「次は武道館!」ロックバンド・おとぎ話が初の日比谷野音に掛ける気持ち

有馬和樹(vo,g)、牛尾健太(g)、風間洋隆(b)、前越啓輔(ds)による4人組ロックバンドのおとぎ話。2000年に有馬と風間により結成され、これまで12枚のアルバムをリリース。ライブバンドとして高い支持を獲得するほか、山戸結希監督映画『おとぎ話みたい』でのコラボレーションや、根本宗子作・演出の舞台『ファンファーレサーカス』に出演するなど幅広く活動を展開している。

2022年6月にリリースした最新アルバム『US』を引っ提げ、8月13日(土)にはバンド初となる日比谷野外音楽堂を行う、おとぎ話のフロントマン・有馬和樹に、最新作と日比谷野音公演について話を聞いた。

■おとぎ話が続いているのは「友達」だから

――おとぎ話のアルバム『US』、非常に素晴らしい作品だなと感じました。ただリリースの資料でひとつ気になったのが、4年ぶりのアルバム、という紹介文で、“あれ、2020年に出した『REALIZE』って、どういう位置づけだったのかな”と思って。重箱の隅をつつくようで申し訳ないんですけど……。

有馬 いえいえ、ありがとうございます。実は『REALIZE』は、当時対外的な要因があって、このタイミングでリリースしよう、となったアルバムだったんですけど、その要因がなくなっちゃったんです。だから、ここで作るつもりじゃなかった、というのが一番近いかもしれないですね。当時ストリーミングで急に発表して、その後フィジカルで出したんですけど。

――なぜそこが気になったかというと、『REALIZE』ってアルバムも僕は大好きで、今回の『US』って、そこと地続きなんじゃないかなって思ったんです。1曲目の「FALLING」から、音楽的な要素は地続きでありながら、歌詞がこれまでより市井の人々に向いている印象を受けて。

有馬 まさに今おっしゃっていただいたみたいに、今回の『US』は、『REALIZE』のモードをもっとリスナーへ向けて、ポップに開いているようなアルバムになるかもしれないですね。

――アルバムを作る前に、こういう作品にしよう、という考えはあったのでしょうか?

有馬 20年バンドをやってきて、このアルバムも12枚目になるんですけど、ロックバンドがロックのアルバムを作る、というスタイル。具体的に言うと、メンバーが出せるものに合わせて作る表現はやりきったんじゃないか、と数年前から感じていたんです。だからもう、そういうものを全て取り払って、自分がやりたいことを形にしたのが『REALIZE』、その可能性をもっと広げたのが『US』ですね。“ここから先のおとぎ話はこれ”って、言えるようなアルバムにしようとは思ってましたね。

――ほかのメンバー、牛尾さん、風間さん、前越さんにはそういう考え、指針のようなものはお伝えするものなのですか?

有馬 かなり明確に言いますね、今回で言うと、ロックっぽい表現を絶対にしないように、と伝えました。

――長く音楽を聞いていると、自分の好きなバンドが解散したり、メンバーチェンジがあったり、「青春の終わりは好きなバンドが解散することだ」と言われることもありますよね。そのなかで、おとぎ話はこの4人がずっと音を鳴らし続けている。それがすごくうれしいんですよね。だから、メンバー間でそういうコミュニケーションは取られるのかなって。取りすぎても取らなすぎても、ギスギスするんじゃないかなって感じていて。

有馬 それで言うと、おとぎ話がなんで続いているかというと、友達だから、ですね。前には、ギターの牛尾が急にライブ来なかったりとかもあったし、メンバー同士で喧嘩したりもしたんですけど、基本的には大学で出会った友達。バンドなんて所詮、他人の集まりだってことを考えたときに、じゃあなんでやってるんだ? というのを、みんなわかってるから続いてる。続けることが目標になったことは一度もないからですね。

――まさに、バンドを手段にしていないから、ですね。

有馬 そうですね。集まって一緒に飯食うのも楽しいし、あとメンバーみんな、俺も含め歳をとってきてるんで、ノリを合わせなきゃなって4人で一生懸命、合わせる練習をしているときも楽しい。俺の無駄な話を、「あー」とか言って全然聞いてくれないときもあるけど(笑)、基本的には尊重してくれてる。所詮は他人だし、でも友達だしって思うと、けっこう許せたりするもんですよね。

■コロナ禍だから気づけたこと

――『US』で言うと、一番最初にできた曲はどれですか?

有馬 「FALLING」は一番最初に作り出した、核のような曲ですね、出来上がったのは一番最後なんですが……(笑)。

――この曲は、愛についての歌だと思ったんですが、ポジティブな意味にも、ネガティブな意味にも取れる曲だなって思っていて。

有馬 そうですね。僕、人生は基本的に全てが二律背反、表裏一体、それしかないって思っているんです。恋愛で言うと、出会った瞬間に別れを意識するような人間だったので。例えば、男で生まれた時点で、生物学的には男なのかもしれないけど、精神的に男かどうかはわからないってずっと考えてて、そういうのは普通にあることだと自分は考えているので、それを歌の中で表現できたらなっていうのはずっとありますね。

――それは初期の頃からですか?

