間寛平「こんなにアメマがウケたことはない」とお客さんの温かみを実感

2022年の4月1日に創業110周年を迎えた吉本興業。それを記念して4月2日(土)と3日(日)の2日間にわたり、なんばグランド花月で吉本興業創業110周年特別公演『伝説の一日』が開催されている。千穐楽の弐回目に出演した間寛平、大木こだまひびき、天才ピアニストが取材に答えてくれた。

▲取材に応じる天才ピアニスト(竹内、ますみ)、間寛平、大木こだまひびき

■「今日は満員過ぎて途中で足が震えてましたわ」(こだま)

この舞台に立った感想を聞かれた天才ピアニストのますみは「お客さんが近すぎて、ハイタッチできるくらいの距離だった」とお客さんの入り具合に感動。つづけて、大木こだまが「今まではコロナ禍というのもあってお客さんが少ないこともあったけど、今日は満員過ぎて途中で足が震えてましたわ」と感慨深げに答えると、間寛平は「膝悪いんちゃうの?」と切り返し笑いをとった。

第弐回公演の口上で、伝説のギャグ「アメマ」を放った間寛平は「今日はスゴかったよ、お客さんが温かい。こんなにアメマがウケることはない。お客さんあっての吉本ですから」と満足そうに話した。

伝説にまつわる話を聞かれた大木ひびきは、間寛平に「福知山でアメマバッジを売ってきてくれ」と言われたエピソードを披露。それを受けて、アメマバッジを10万個作った、とスケールの大きな話をした間寛平は「アメマバッジをしまっておくためだけに倉庫を2つも借りた……」と苦笑いしながら、当時を振り返った。

吉本新喜劇のGMとなり「僕がメチャクチャなことやってたら、若い子たちのやる気が出た」と手ごたえを感じていた間寛平だったが、看護師経験のあるまさみが血管を触り「水分が足りてないです」と心配したところ、「味がついてないから水は飲まないと」答えて笑いを誘った。

110年間“笑い”を発信し続けてきた吉本興業が、伝統と最新の「笑い」を同時に見せてくれた、まさに「伝説の一日」だ。このイベントの模様は、FANYオンラインで4月11日(販売は4月10日)まで見逃し配信もしているので、自宅からでも「伝説」を楽しむことができる。気になる人は『伝説の一日』ホームページを確認してみよう!

▲吉本興業創業110周年特別公演『伝説の一日』

関連記事(外部サイト)