アイドルとして年月を重ねる内藤るなと高井千帆の「B.O.L.Tとしての3年間」に迫る

■内藤るな・高井千帆にとっての「B.O.L.T 3周年」

B.O.L.Tは7月15日に3周年を迎えた。

アイドルにとっての3周年は「まだまだ、これから!」のキャリア。中学1年生の青山菜花&白浜あやにとっては、まさにそうなのだが、内藤るな&高井千帆にとっては、また違った時間軸となってくる。

「もうどこから、どうやって数えたらいいのか、自分でもわからなくなってる」と笑う内藤るなは、すでにアイドル歴が10年を超えている。もうすぐ高井千帆も10年選手の仲間入り。そのなかにB.O.L.Tでの3年がすっぽり内包されてしまっているのだ。

そんなことを考えたのは、5月に開催された『Early Summer Tour 2022』の初日に赴いたとき。この日の会場はClub eXだったのだが、同じ品川プリンスホテルの敷地内にあるステラボウルの存在がちょっと引っかかった。

そうだ。今から9年前、ここで3B juniorのオーディションが開催されたんだっけ。相当、気合の入ったオーディションで、僕も告知用の記事として百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、安本彩花(私立恵比寿中学)、秋本帆華(TEAM SHACHI)の鼎談を雑誌でやっている。この頃はまだ、スターダストのアイドルたちがグループの垣根を越えて共演することはあまり多くなかったので、ものすごく印象に残っている取材だ。

このオーディションで誕生した3B juniorからは、たくさんのアイドルグループが派生したが、現在も活動しているのはAMEFURASSHIとB.O.L.Tの2組だけになってしまった。そのB.O.L.Tがある意味、ルーツの場所に戻ってきたんだな、と感慨に浸っていたのだが、そこにはちょっとした思い違いがあった。

「私たちはもうスターダストに入所していたので、あのオーディションには参加していないんですよ」(高井千帆)

▲「20代もアイドルとしてどんどん夢を追いかけていきたい」と語ってくれた高井千帆

「ちょっと記憶が定かじゃないですけど、ひょっとしたら、あの日、私たちがオープニングアクトとかやっているかもしれない」(内藤るな)

▲あやなのと一緒に成長していくことを常に考えている内藤るな

「一応、私たちには『今度、こういうグループができるけどやりますか?』という意志確認だけあって、やりたいという子たちとオーディション合格組が一緒になってできたのが3B juniorなんです」(高井千帆)

ちなみに、このときのオーディション合格組で、現在もアイドル活動をおこなっているのは、AMEFURASSHIの鈴木萌花、小島はな、市川優月の3人だけ。内藤るなと高井千帆はそれよりも前から、アイドルとして時を刻んできた。

■あやなのと活動しているからこそ向き合えること

そんな二人が迎えたB.O.L.Tの3周年。

「やっぱり、あやなのちゃんと活動していくなかで、一緒に成長していくにはどうしたらいいんだろうって考えるじゃないですか? そんなときに頭に思い描くのが『私があやなのちゃんの年齢だった頃って、どうだったんだろう?』。今はみんなで普通にボイストレーニングを受けていますけど、私が中学生のときにはイベント用にボイトレを受けることは少なかったし、そのままステージに出てることが多かったんですよ。それを考えたら、今の環境って本当に恵まれているなって。そうやって、あやなのちゃんを通して『あのころの私』と向き合う機会がものすごく増えました!」(内藤るな)

「10代の頃の自分を思い返すと、今こうやって20代になっても、まだ10代のときの夢を追い続けていられるのって幸せだなって思うし、ライブをやるたびに、そんな私の夢を応援しつづけてくださるファンの方がこんなにたくさんいらっしゃるんだ、と毎回、ありがたさを感じています。

私は今年で21歳になるんですけど、そこはもう あーりんPPPから『年齢はただの数字だから!』と教えてもらっているし『大人って、けっこう楽しいよ』とも言ってもらっているので、20代もアイドルとして、どんどん夢を追いかけていきたいです」(高井千帆)

