「千鳥・ノブが100万円出資した理由」スーパー野田ゲーWORLD発表会見

お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルが総監督を務める、Nintendo Switch用ソフト『スーパー野田ゲーWORLD』が7月28日にリリース。発売を記念した記者会見が東京・ヨシモト∞ホールで行われ、野田のほか、相方の村上。そして、囲碁将棋、すゑひろがりず、ガーリィレコードの芸人仲間、さらに吉本興業によるeスポーツプロチーム「よしもとゲーミング」からプロゲーマーのふぇぐ、Keisuke3、きょうまの3名が出席した。進行はゲーマーもである田口尚平アナウンサーが務めた。

■先月の時点で11月発売と言われていた

昨年5月に発売され、約10万本の販売を記録した前作『スーパー野田ゲーPARTY』の第2弾となる『スーパー野田ゲーWORLD』。前作に引き続き、資金も素材もクラウドファンディングで調達。前作の3倍以上、約4,245万円の出資額を集め、5,254人もの出資者から寄せられた3,000点以上の素材を活かしてゲームを開発。

さらに今作では、人気お笑いコンビの千鳥・ノブ、AKRacing社、Cygames社が100万円以上を出資し、出資者をモチーフにしたゲームを制作。アクションゲーム「信 〜NOBU〜」、ゲーミングチェアを使ったレーシングゲーム「Ashi Kogi Racing」、イカサマありのカードゲーム「邪道バース」など、話題作が目白押しとなっている。

前作との大きな違いは、ゲームによっては20人同時にオンライン対戦が可能になり、遠くにいる友人と野田ゲーで一緒に遊ぶことができる、そして世界ランキング。まさに『スーパー野田ゲーWORLD』の名にふさわしい仕上がりとなっている。

会見は、まず野田が「発売できたことがうれしいです。クラウドファンディングやCygames、AKRacingといった企業の皆様の協力がプレッシャーで、中途半端なゲームは作れないぞと思ったんです。『おたけさいこっちょーゲーム』〔前作にも収録された ジャングルポケットのおたけが持ちネタのフレーズ「さいこっちょー(最高)」「さいてっちょー(最低)」のどちらを繰り出すのか、2択形式で当て続けるゲーム〕レベルのゲームはさすがに作れない。実は、先月の時点では発売が11月になりそうだとなったんですが、カタチとして発売に持っていくことができました」とコメント。

次に、相方の村上、囲碁将棋、すゑひろがりず、ガーリィレコードが登場し、実際にゲームをプレイ。オンラインで最大20人同時プレイができる「みんなのつり革」、某爆弾を使ったゲームに良く似ている「将棋III」、16連射でおなじみの高橋名人が登場する「The 連射」をみんなでプレイ。

「みんなのつり革」では、野田がリアルタイムでTwitterで参加者を募り、実際に見知らぬプレイヤーと出演者が競い、負けた野田が「テストプレイでほとんど負けたことないのに」と全国のプレイヤーの腕前に舌を巻く一幕も。

■千鳥・ノブさんが100万出資した理由

さらに、本格スマホカードバトルShadowverse(シャドウバース)をモチーフにした、イカサマありのカードゲーム「邪道バース」では、実際に「シャドウバース」の大会で活躍するeスポーツプロチーム「よしもとゲーミング」のプロゲーマー、ふぇぐ、Keisuke3、きょうまの3名が体験。プロゲーマーも夢中になるほどのクオリティで、野田も満足そうな表情を浮かべていた。

▲「邪道バース」のタイトルロゴもShadowverse(シャドウバース)そっくり

野田は『スーパー野田ゲーWORLD』について「僕の中のコント集。松本さんの『VISUALBUM』(松本人志が企画・構成した映像作品)みたいな」と集大成だと胸を張り、「日本一、人数が関わったゲームだと思います。まじで、出資者あざす!」と独特の表現でクラウドファンディングの出資者たちに感謝を述べた。

また、千鳥・ノブが出資した経緯について聞かれ「ノブさんのお子さんが前作の『野田ゲー』をやってくれていると聞いて、直談判したら高確率でお金を出してくれるだろうと。前作で、すゑひろがりずが100万円出資してくれましたよ、と伝えたら、ノブさんがかかっちゃいまして“100万円出すよ”と」エピソードを明かした。

また、そのノブをモチーフにしたゲームが魔界村に似ていることから「カプコンさんに“大丈夫ですか?”と確認したら“大丈夫です”と。さまざまな企業の方の好意で成り立ってます」と話した。

公式サイトでは懐かしのBBSを設置。バグ報告のカキコを募る場面も。記者から現時点で報告されているバグについて問われると「数え切れないくらい。ただ8月には大きなアップデートを予定しているので、そこでバグは修正されるかと。さらにバグじゃないんですが、「将棋III」に制限時間を設けるのを忘れまして。(決着がつかなかったら)自分で空気読んで負けてください」と呼びかける場面もあった。

<商品概要>
『スーパー野田ゲーWORLD』
プラットフォーム:Nintedo Switch
配信開始日:2022年7月28日(木)
希望小売価格:1600円(税込)
プレイ人数:1〜4人(インターネット通信:2〜20人)
プレイモード:TVモード、テーブルモード、携帯モード
公式サイト: https://super-nodage.com/world/
公式Twitter: https://twitter.com/nodaparty

関連記事(外部サイト)