”みたいなことが、きっとあると思うので

■最近ハマっているのは…キャラクター入りの入浴剤

――インスタグラムで見たのですが、フィギュアが並んだ趣味部屋が壮観ですね。

速水 空間作りが好きなんです。フィギュアに関していえば、フィギュア同士を闘わせたりはしないですが、フィギュアのポージングひとつで、鮮明にその場面がよみがえってくるんです。一気に映画の感動がぶわっと……ごめんなさい。僕が言ってること、よくわからないですよね!?(笑)

――アメコミの映画に出たい、という思いにはならないんですか。

速水 出られたらありがたい話ですけど、そういったことはあんまり考えたことがないかもしれません。コレクターですから。好きで集めているだけです

――多趣味ですが、今でも趣味は増え続けているんですか?

速水 最近ハマっているのがお風呂です。トレーニングをしているときは一日3回、入っていました。そうでないときも朝夜は必ず1時間は入ります。お風呂が好きで、入浴剤も凝っています。香りが好きなんです。これは料理に通じる部分があるかもしれない。香るもの、それこそリラックスのためのハーブに興味があります。

ちょっと恥ずかしいんですけど、丸いボール状の入浴剤の中にキャラクターが入っていて、お湯の中で次第に溶けて出てくるものがあるんですが、今はあれにハマっています。今朝はトゥイーティーが出てきました(笑)。

――速水さんには、一日24時間では足りないような気がしてきました。

速水 朝は早いですよ。6時には起きています。5時半のときもあります。そこから献立をはじめ、一日のことを考え始めます。休みの日などは、そのまま食材を買いに行きます。築地、豊洲……そしてどこかに朝ごはんを食べに行くこともあります。

そんな感じなので、夜の10時、11時にはこの仕事では考えられないことですけど、動かなくなってしまいます(笑)。10代、20代の頃とは真逆ですね。どこから変わったんだろう。何がきっかけかは覚えていませんが、早起きしているほうが体が動くようになりました。

■がむしゃらに俳優業でという思いだった10代の頃

――10〜20代の頃より、今のほうが充実しているのではないですか。

速水 どうなんだろう。今が一番いいかどうか、僕にもちょっとわかりません。仕事をしていて、“もっとこうすればよかった”“悔しいな、やりたかったな”と思うことは今でも変わらずあって、まだまだつらい思いをすることはたくさんあります。

ただ、10〜20代の頃よりは、いろんな人たちと仕事ができるようになってきたことには感謝しています。やっぱり人との出会いですね。たくさんの人たちと知り合えるようになって、すごく自分のモチベーションにもつながっていますし、おかげで仕事が日々楽しくなってきています

――俳優業での野望はありますか。

速水 最近は、あんまり考えないようにしているんです。それはもう自然な流れ、出会いだから。正直、役をいただけるだけでありがたいです。自然な流れで意識せず、長く続けられたらやっていきたい。

今回のドラマでは、僕より年下の方が多かったのですが、普段は先輩方と一緒のことも多いので、いろんな世代や立場の人の考え方や意見、立ち居振る舞い、姿勢などを垣間見られる現場がとても好きなんです。みんなでひとつの作品を作っていく面白さを気づかせてくれたのが現場です。その気持ちはデビューした頃からずっと変わりません

――これからもいろんな速水さんを見るのが楽しみです。

速水 10代の頃は、がむしゃらに俳優業で、という思いがありました。ただ僕の性格上、あれもやってみたい、これもやってみたいと思ってしまうんです。食事と一緒です。今日は和食、明日はイタリアンと、ひとつに絞れない(笑)。ひとつのことを突き詰めるのも大事なことなんですけど、せっかくなら、いろんな世界を見てみたい。

それで覚悟を決めて、料理をやってみたり、ほかのことを披露するようになっていきました。やってしまったことで、逆に大変になったこともあります。だけど、これまで会えなかったような方にも出会えたりする。そこからまたさらに楽しいことが広がっていく。だから僕としては、結果的にこういう流れで良かったんだと思っています

▲これからもいろんな世界を見て楽しんでいきたい

■プロフィール

速水 もこみち(はやみ・もこみち)

1984年8月10日生まれ、東京都出身。2002年に俳優デビュー。『ごくせん』(05)、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(09)、『働きマン』(07)、大河ドラマ『軍師官兵衛』(14)、『緊急取調室』シリーズ(14〜)、『結婚できないにはワケがある。』(21)など多くの映画やドラマで活躍。特技の料理を生かし、2011〜19年、MOCO’Sキッチンに出演、クッキング関連の著書も多数。2019年からはYouTubeチャンネル「 M`s TABLE 」を開設し、料理やゲーム動画を公開中。

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/2946)

〈山 亜紀〉

関連記事(外部サイト)