「キングコング西野さんが…」ブロキャス房野が歴史芸人になったキッカケ

歴史好き芸人として、さまざまなメディアで活躍し、書籍も多く出版しているブロードキャスト!!の房野史典。NHK総合の『歴史探偵』でもおなじみの歴史研究家・作家の河合敦との共著『面白すぎる!日本史の授業――超現代語訳×最新歴史研究で学びなおす』が出版され、話題となっている。

これまで彼が出版してきた日本史にまつわる書籍とは違う点、そもそも歴史好き芸人として活動することになったキッカケ、そして注目しておくべき歴史上の人物や歴史マンガなど、多角的に聞きました!

■これまでの著作と違うところは「通史」

――これまでも、『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』や『13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう。』など、さまざまな角度から日本史に関する著作を発表してきた房野さんですが、河合敦さんとの共著となる『面白すぎる!日本史の授業――超現代語訳×最新歴史研究で学びなおす』を出版することになったキッカケはなんだったんですか?

房野 『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』が最初の著作だったんですが、その出版のタイミングで河合先生と対談させていただいたことがありまして、もともと大ファンだったもので非常にうれしかったんですが、そのウェブ記事を読んだあさ出版の方から「ぜひ房野さんと河合先生の共著で」とご連絡いただきまして、それがキッカケでしたね。

――今作がこれまでの著作と違うところは、共著であること以外にもありますか?

房野 通史を扱ったことですね。これまでは戦国時代や幕末と、ある程度絞ったテーマで書いていたんですが、今回の本を作るにあたって、編集の方にリクエストされたのが「古代から幕末のラストまでで、河合さんと房野さんでいくつかトピックを選んでもらい、そこから選別したテーマを、河合さん房野さんそれぞれの視点で書いていただきたい」ということだったんです。それを聞いて、“うおー、これは来たな!”と(笑)。

――というのは?

房野 僕自身、すごく興味があってインプットがある程度できている時代もあれば、その時点でインプットが済んでいない、少し知識がまだらな時代もあるわけです(笑)。だから、とりあえず通史を一度ざっと勉強して、そこから更にこの本で扱ってみたいトピックを洗い出す。インプットとアウトプットを並行していった感じですね。

――なるほど。それだけの労力や時間がかかっただろうな、というのが伝わってきました。

房野 本当ですか? よかったです。

――往復書簡のような作りになっているから、ひとつのテーマでも、房野さんの柔らかいけど深くて面白い切り口があって、そこをあとに続く河合さんのテキストで補足して説明したり、“房野さん、それは言い過ぎでは?”みたいなツッコミもあって、非常に楽しく読みました。

房野 本当に、河合先生がいてくださってこその書籍というか、僕以上に先生は大変だったと思いますし、コントロールの悪い投手の球を全部受け止めてくれるキャッチャーみたいに信頼していました。

――テーマの選定はどのように行ったんですか?

房野 僕と先生で出したテーマに、編集部の方の“ここは扱ってほしい”という意見を集約した感じです。僕と河合先生の出したテーマは、カブるところもあれば、そうじゃないところもあって。なので、僕ひとりで書くんだったら取り上げないようなところも、この本では触れられたのでよかったですね。ただ、僕から書き始めるような構成になっていて……、結果的にすごくよかったんですけど、“あ、これかなり責任重大だな”って思いました(笑)。

――日本史は学校の勉強でしか触れてこなかったのですが、それでも単純に人間ドラマとしてすごく楽しく読みました。

房野 ありがとうございます、うれしいです。

■歴史好き芸人のきっかけは山口トンボとキングコング西野

――個人的には、お笑いが好きなので、ブロードキャスト!!さんといえば、どこに行ってもしっかりウケる漫才と、ライブのMCも出演者全員にオイシイところを作ってあげる、そんな八面六臂な活躍を見せるブロキャスのお二人を見てきたわけなんですが……。

房野 あははは! うれしいですけど、本当そう言ってくださる方に会えるのは時々です(笑)。

――そもそも、房野さんが日本史好きの芸人を打ち出していったのは、どういう経緯だったんですか?