有馬 いや、徐々にですね。歌詞を書く人はみんなそう思うんじゃないかと思うんですが、バンドをやればやるほど、男性限定の目線で書くことが自分の中で違和感が出てきました。

――なるほど。あと、この作品は特にコロナ禍を経た、ここ2年の空気が色濃く反映されているような気がしました。

有馬 『REALIZE』を発表したあとも、今の世相が反映されている、という感想をいただいたんですが、実はあの作品はコロナ禍前の作品で。それで言うと、今回の作品は反映されているというか、世の中に対して達観したな、という気持ちが近いかもしれません。

『US』は、性別もそうだし、国境とかも関係ない、普遍的な音楽を作ろうと思っていたし、フェスがたくさんあったときには気づけなかったことに、気づけたかなと思っています。ライブとかフェスでも、SNSでもそうですけど、みんなで共有する、ということが美徳とされがちだけど、それだけじゃないじゃんって、コロナ禍で自然と思えたことですね。

――たしかに、アルバムラストの「ESPERS」は、SNSを使った椅子取りゲーム、マウントの取り合いに疲れていた自分に刺さりました。

有馬 ありがとうございます。「ESPERS」みたいに“ひとりでいいじゃん”みたいな曲をライブで演奏してみんなが盛り上がる、その違和感の面白さ、みたいなのもありますよね。

■「ライブめちゃくちゃ嫌い」その真意は!?

――音作りのお話をお聞きしたいんですが、先ほど「ロックっぽい表現を絶対にしないように」とメンバーの皆さんに伝えたとおっしゃってましたが、具体的にはどういう音を目指していたんですか?

有馬 the perfect meの西村匠(たくみ)くんに、ミックスとマスタリングをお願いしたんですが、既に存在しているのにモダンな感じって、イメージは共有していました。グレートストレンジミュージックっていうのかな、1960年代のブラジルのアルバムとか聞いたら、すっごく新しかったりして。

――なんか感じたのは、雰囲気の素敵なお店で流れてて「この曲すごく新しくてカッコいいじゃん」って思ってShazamしたら、「え、かなり昔の曲じゃん!」みたいな。

有馬 まさにそうですね。そういうことを意識的にできるのって、自分たちだけだって思うので。

――おとぎ話のライブを見ていると、皆さんがプロフェッショナルを提示しながら、そこからはみ出したロックンロールの良さ、みたいなのを感じるんですが、おとぎ話にとってライブというのは、どういう存在ですか?

有馬 あー、それで言うと、僕ライブめちゃくちゃ嫌いですね(笑)。

――えーっ!!!

有馬 (笑)。できることなら人に見られたくない。だから、わりと録音しているときとか、曲を作っているときと同じ気持ちでライブをやっているかもしれませんね。ほかのメンバーとかは、ライブで発散しているかもしれないけど(笑)、僕は全然そういう気持ちじゃなくて。会場に到着しても、衣装を靴下まで着替えないとライブに臨めないし。

――恥ずかしいところを見られている、みたいな感覚でしょうか?

有馬 そうかもしれません。どうやればいいだろう、と未だに思うし。ただ、ライブってお客さんが来ないと成立しないものなので、いつも一個の作品を残すつもりでやってますね。

――素晴らしい。僕は音楽と同じくらいお笑いも好きで、どんなベテランの漫才師でも、出番前にちょっと緊張しているのがいいなって思うんです。それに近いのかな、と今のお話を聞いてて思いました。人前に立つことにある種、神聖な気持ちを抱いている人のほうがいいライブができる。

有馬 僕、その気持ちが特に強いかもしれません。同じことをやっていると不安になってしまうので、セットリストも変えてますね。ただ、ありがたいことに尊敬するミュージシャンのバックバンドとしてライブをすることもあるんですけど、そのときはすっごくライブ楽しいです!

――なるほど、それは自分がフロントマンじゃないからですか?

有馬 そうですね、音楽に徹することができるって感覚ですかね。おとぎ話としてライブをやっているときは、音楽をやっている、というより作品を作っている感覚ですね。……こんな話するの初めてかもしれないな……(笑)。

■野音の次は日本武道館公演をやりたい!

――貴重なお話ありがとうございます! おとぎ話にとって、直近で一番大きいのが8月13日の「おとぎ話日比谷野外大音楽堂公演<OUR VISION>」だと思うのですが、この野音公演は“次の10年に向けて”の位置づけだとお話されていて、とてもうれしかったです。

有馬 やっぱりオーディエンスとして、ゆらゆら帝国とかを野音で見ていたし、いつか立ちたいって目標のひとつではあったんですけど、なかなかそういう機会もなくて、これまで一度も野音でライブしたことがなかったんですよね。

――例えば、バンドの会議で「次は野音だ!」みたいな話になることもなかったんでしょうか?

