ももクロのライブで大役を担ったAMEFURASSHIが魅せた『ドーム級』圧巻パフォーマンス

■大事なコンサートのオープニングを任されたAMEFURASSHI

7月30日と31日の両日、ももいろクローバーZは、埼玉・ベルーナドームで『ももクロ夏のバカ騒ぎ2022〜MOMOFEST〜』を開催した。

数年前まで、真夏のドーム公演は当たり前のことだったが、コロナ禍でここ2年間は開催を断念し、配信ライブをおこなってきただけに、またドームに帰ってくることができたのは感無量である。

そして、その大事なコンサートのオープニングアクトを任されたのが、AMEFURASSHIの4人だった。オープニングアクトといっても、ほかの会場とはちょっと状況が異なる。会場のベルーナドーム(西武ドームといったほうがわかりやすいかもしれない)は、密閉された空間ではないので自然光が入ってくる。

さらに開演の30分前というタイミング。まだ観客が全員、入りきった状態ではなく、絶賛入場中という環境下である。正直、ステージに集中してもらいにくいなかでのパフォーマンス、ということになる。

リハーサル直前、ステージの裏で待機していたAMEFURASSHIに会いに行った。

この時点では、こうやって記事を書く予定もなく、あくまで ももクロの取材で会場入りしていたため、本当に挨拶をしに行くだけのつもりだったのだが、そこでの4人の姿にちょっと心を動かされてしまった。

ガッチガチに緊張している。

ここまで硬直している4人の姿を見るのは、いつ以来だろうか?

コロナ以前は、夏のスタジアム公演は当たり前のように行われていたので、あまり意識しなかったのだが、超巨大なステージやセットを組むので、その裏には、けっこう大きな空間ができる。変な話、ここでちょっとしたライブが開催できそうなスペース。本番中は、たくさんのスタッフが行き来したりするので、そこまで広さは感じないのだが、今はその空間に4人しかいない。たしかに得も言われぬ不安に襲われる気持ちはわかる。

ちょっと声をかけるのも憚れるような空気感に、一度、客席側に戻ると、リハーサルを終えた ももクロがステージから降りてきた。本来であれば、ここから楽屋に戻るまでの道すがら、開演直前のコメントを拾えるチャンスなのだが、今日ばかりはステージが気にかかる。

佐々木彩夏に声をかけられたので、正直に「このままステージ前にとどまって、AMEFURASSHIのリハーサルを見る」と伝えた。「ちょっと待ってよ、今日、私たちのライブなんだけどぉ〜」と、まっとうなクレームをつけてきた佐々木彩夏だったが、スッとステージのほうを振り返ると「あぁ、そういうことか……うん、ちゃんと見守ってあげてください!」と言って、その場から立ち去っていった。

ステージの上には、所在なさげにリハーサルの開始を待っている、不安そうな4人の姿があった。そうなのだ。そういうことなのである。いつものAMEFURASSHIだったら、ここまで心配しないけれど、こんな姿を見てしまったら、ももクロ姐さん、ごめんなさいになってしまう(なによりもリハーサルを見て、ももクロのパフォーマンスからは安心感しか抱かなかったのである!)。

AMEFURASSHIのメンバーがベルーナドームのステージに立つのは、これが初めてではない。フェスやイベントなどで、何度かこのステージを踏んでいるのだが、大事なオープニングアクトを任されたという重圧は、これまでの経験とはかなり違っている部分。まだ人っこ一人いない開演前のスタジアムの客席は、ただただ広くて、メンバーにとっては、さらに緊張を高める要因にもなっていた。

しかし、いざ音楽が流れ、パフォーマンスがスタートすると、一瞬にして、その緊張の色が解けていくのがわかった。

▲開始前は緊張の面持ちだったが、始まると一気に緊張が解けていったようだ

堂々と、いま持てる力さえ発揮できれば、そのパフォーマンスはドームの端っこまで届く、と確信した瞬間でもあった。

オープニングアクトとはいえ、本番と同じステージを使うので、その広さは変わらない。それだけでなく大型モニターや、それに付随する照明などの演出もそのまま使えるという好条件。いかに自然光が入ってきて明るい空間だとはいっても、これだけの演出が発動すれば、誰もが一度はステージに注目する。その人たちに「えっ、なんだ、この子たちは?」と二度見させることができたら、まさに「爪痕を残した」と言える。

■ドーム公演の重圧との戦い

そして、いよいよオープニングアクト。

ステージ衣装に着替えて、完全にスイッチが入っている4人がステージへと向かっていく頼もしい背中を見て、「本当に立派なグループになったなぁ〜」と早くも涙腺がやられそうになっていたのだが、そこで愛来が「あれ、あれっ?」と変な声を出した。

「さっきからなんか違和感があるなぁ〜、と思っていたら、衣装の表と裏を間違えて羽織っていた(苦笑)」

オープニングアクトの幕が開く、8分前に起きたぽんこつ事案。

ただ、これで緊張の糸がほぐれただろう、と思っていたら、今度は、やりなれているはずの円陣の掛け声に失敗するという、これまたレアなハプニング。ドームの重圧は、そう簡単には拭いされないようだ。

開演。

とはいっても、この時点ではアリーナ前方の客席はほぼ埋まっているが、各ゲートからゾロゾロと観客が入場している真っ最中。あと30分後には本編がスタートしてしまうので、みんな、自分の席を探すことが最優先で、なかなかステージを二度見してはくれない。