房野 先ほど、ありがたいことを言ってくださったんですけど、自分の中ではずっと鳴かず飛ばずって感じだったんです。たしかに、当時は若手のなかでも人気があって、ランキング制のライブでも上のほうにはいるけど、全国放送のテレビには出ていない。営業はそこそこあって食えているし、吉本の芸人というカテゴリーの仕事はたくさんもらえているけど、こんなものいつか絶対に先細っていく、と思っていたんです。

――AGE AGE LIVE全盛期とかですかね。

房野 まさにそうですね、人気はあるけど、この先どうしようかなって考えているときに、僕が前からよく話したり相談していた、山口トンボという放送作家がいて。今はカジサックのYouTubeの作家で、動画にも出てますけど。

――元けんだまの山口さんですね。

房野 よくご存知で(笑)。そう、元芸人で、名古屋よしもとで僕と同期なんですよ。前から一方的に相談していたんですけど、そのときはさっき言ったみたいなことを踏まえて、“この先どうしたらいいかわからない”って相談したんですね。そしたらトンボが「どうすればいいかはわからないけど、房野は何かを解釈したり、説明したりする能力はすごく高いなって思ってるよ」と言ってくれて、でも自覚はなかったんです。

そしたらトンボが続けて、「俺が作家やってて、房野がMCをやるライブがあるけど、ゲームコーナーのルールを噛み砕いてお客さんに伝えてくれるから、すごく助かってる」って具体的に話してくれたんで、たしかに、自分の強みって自分ではなかなか気づかないものなんだなって。

――でも、トンボさんの言う通りだと思います、僕も本当にブロキャスさんがMCのときは、とても見やすかった。

房野 ありがとうございます(笑)。個人的には自分でMCやりながら“あれ、俺、いま何を説明してんだっけ?”って、見失いながらやってたことも多かったんですけどね(笑)。

――え、そうだったんですか?

房野 はい、実は(笑)。ただ、それが強みに見えているのはわかったけど、じゃあ“どうしたらいいか”ってのはよくわからなくて。そしたらまた別の機会に、今度はトンボと、キングコングの西野さんと飲む機会があって。そのときに、トンボが「房野がこういう悩みがあって、僕は房野のこういうところが優れてると思うんです」「でも、房野も僕も、それをどう活かせばいいかわかんないんです」って、軽くプレゼンしてくれたんです。

そしたら、西野さんが「じゃあ、その噛み砕くうまさを文章で残そうよ」って言ってくださって。正直、当時はブログやってる芸人も多かったんですけど、僕は本腰入れてやってなくて、文章を書くってのが頭になかったんですね。

――なるほど、それを西野さんが導いてくださった、という。

房野 はい。もともと本を読むことは好きだったけど、書くということに頭がいってなかった。でもたしかに、コンビとしての活動って、すごく楽しいしやりがいもあるけど、配信が当たり前ではない時代だったんで、アーカイブも残らないんですよね。その頃、ちょうどFacebookが流行り始めていたんで、試しに当時やっていたライブで披露していた「応仁の乱」の話を文章にして、Facebookに上げてみたんです。

そしたら、すぐに西野さんが「これは面白い!」って言ってくれて、そこから僕のことを知らなかった人も知ってくれて、幻冬舎の方が興味を持ってくれて……って感じですね。トンボと西野さんが言ってくれなかったら、こうやって好きな日本史で仕事をもらったり、本を出したりすることもなかったと思うので、本当に感謝しています。

■好きなことをここまで続けてこれた理由

――房野さんにお聞きしたかったんですが、好きなことを仕事にするって、どういうことなのかって思うことがあって、房野さんの場合は好きなお笑いを仕事にして、楽しいこともツラいこともあったと思うんですけど、ここまで続けてこられた理由はなんだと思いますか?

