伝説の先輩たちの背中を追いかけて。もも「夢はNGKのトリと無形文化財」

次にブレイクする若手漫才師といえば、それはももである。今年で結成5年目となる彼らは、今回の『伝説の一日』でネタを披露した、数少ない20代コンビ(他はコウテイと霜降り明星のみ)。実力派の面白い先輩たちがひしめく吉本で、のし上がって行くのは並大抵のことではない。ところが、ももの二人はこの状況を悠々と楽しみながら自身の漫才道をひた走る。次世代の吉本を担うであろう若手きってのホープが、大きな野望を我々に語ってくれた。

■大吉さんから「110周年やけど遅刻顔やろ!」と言われた(笑)

――今日の漫才も大ウケで、余裕を感じました。ももは若いのに、いつも堂々としてますね。

せめる。 いや、テレビ番組とかビビってますよ。劇場はそんなにビビらんというか、なんか楽しんでできますけど。

▲せめる。(もも)

まもる。 劇場は俺らのものを紹介するだけやからな。

――いやいや、テレビでも堂々としてましたよね。しかも『M-1』みたいな大舞台でも(2021年の『M-1』決勝で一回戦敗退したももに、松本人志が「3年後優勝顔やろ」とコメントしたら、まもるが「いや、来年優勝するんで!」と答えた)。

まもる。 意気込みというか、意志表示なので(笑)。

▲まもる。(もも)

せめる。 今日(松本さんの楽屋に)謝りに行ってこいよ(笑)。

――ハハハ。骨があるというか、ハートが強いなって思って。その強さっていうのは、どこから来るものなんでしょうか。

まもる。 相棒を信じてやってるだけです。お互いがお互いを信じてやってるっていうのが一番強いんじゃないですか。その信頼関係のバランスが崩れたらやっぱり強めには出れへんけど、結局どっちかがカバーしてくれるやろ、と思うからいける。

せめる。 でも、あの一瞬だけは、僕はもうどうにもカバーできなかったですね。見た目通りのこと言ってるって思って(笑)。

まもる。 まあまあ、俺もオスやからな(笑)。本能が出たんやろ。

――こうして110周年という吉本の創業イベントに出るってすごいことだと思うんですけど、舞台の感じとかお客さんの反応とか、いかがでしたか? 

まもる。 いいな、やっぱりNGKにお客さんパンパンに入ってるのはいいよな。

せめる。 お祭りみたいな感じじゃないですか。だから余計に楽しかったですね。

まもる。 日頃、寄席とか出させてもらってるけど、それとはちゃうかったな。『M-1』ともちゃうもんな、空気が。出ていったとき温かかったもんな。

▲『伝説の一日』で漫才ができる喜びを噛み締めていた

――吉本には6000人の芸人がいて、今回『伝説の一日』に出られるのは、そのうちのトップ中のトップの人たちですよね。普段あまり会わない東京の芸人さんとかもたくさん来てるし、何か交流というか、勉強させてもらったみたいなのはあったりしますか?

まもる。 僕は基本、袖で人の漫才を見てるんで、勉強はいつもさせてもらってます。この前見てたら、博多華丸さんが「袖で見んと、休憩時間パチンコ行く顔やろ!」ってイジってくれて(笑)。袖で見てて、目が合うだけでイジってくれたりとか、その辺の応用力とかはめっちゃ勉強になりますね。やっぱ余裕があるからできるんやろうなって。

せめる。 今日も着いたときに(博多)大吉さんから「110周年のイベントやけど、遅刻する顔やろ!」って言われてました(笑)。

――若いけど、ここだけは負けないっていうところはありますか?

まもる。 漫才(即答)。漫才です。負けないっす。

せめる。 漫才の形に関しては、たぶん誰もやっていない形をやってると思うので、ダブルツッコミ。ボケがいないという感じの、お互いが普通のこと言い合ってるけど「お前、ちゃうやろ」っていう漫才の形に関しては自信ありますね。

――最初の頃は会話で応酬するだけだったけど、最近はアクションをつけたりしてますね。

まもる。 はい。今年は動きをちょっと入れて。『M-1』で、「あの子らは顔でやる子なんや」っていうイメージができたから、今年は動きも取り入れて「動きでもあいつらやるな」っていうのを、進化を見せれたらいいなと。

――吉本についてお聞きしたいんですけど、巨大で多様な会社じゃないですか。その一員であるということに対して、思うことはありますか?

まもる。 素晴らしいよね。

せめる。 はい。なんかあったら命捨てます。

まもる。 嘘つけ! お前、すぐ逃げる顔やろ! 尻尾巻いて見捨てる顔やろ!

せめる。 お前は鉄砲玉顔やろ!

▲まもる。のスーツの裏地には「笑売人」という言葉が刺繍されている?