「こんなに長く活動を続けているのに、まだまだ『はじめまして』の方に出会うことがすごく多いんですよ。だから、私がB.O.L.Tとして活動していくなかで、もっともっと『はじめまして』の方たちに知っていただく“きっかけ”を作りたい。それは今やっているリリイベもそうだし、今まで経験したことがないお仕事にチャレンジして、そこから知っていただくことも大事なのかなって思う」(内藤るな)

「そうだね。4人ってアイドルグループとしてはけっして多くはない人数だから、ひとりひとりがもっと輝いて、集まったときに最強の存在になりたい。あやなのちゃんだって、ちゃんとあやちゃん個人の成長、菜花ちゃん個人の輝きがあるし、個々の力をもっともっと伸ばしていきたい」(高井千帆)

▲個々の力を伸ばして、さらに大きなグループになろうとしている

こういった話を聞いているだけで、ここ最近のB.O.L.Tの充実ぶりがよくわかる。

シングル、アルバム、そしてEPと定期的にリリースが続いており、それに伴うリリースイベントやライブツアーも活発におこなわれている。コロナ禍で思うように動けなかった時間が長かっただけに、この1年の活動の濃密さは彼女たちの言葉を借りれば「幸せ」であり、まさに新しいファン層を開拓するための「きっかけ」が続々とやってきているような状況でもある。

7月にツアーが終わり、8月10日にEP『Weather』がリリースされたという流れは、まさに絶妙だ。

「お天気で気持ちが変わる人って多いと思うんですよ。まさに私がそうなんですけど」(高井千帆)

「わかる! ちぃちゃん、雨の日は目が半分ぐらいしか開いてないもんね。『せっかく髪の毛を巻いてきたのにぃ〜』みたいな感じで、テンションが下がってる」(内藤るな)

「なぜか雨の日は朝、起きれなくって『すべて雨のせいだ!』ってなっちゃう(笑)。でも、逆に雨の日のほうがテンション上がるっていう方もいるわけじゃないですか? なかなか共通項が見つけにくい部分もあるんですけど、今回の作品では変わる天気、変わる気持ちにフィーチャーした楽曲が並んでいるので、いろんな方の気持ちに私たちの曲で寄り添えるんじゃないかなって思っています」(高井千帆)」

「寄り添うって意味では、このEPが出たことで1年365日、どんな日でもB.O.L.Tの楽曲が寄り添えるようになったんじゃないかな? 1枚目のアルバム『POP』では時間(夜明け、昼、夕方、夜、深夜)がテーマで、2枚目の『Attitude』では動きや行動にちなんだ曲が収録されているんですね。そこに今回、天気が加わったことで、365日、24時間、どんな状況でもぴったりハマる曲がきっと見つかるはず! ライブのセトリにもグッと幅が出てくると思うので、気になる方はぜひ足を運んでみてください。はじめましての方も、大歓迎です!」(内藤るな)

今年の夏のちょっとおかしな天気でも、B.O.L.Tの『Weather』を聴けば、きっと心が踊ったり、癒されたりするはず。日々の生活に寄り添う楽曲群を武器に、4年目のB.O.L.Tは酷暑に爽やかな旋律を運んでくれそうだ。

▲1st EP『Weather』は聴きどころ満点!

【編集部より】
後編では高井千帆さんと内藤るなさんの「B.O.L.T 3周年」をお届けしました。お姉さん組として、“あやなの”の二人とどうやったら一緒に成長できるか考えている、というお話はとても素晴らしいと感じました。

各々がそれぞれ、いま自分がやらなくてはいけないことに一生懸命に取り組んでいるB.O.L.T。そんな4人が4年目に発売した1st EP『Weather』、ぜひ手に取って聴いてみてください!

いま見ておかないと間に合わない!? 急成長を続ける“あやなの”を見逃すな! | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/3385 )

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/3416)

〈小島 和宏〉

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?