房野 これ、先輩から言われたことなんですが、やっぱり卵が先か鶏が先か、みたいなことと同じで、好きでやっているのか、それとも褒められるから自分はコレが得意なんだと思って好きになるのか。僕の場合、もちろんお笑いは好きだったんですけど、初めて相方と舞台に立ったときのネタがウケたんです。それはすごく大きいなと思うんですね。

――それはたしかに忘れられないかもしれませんね。

房野 小さい頃から「お笑い芸人になるぞ!」という子どもではなかったんです、もしかしてそういう熱い想いがあったら、一番最初の舞台でスベってたら辞めてたかもしれない。文筆業もそうですね、書くごとに褒めていただくことが多かったんですけど、これも全然ダメって言われてたら、辞めてるでしょうね。

今も絶賛書いてるところなんですけど、本当めちゃくちゃ没頭しちゃうんですよ。それですごく悩んじゃうんですけど、でも苦しいことより、楽しいことのほうが勝つから続けているんだと思います。

――なるほど、やはり好きなことを仕事にすると、ツラいことがあっても、圧倒的に楽しいことのほうが勝つってことですね。

房野 そうだと思います、ツラいときは本当にツラいですけどね(笑)。

――この本を読んでいて感じるのは、文章が全て房野さんの話し言葉で再生されることです。それって難しいし、あまり過ぎてしまうと、文章自体が軽くなってしまう。だから、すごくいいバランスで書かれているし、たぶん普段の言葉遣いが上品なんだろうなって感じました。

房野 それはすっごくうれしいですね。同じことを幻冬舎の袖山さんにも言われたんですけど……その褒めていただいたところだけ、大きな文字で赤字で使ってもらっていいですか? 僕のこれまでの言葉とかどうでもいいんで。

――あははははは!(笑) でも、こういう歴史の本だと、どうやって歴史や日本史に興味がない人を振り向かせるか、の勝負な気がしていて。

房野 あ、でもそれで言うと、僕はもうそこをあまり意識しないようにしているというか、意識し過ぎると見えなくなりがちなところを注意して見ているかもしれないです。

――具体的に言うと、どういうことですか?

房野 自分が歴史が好きな子どもだった頃に、出てくる言葉や扱う出来事のハードルが高かった歴史本がたくさんあったんですね。それは自分がその後、歴史が好きになったから今となっては理解できるけど、そのわからない1冊の本で興味がなくなってしまうかもしれない。

だから、自分が書くときに、言葉も当たり前に書くんじゃなくて「もしかしたら将軍って普通に書いているけど、わからない人もいるかもしれないな」って、毎回立ち返って考えてますね。

――たしかに、好きであればあるほど気づきにくくなるところですね。

房野 あと、技術的なことで言うと、削る所と引き伸ばす所のポイントがわかるようになってきたかもしれません。ここの説明は歴史的にはいろいろあったところだけれど、すっ飛ばしても意味は通じるな、とか。もしここを深掘りしていくと、ライトな読者は離れていくな、というところを気づいて飛ばせるかどうか。それも、歴史好きな自分と、ライトな歴史好きに向けての戦いではあるんですけど。

やっぱり、自分が好きなところは語りたくなるんですよ(笑)。でも、そこをどれだけ我慢してスッキリ紹介できるか。逆に、ほかの歴史本は取り上げてないけど、僕個人は面白いと思っているところはきちんと紹介する。そのバランスはいつも気をつけています。

■歴史好き芸人がオススメする歴史マンガ

――日本史の先生のお話を聞いているような気持ちになってきました(笑)。でも大事ですよね。これからの季節、夏休みに入って、新たに日本史を勉強し直そうとか、自由研究で日本史を取り上げようと思う方もいるかも知れませんが、そういう方にオススメの時代はありますか?

房野 やはり、『鎌倉殿の13人』の舞台になっている、平安末期から鎌倉時代から入るのが、今は敷居が低いですよね。『鬼滅の刃』が大きなブームになっているときは、鬼殺隊って十二支がモチーフになっているけど、実は十二支って、十二支と十干(じっかん)で60通りあるんだよ、って感じで話題をつなぎやすいんですよ。やはりタイムリーなもの、少しでも興味があるもので触れてほしいなって思います。

――なるほど、たしかにそれだと敷居が低いですよね。

房野 よく、お子さんに日本史を好きになってもらうには?って相談も受けるんですけど、僕は「無理に好きになってもらわなくても大丈夫ですよ」って答えます(笑)。

――えっ! 本当ですか?

