B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」ライブレポ

■まさかのMCなしのノンストップライブ!

春の恒例ライブBOLTSPRING 2022 & 「POP」ONE MAN LIVE Revival(略称・ボルスプ)の大盛況からまだ1か月ちょっとしか経っていないのに、もうB.O.L.Tは次の一歩を踏み出していた。

しっかりとボルスプで春を締めくくってみせたばかり、まだ夏というには早すぎる。5月28日に開幕するツアーはどういう位置付けになるのだろうか? そう思ってツアータイトルを見ると「Early Summer Tour2022」と書かれていた。なるほど。春でも夏でもない季節だけど、そういう表現の仕方があったか。

ところが、面白いことにツアーの開幕日に合わせて、関東地方は季節外れの猛暑に見舞われた。Tシャツ1枚じゃないと暑くて外を歩けないほどの陽気。B.O.L.Tは2か月ほど早く真夏を呼びこんでしまったようだ。

メインタイトルは『RE;B.O.L.T』。こちらもいろんな意味にとれる表記だ。いま一度、原点回帰するようにも読めるし、ボルスプを終えて、もう再充電が済みましたともとれる。ボルスプが1年の起点、もしくは集大成と考えたら、このライブはとても重要なものとなってくる。

ロケットスタートでライブは幕を開けた。すべての楽曲が直結している。つまり、歌い終わった瞬間に、もう次の曲のイントロがカットインしてくる形式。ポンポンポンと5曲目まで歌い終えたところで、シンプルな自己紹介があったが、その間もずっと音は鳴り続いていて、自己紹介の流れでスーッと次の楽曲へと入っていく。

▲ファンに手を振る高井千帆

まさかまさかと思っていたら、ライブはMCなしのノンストップで進んでいった。MCはないけれども「次の曲は撮影可能です!」といった説明や煽りはいつものように入れていく。すべての楽曲が直結しているので、それはイントロで消化せねばならず、ノンストップの難易度はさらにあがる。

▲ライブ中、充実の表情を見せてくれた内藤るな

終わってみれば、本編は約55分。最後はステージが暗転して、そのままメンバーの姿も消えた(もちろんアンコールもあり、トータルでは約1時間半のショーとなった)。それだけの時間をほぼノンストップでパフォーマンスする、と聞いたら、メンバーはみんな汗だくでヘロヘロになっていました、という図を想像してしまうかもしれないが、けっして、そんな感じではなかった。初夏の爽やかさ、なんなら涼しげさすら感じさせてくれるステージだったのだ。

▲ノンストップでパフォーマンスをするB.O.L.T

■印象的なパフォーマンスを見せた白浜あやと青山菜花

特に印象的だったのは、白浜あやの「存在感」である。最初は気のせいかな、と思っていたのだが、なんだか彼女がステージ上で大きく見えたのだ。もっと言えば大人っぽく見えた。終演後に楽屋で挨拶をしたら、いつものような幼い表情だったので、やはりステージ上での“見え方”は気のせいではなく、特別なものだったらしい。

▲ステージ上で「存在感」をみせた白浜あや

歌っているときの半分以上の時間が満面の笑顔だった青山菜花の佇まいもまた、印象的だった。二人に通じて言えるのは、いい意味で肩の力が抜けているな、というふうに感じたこと。ガッチガチに緊張していたら、とても55分ノンストップでのびのびとしたパフォーマンスはできないし、終始、最高のスマイルを浮かべることだって難しい。

▲のびのびとしたパフォーマンスを披露した青山菜花

そういったアクションがごくごく自然に、それも自分たちがステージの真ん中に立っているときよりも、内藤るなと高井千帆が歌っているパートのとき、両サイドで踊っている姿がとても頼もしく見えて、思わず目を奪われてしまった。

結成当初は「大人が2人に、こどもが2人」というアンバランスさが面白みにもなっていたのだが、昨年、白浜あやと青山菜花が中学生になったあたりから、グループ全体のバランスが非常に整ってきた感じが強い。ある意味、中学生コンビの成長が続いていく限り、このグループは常に形を変えていくことになるわけなのだが……本当にこの日はハッとさせられまくりだった。

春から夏のワンシーズンどころか、春から初夏への季節の変わり目の途中だというのに、もう目を見張るほどの成長を遂げているのだから驚きだ。こういう時期をリアルタイムで目撃できることもアイドルを応援する楽しさのひとつ。そう、今このタイミングでB.O.L.Tを見始めたら、かなり面白いものを長期に渡って見続けることができるはず。まだ見たことがない、という方にはオススメのタイミングである。

5月28日に品川プリンスホテル・クラブeXにて幕を開けた『RE;B.O.L.T』ツアーは、このあと大阪・宮城・愛知を巡る旅に出る。8月10日にリリースされる1st EP『Weather』に収録される新曲も織り交ぜてのセットリストは、フレッシュさもたっぷり。もしお近くにB.O.L.Tがやってきた際には、会場に足を運んでみてはいかがだろうか?

そしてツアーファイナルには再び東京に戻ってくる。その日付けは7月15日。彼女たちが大事にしている結成記念日だ。今年は土日に引っかからなかったため、金曜日の夜の開催。普通であればスライドして週末に開催するところだが、彼女たちは日付を重視した。3周年記念とツアーファイナルのWメモリアル。その日まで初夏の日本列島を、B.O.L.Tは全力かつ爽やかに疾走する。

B.O.L.T オフィシャルサイト( https://www.sdp-bolt.jp/ )

B.O.L.T_Official YouTube Channel( https://www.youtube.com/channel/UCNsGYZjlivJYZdbxqrR-26g )

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/3227)

〈小島 和宏〉

関連記事(外部サイト)