有馬 ないですね。まず、いつも目の前のライブを成功させることしか考えてないんで。事務所に入らず自分たちだけでやっているので、活動をもっとジャンプアップさせて次のステージへ、って考えたこともなかった。今回の野音は、20周年だし、一度くらい大きな所でやってみたら?って、新代田FEVERの方々とか、自分が信頼している方々に背中を押してもらったのが大きいですね。ただ、これが到達点じゃなくて、『US』ってアルバムを作れたからこそ、たどり着けたのかなって思っています。

――『US』を作るときに、何か影響を受けたカルチャーはありますか?

有馬 個人的なトピックで言うと、2年前に離婚したので、自分の人生について考えることが増えたんです。自分は男性男性している人間じゃないな、って気づいて。じゃあ、そんな自分がどんな音楽に共感しているかって思ったときに、女性ミュージシャンの曲を聞くことが増えました。

ソランジュ〔ビヨンセの妹、2016年、2019年にリリースしたアルバムは、どちらも多くの批評家から絶賛された〕とか宇多田ヒカルさんとか。例えば、宇多田さんの曲って、一人称が「僕」だったりするじゃないですか。でも性別問わず、さまざまな人に届く。それって、すごいことだなって感じてて。だから、ひとつの性別に決めつけるような歌詞を書くのをやめました。

――それを聞けてうれしかったです。まさに、このアルバムからは自然なジェンダーレスを感じていたので。

有馬 僕が弾き語りをすると、お客さんが全員女性だったりするんです。ほかの出演者から“有馬の客、女性ばっかですごいね”って言われて、どういう意味?って、なんかスゲームカついたり(笑)。やっぱり性別って側(がわ)でしかないから。

――本当にそうだと思います。有馬さんは映画もよく見られるイメージなんですけど、ここ最近で見た映画はなんですか?

有馬 何を見たかな……あ、最新作じゃないけど、ジョン・ウォーターズの映画をよく見てましたね。ナンセンス、悪趣味って言われる監督ですけど、『I love ペッカー』とか。あと、アリ・アスター監督の『ヘレディタリー/継承』、今公開されている作品だとポール・トーマス・アンダーソンの『リコリス・ピザ』、スゲー良かったですね。あ! 思い出した! それでいうと『US』作ってるときは、ポール・トーマス・アンダーソンの『マグノリア』見てましたね。

――『マグノリア』! あ、でもすごくわかる気がします。おとぎ話っぽいし、このアルバムっぽい。いろんな価値観あっていいじゃん、という映画ですよね。

有馬 そうですね、思い出してよかった(笑)

――この野音は次の10年に向けて、というお話を聞けたので、今後のおとぎ話の目標についてお聞きしたいんですが。

有馬 野音もまだ終わってないですが、日本武道館でいつか公演をやりたいですね。今まで、武道館でライブやりたいなんて一切思わなかったんですけど、野音が決まって初めてやってみたいなって。実は日本武道館には縁があって、僕らが『THE WORLD』をリリースして、さあこれからどうしようかってときに、牛尾くんが失踪して、戻ってきたタイミングで、仲直りを兼ねて行ったのがBlurの武道館公演だったんです。

みんなでいい感じに盛り上がって、肩を組んで「Tender」歌ったりして(笑)。そこで、felicityの櫻木さんにたまたま会ったことから、レーベルに所属する流れとなったんです。今のおとぎ話につながっていったのが武道館なので、思い入れもあるから、いつかライブをしてみたいですね。

■プロフィール

おとぎ話

2000年に大学で出会った有馬と風間により結成。その後、同じ大学で出会った牛尾と前越が加わり、現在の編成に。2007年にファーストアルバム『SALE!』以来、8枚のアルバムをリリース。felicity移籍第一弾アルバム『CULTURE CLUB』(2015年)が話題に。映画『おとぎ話みたい』での山戸結希監督とのコラボレーションは熱烈なフォロワーを生み続けている。同じく山戸監督による映画『溺れるナイフ』提供曲「めぐり逢えたら」を収録した前作は『ISLAY』(2016年)。2018年6月にアルバム『眺め』をリリース。2019年9月、10枚目のアルバム『REALIZE』を配信のみでリリース。ライブバンドとして評価の高さに加えて映画、映像、演劇、お笑い等、各界クリエーターよりのラブソングは止みません。「日本人による不思議でポップなロックンロール」をコンセプトに掲げて精力的に活動中。有馬和樹(Vo.Gt), 牛尾健太(Gt), 風間洋隆(Ba), 前越啓輔(Dr)  https://otogivanashi.com/

関連記事(外部サイト)