房野 別に突き放しているわけじゃなくて、嫌いなものを好きにならせるって相当難しいですから。それよりも、僕だったら“知っておくことは無駄なことじゃないよ”って伝えます。たとえ日本史が嫌いでも、聖徳太子がこんな人間で、こういう考えを持っていて……という知識は、会話や生きていくなかで必ず役に立つと思ってるんです。

“昔のことだし、自分には関係ないよね”で切り捨てるんじゃなくて、歴史を知っておくことで、今の時代の出来事にも当てはめることができる。例えば、会社勤めのなかで理不尽なことが起こっても、でも“あの時代にあの人はああ言ってたし、最終的には痛い目みたよな”って置き換えることで、自分の為にもなるんです。

――たしかに、ビジネス書とか自己啓発系の本には、よく歴史の例え話が出てくるイメージがあります。

房野 そうなんです。だから基礎知識として知っておいたほうがいい。

――これまでいろいろなテーマで書かれてきた房野さんですが、「好きな時代やテーマで書いていいよ」と言われたら、どこを書きたいとかありますか?

房野 それで言うと、ありがたいことに、その時その時に書きたいことを書かせていただいているな、と感じています。ただ、ずっと興味があるのは“最初の戦国大名”と言われる北条早雲ですね。僕の地元の岡山県井原市に深く関わってる武将というのもあるんですが、教科書ではだいたい1〜2行で紹介が終わっちゃう存在でありながら、諸説があって面白い人物です。

近年研究も進んでいるので注目していたんですが、『ビッグコミックスピリッツ』でゆうきまさみ先生が早雲を主人公にした『新九郎、奔る!』という漫画を連載されていて、先を越されたな〜って(笑)。

――(笑)。

房野 それは冗談ですけど、この漫画が本当に面白くて、しかもきちんと近年の研究が進んでいる定説をしっかりと取り入れていて、見事だなと思います。『鎌倉殿の13人』を見ていても感じるのですが、きちんと史実に基づきながら、史実でわかり得ない部分で、いかに見るものの興味を引くかだなって思いました。

――たしかに、『鎌倉殿の13人』の盛り上がりは、日本史に明るくない人々も巻き込んでいますが、そういうところが魅力なのかもしれませんね。

房野 ですね。『週刊少年ジャンプ』で連載されている、『暗殺教室』で有名な松井優征先生の『逃げ上手の若君』もそうです。これは北条時行を主人公にしていますが、連載が始まったときは歴史好きのあいだでは“これをジャンプでやるんだ!?”って、ザワっとしたんですよ。だって、北条時行って高校の教科書でも出てくるか出てこないかくらいの人物なんです。

――へえ〜! でも、それを知らずに面白い漫画として読んでました。

房野 はい、面白いんですよ、それがすごいなって思います。だから、日本史って知れば知るほど面白いし、背景を知っておくと楽しめるコンテンツが増えると思います。

――見聞を広げるって大事だと改めて思いました。最後に、今後の房野さんの展望をお聞きしたいのですが。

房野 文章はこれからもずっと書いていきたいなと思ってますし、その時その時で日本史のなかでの自分の興味も変わっていくので、飽きるってことが無いんですよね。あと、ありがたいことに子どもに携わる仕事をいただく機会が多くて、そこで改めて、自分の中の“次世代に歴史の面白さを伝えていきたい”という気持ちが強いことに気づきました。自分の文章をきっかけに、歴史、日本史が好きになったらうれしいなと思います。

■プロフィール

房野 史典(ぼうの・ふみのり)

1980年岡山県生まれ。名古屋学院大学卒業。お笑いコンビ「ブロードキャスト!!」のツッコミ担当。無類の戦国好きで、歴史好き芸人ユニット「ロクモンジャー」を結成するなど、意欲的に歴史普及活動を行っている。子どもたちに歴史の面白さを教える授業(YouTube『STUDY FREAK』など)も好評で、歴史専門家からの信頼も厚い。著書に『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』『笑えて、泣けて、するする頭に入る 超現代語訳 幕末物語』『13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう。』(幻冬舎刊)、『時空を超えて面白い! 戦国武将の超絶カッコいい話』(三笠書房刊)がある。Twitter: @broadbouno

関連記事(外部サイト)