「お前は絵を習うな」明石家さんまからジミー大西へのアドバイス

こちらが想像だにしない破壊力満点のボケで、老若男女から親しまれている芸人・ジミー大西。彼がお笑いと同じぐらい熱をもって取り組み、世界中の人々から評価されているのが画業である。

その画業が、今年30年を迎えることを記念して、彼が世界を放浪中に描いた作品、初期作や未発表作を含めた100点以上の作品を展示する、集大成ともいえる全国巡回展「POP OUT」が現在開催中(東京会場は、銀座三越で2022年4月27日〜5月9日まで)だ。画業を始めたきっかけから、“ジミー”の名前の名付け親でもある明石家さんまからの金言、そして今後の目標まで話を聞いた。

■配色はキャッチャーの配給に似ている

――画業30周年おめでとうございます。改めて、ジミーさんが絵を描くことになったきっかけを教えてください。

ジミー大西(以下、ジミー) さんまさんの運転手をしている頃、娘のIMALUちゃんと絵を描いて遊んでたんです。それを見たさんまさんが「お前、変わった絵を描くな〜、紳助が番組やってるから言うといたるわ」って。EXテレビという番組で、芸能人が絵を描いて、それを視聴者の方が競り落とす、という企画だったんですが、さんまさんが「周りはうまい人ばかりやから、僕だけ売れませんでしたってオチ要員でええやろ」って。

――その絵に高値がついたんですよね。

ジミー はい、33万円の値がついてびっくりしました。でも、もっとびっくりしたのは、それを見ていた岡本太郎さんからお手紙をいただいたこと。そこには「キャンバスからはみ出せ」って書いてあったんです。

――ジミーさん自身は、その言葉をどういうふうに受け取ったのでしょう?

ジミー 太郎さんに見せる絵を描くために、インドへ行っている最中に亡くなってしまわれたので、残念ながら直接お会いすることはできなかったのですが、パートナーだった岡本敏子さんには、その後も良くしていただいたんです。敏子さんは「太郎は、あなたの絵をいつも楽しそうな顔で見ていたわよ」っておっしゃってて。

「キャンバスからはみ出せ」って言葉を、どういう意図で言ってくださったかはわからないのですが、僕にとってずっと大事な言葉ですし、画業をやっていこう、という大きな自信になった言葉ですね。

――ジミーさんの絵は色彩感覚が豊かで、絵のことがわからない人でも楽しめるし、実際に画家の方に聞くと、セオリーを通りじゃないからすごいと口を揃えて言います。

ジミー 最初にひとつ色を決めて塗って、次にその隣に自分が合うと思う色を塗って、という形で全ての配色を作り上げていくんです。赤の横に紫を置くと、あまり目立たないな、とか考えながら。昔はわかりやすい色で塗っていたけど、最近は中間色も使ってます。野村克也さんが昔「配球は組み立て」と言っているのを見て、僕の絵もそれに近いな、と思いました。

――型にはまらない、そんな描き方を岡本太郎さんは見抜いていたのかもしれませんね。

ジミー そもそも、僕の絵って完成形が自分の中で決まっているわけじゃないから、自分が完成だ、と思わないと完成しない。色をおいたその上からまた色を足して、とかやっちゃうから、締切があるときは、吉本の社員さんとかは苦い顔してますよ(笑)。

■絵を描いたらみんなが褒めてくれる

――芸能活動を休止して、96年にスペインに渡ります。芸能活動を続けながら、ということは考えられなかったのでしょうか?

ジミー 器用なほうではないので、当時は頭の切り替えがうまくいかなくて、頭の中がごちゃごちゃになってしまったんです。だから、芸人と絵、どっちかに絞らないといけないなと。それで画家に絞ろうと思って、さんまさんに相談したら「レギュラー番組もあるから1年は芸人を続けろ、それでも画家になりたかったら海外に行くなり、好きにしたらええやん」って言わはって。

スペインに行くときも「お前は絵を習うなよ」「いろいろなものを見ると真似しちゃうから、見るなら好きなひとつの美術館に絞れよ」って言ってくれて。もともと、うまくはないんだから変にうまくなろうとはせずに、人間を高めなさいと言われました。

――スペインをはじめ、マルタ島やそのほかにも海外のいろいろな所に行かれてますよね。それぞれに思い出はあると思いますが、ジミーさんが一番印象に残っている場所はどこですか?

ジミー スペインのバルセロナですね。もともと、太郎さんがパブロ・ピカソの絵を見て涙した、という話を聞いていたので、ピカソの絵を見たくてスペインに行ったんですが、ピカソはもちろん、アントニ・ガウディにすごく感銘を受けたんです。

――ジミーさんの琴線に触れた部分は、どこなんでしょう?

ジミー ガウディの建築は芸術としてすごい、というのはもちろんなんですが、生活の一部として住んでいる人たちの役に立っている、というところもすごいなと思って。もともとは絵だけだったんですが、ガウディに出会って立体もやってみたいな、と思うようになりました。

――今回の個展では未発表作を含め、100点以上の作品が展示されます。ジミーさんにとって絵を描くことの喜び、とはどういうことでしょうか?

ジミー みんながすごく褒めてくれること、かもしれないですね。特に今、僕の周りにいるスタッフの人たちがノセるのがうまいんですよ、「すごいですね! ジミーさん!」って(笑)。これまでの人生で、僕が喜ぶことで、周りの人も喜んでくれることってなかなかなかったので、褒めてもらいたいからやっている、というのは大きいと思います。

あとは、海外に住んでいる頃に描いた作品で、バスが出てくる絵があるんですけど、それがもう今は廃止されて走ってない、と聞かされたときに、絵の中だと残り続けるなと思いました。

さんま「人を楽しませることを時給換算したらアカン」ジミー大西への金言 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/3129 )

ジミー大西 画業30年記念作品展『POP OUT』( https://jimmy-onishi.art/ )

関連記事(外部サイト)