■夢は劇場のトリと無形文化財!

――最近は先輩方に「期待しとるで」と言われる機会も増えたんじゃないですか?

まもる。 やっぱ、NGKとか立たしてもらってるっていうのはそういうことやからな。

せめる。 たしかに。『Top of Namba Grand Kagez(やすよ・ともこが主宰する寄席イベント)』とかに……。

まもる。 呼んでもらえてるというのはそういうことやから、それはちゃんと気を引き締めてやらなあかんしな。

――自分たちの中に吉本イズム、吉本芸人らしさを感じるときはありますか?

まもる。 それは後輩に飯奢ってるとき!

せめる。 全額やもんな。えらい!

――軍団みたいな集まりですか?

まもる。 いや、そんなんじゃなくて、前説で来てる子とかに。僕らもまだそんなにはお給料はもらってないですけど、その子らよりはちょっともらえてる。先輩らしく、後輩にはお腹いっぱいになってほしいし、次の舞台も頑張ってほしいので。

せめる。 僕はやっぱり、上下関係が染み付いてるところですね。いまだに先輩とかが来たときには椅子とか座っていても立ちます。

▲言葉の端々から、お笑いに対する真摯な態度が垣間見える二人

――近しい存在の師匠はいますか?

せめる。 お話させていただくのは、ザ・ぼんち師匠。

まもる。 僕は一回、おさむ師匠にタップダンス見てもらって、「基礎、できてるね」って言われました(笑)。

せめる。 ご飯も一緒に行ってたもんな。

まもる。 やっぱ、師匠方の漫才はすごいです。僕、祇園花月でオール阪神・巨人師匠の漫才を見てたときに、袖で思わず「これが漫才か!」て言うてしまいましたもん。すごすぎて。そんなんを全部見て、せめると「ここはこうで……」とかいろいろ研究してます。僕ら、顔ネタ以外でも漫才をやってるんで。今はあんまり披露はしてないですけど。

――隠し玉ですか。

まもる。 ユニットライブとか、俺らのことを本当に知ってくれてる人の前とかでやるくらいですね。

せめる。 今は顔ネタが見たいっていうのが一番強いと思うので、顔ネタに力入れてます。

まもる。 今は全部勉強です。(まもるを見て)ぜひ、板の上で、二人で死ねるようにな。

せめる。 ふふっ(照れ笑い)。

――なんか、めっちゃ仲良くないですか?

まもる。 ああ、仲はええほうやと思います。秘訣があるんですよ。あんまり干渉し合わないこと。

せめる。 ホンマにそうやんな。

まもる。 仲良いし、どんなことでも喋るけど、私生活のことは干渉し合わない。「明日、遊びに行くねん」って言われたときに、「どこに? 誰と?」とか聞かないです、別に。「ああ、そうなんや」くらいで。で、次会ったときに「昨日どうやった?」って聞いて話をする。

――俺を誘えよ、とは思わない?

せめる。&まもる。 思わないです(笑)。

せめる。 一緒に遊ばんからな。

まもる。 もともと、「一緒に遊ばん顔」でしょ(笑)。昼飯にラーメンとかは一緒に行きますけど。

せめる。 たまに「晩飯一緒に行こうか」と言うと断られる(笑)。

まもる。 晩御飯まではちゃうなって(笑)。

せめる。 ちょっと悲しいな。

まもる。 お昼だったらまだ行動範囲がわかるんですけど、夜はもう、それ食べたらあとはどこへ連れて行かれるかわからんので(笑)。

せめる。 どこ連れてかれるかわからんって。そら家帰るよ(笑)。

――ゆくゆくはどういう芸人になっていきたいとか、理想はありますか?

まもる。 あります。

せめる。 僕は無形文化財になりたいです。

――それはすごい野望ですね。

せめる。 僕は夢路いとし・喜味こいし師匠が好きなんですけど、師匠方が大阪無形文化財に選ばれたということで、僕も最終目標はそこ。賞レースとかはそこにいくにあたっての通過点という感じですね。

まもる。 僕はNGKのトリ。それでNGKの正面入り口のところに看板飾られるのが夢です。やっぱ、関西から日本に認められたいな。漫才の価値観をもっと上げたいし、上げられると思うし。今は、いろんなお笑いの形があるけど、結局の根本はやっぱり漫才やから。

▲インタビュー中も漫才を見ているかのような軽妙なやり取りだった

110年間“笑い”を発信し続けてきた吉本興業が、伝統と最新の「笑い」を同時に見せてくれた、まさに「伝説の一日」となったイベントの模様は、FANYオンラインで4月11日(販売は4月10日)まで見逃し配信をしているので、今からでも「伝説」を楽しむことができる。気になる人は『伝説の一日』ホームページを確認してみよう!

関連記事(外部サイト)