メンバーも観客に立つように促すが、酷暑の下でのコンサートであることを考えたら、本編スタートまでは体力を温存したい、と考えてしまうのは当然のことで、なかなか腰は重い。

この日のセットリストは新しめの楽曲を中心に、とにかく「魅せる」ことに特化したプログラムになっていた。ダイナミックかつ繊細なパフォーマンスに魅入ってくれる観客もいたが、入場途中の観客の足を止めることは、やはり難しかった。

それでもしっかりと刺さるステージを見せたことで、1曲ごとに客席からステージに贈られる拍手の量が多くなっていったことは体感できたし、すでに着席している観客は間違いなく二度見をし、そのままステージに注視しっぱなし、というケースがどんどん増えていくのがわかった。

▲堂々たるパフォーマンスをみせた4人

実際、SNS上では「AMEFURASSHI、すごい!」「かっこいい!」という意見が広まっていた。立ちあがったりはしてくれなかったけれど、ものすごく満足してくれた人が、ベルーナドームには想像以上にたくさんいてくれたようだ。

これで終わってしまったら「よかったけど、あともう少しだったね」となってしまっていたかもしれないが、今回は2DAYSなのである。そう、もう1日、チャンスはある。

■初日の良い流れを2日目には“熱狂”へ変えた!

2日目のオープニングアクト直前、ステージ裏を覗いてみた。

さすがに一度、ドームのステージを体感したことで、かなり肩の力が抜け、自然体に近づいているように見えた。この日は円陣もビシッと決まる。初日よりも開演が1時間早く、ドーム内も昨日よりもかなり暑くなっていることだけが不安要素だったが、ステージに飛び出した瞬間、そんな不安は夏空の向こう側へと吹っ飛んでいった。

明らかに昨日の数倍の観客が、彼女たちが登場すると同時に立ちあがってくれたのだ!

この日はセットリストを大幅に変えて、客席を巻きこみながら盛りあがっていく構成になっていたのも功を奏した。ステージからアリーナ席に、アリーナ席からスタンド席に。熱狂の輪がどんどん広がっていく。

▲愛来&小島はな

前日の反応を見て、急きょ、セットリストを変えた、と思っている方も多いようだが、さすがにドーム規模だと、そこまで自由は利かない。事前にいくつかのパターンのセットリストを用意し、スタッフ側に渡してあったそうで、そのひとつが2日目のプログラムだった。

前日も会場にいた人、もしくはSNSで評判を見た人たちが「AMEFURASSHIのステージは、立ちあがって一緒に盛りあがったほうが楽しい」と判断してくれたからこそ、開演と同時にたくさんの観客が立ちあがってくれたのだろうし(なにより昨日は初見の楽曲が、今日はもう知っている楽曲に変わっていることは大きい)、そこに爆上がり系のセトリがブチこまれたら、そこには熱狂という化学反応が待っていた!

昨日は素通りしていった入場途中の観客も、今日はチラチラとステージを振り向きながらクラップをして歩いてくれる。モノノフの女の子たちも、ももクロのペンライトを振りながらフリコピをしてくれている。誰よりも盛りあがりたいであろう水着席(水着での観覧&どのエリアよりも水をぶっかけられる特殊な席種)の女性たちが、踊りまくってくれている姿にホッとした。届いている、刺さっている!

▲鈴木萌花&市川優月

ちなみに、今回の衣装はドーム用にあつらえたものではなく、大好評だった5月のツアーで着用していたもの。全国を縦断して、たくさんの観客からもらった声援、そして、そこで得た自信を身に纏ってのドーム降臨! けっして単発のお祭りではない、これまでの積み重ねの結晶としての大きなステージだったのだ。この日の模様はABEMAでの配信でも流れたため、さらに反響は広がることとなった。

僕としても、100週間に渡って『毎週AMEFURASSHI!』という連載を続けてきて、その延長線上にこの日のステージがあった、と考えると感慨深すぎる。振付のAnna先生と「僕、泣いちゃいましたよ」「私も泣きましたよ!」という言葉にならない会話を交わしたが、コロナ禍で明日すら見えない状況下で、常により良いステージを模索しつづけきたAnna先生にとって、涙なくしては見られない晴れ舞台だったのだろう。

ただ、これはゴールでない。通過点、なのだ。

オープニングアクトを終え、バックステージに戻ってきた4人。

いつの間にか、ももクロとAMEFURASSHIの仕事を兼任しているスタッフが、彼女たちを囲み、大きな拍手で迎えいれていた。

「今度はAMEFURASSHIでドームコンサートをしような!」

ドームで通用するパフォーマンスができることと、ドームでコンサートができるアーティストになったこととは、残念ながらイコールでは結べない。ただ、たった20分間のオープニングアクトではなく、もっともっと4人のパフォーマンスを見ていたかった、というのは関係者たちの偽らざる思い、である。まだまだ夢物語ではあるが、この日、ほんの少しかもしれないが、それが現実のものとなる可能性をしっかりと感じとった。

10月9日からは秋のツアーがスタートする。今回は東名阪+横浜というスケジュール。5月のツアーでは、ドームへとつながる道を切り拓いてきたが、今度は全国のファンにドーム級のパフォーマンスをお届けする旅となる。ドーム効果で早くも新規ファンが増えてきているタイミングでのツアー、ぜひ注目していただきたい。 

▲この経験を糧に秋のツアーではさらなる成長した姿を見せてくれるはずだ

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/3423)

〈小島 和宏〉

関連記事(外部サイト)