伝説の西武ドームから1か月…AMEFURASSHIのライブに女性ファン激増中!

■ワンマン延期…逆転の発想でお客さんに喜んでもらおう!

AMEFURASSHIがベルーナドーム(西武ドーム)で、ももクロの夏コンサート『MOMOFEST』のオープニングアクトで圧巻のパフォーマンスを披露した、という記事はありがたいことに大きな反響を呼んだ。

これまで100本以上のAMEFURASSHI関連記事を発信してきたが、掛値なしで過去最高の反響だった。それだけ、あのパフォーマンスが話題になっていた(2日目の模様はABEMAで配信された)ということもあるが、NewsCrunchで毎週連載をしていた頃と比べると、それだけ知名度がアップしている証拠でもある。

ここ最近では、愛来が『TOKIUM』のCMで永山瑛太や東京03と共演。テレビをつけっぱなしにしていると、1日に何度も目にするほどガンガン流れているので、ここから「見つかる」可能性も高い。

▲CM出演など活躍の幅を広げる愛来

さらに、かねてから鈴木萌花が何度も客演していた劇団五反田タイガーでは、9月28日に初日を迎える5周年記念公演『ペインティング・バーレスク〜天使がいた場所〜』で、なんと鈴木萌花が主演に抜擢されることに! まさにAMEFURASSHIは勢いに乗りまくっているのである。

▲劇団五反田タイガーの公演で主演に抜擢された鈴木萌花

そんな最中、白金高輪・SELENE b2にて久々の単独ライブ『SONG AND DANCE Vol.2』が9月2日(金)に開催された。

じつは単独ライブが「久々」になってしまったことには理由がある。そもそも、このライブは8月6日に同所で開催される予定だった。つまり、伝説の西武ドームでのパフォーマンスの数日後。いま話題の彼女たちのステージを生で見よう、とたくさんの新規ファンが駆けつけてくれる可能性大だったのだが、新型コロナウイルスの影響で残念ながら延期となってしまったのだ。

急なことなので簡単には振替公演も決まらず、結局、約1か月遅れで同じ会場での開催が決まったものの、さすがに週末をおさえることはできず、金曜日の夜という、アイドルのライブとして、いささか珍しい日取りとなってしまった。

もともとが夏休み中の週末という好条件すぎるスケジュールだっただけに、この日程変更を受けて、結構な数の払い戻しがあった、と聞いている。それでも、蓋を開けてみれば館内は大盛況。払い戻しの数を埋めるだけチケットが売れた、ということであり、その多くは今回が初めて、という新規のお客さんだった。

正直、8月6日のライブが延期になったときには、「せっかく西武ドームで掴んだお客さんを手放してしまうかも……」という不安もあった(NewsCrunchで西武ドームの記事の掲載がちょっと遅くなってしまったのは、もともと8月6日のライブレポートとセットでお届けするつもりでいたから、という裏事情もあったりする)。

去年までなら絶望に打ちひしがれていたかもしれないが、今の彼女たちはそんなに弱くなかった。逆転の発想ではないが、1か月の準備期間が増えたのだから、と新たに披露する演目を増やし、よりお客さんに喜んでもらえる方向に舵を切ったのだ。

もちろん8月に開催していたら、もっとたくさんの新規ファンを開拓できていた、かも知れない。でも、話題になってから1か月が経過しても「それでも生で見たい!」と、わざわざ会場に足を運んでくれたお客さんがこんなにもいる事実は大きいし、そういうお客さんはきっと長く応援してくれる。そう考えたら、けっしてネガティブなことばかりではないのだ。

この日、関係者席は2階に設けられた。そこからだと客席全体がよく見えるのだが、なにより驚いたのは女性ファンの多さだった。もちろん、これまでも女性エリアは設けられてきたのだが、前方にあるので、どれぐらいの人数が集まっているのかは目視できなかった。

だが2階席から眺めていると、男女比は6:4に近く見えた。こんなにも多かったとは! さらにメンバーが「今日、初めて来たよっていう人!」とステージから呼びかけると、女性エリアのうしろのほうからたくさんの手が挙がっていた。いい傾向である。

■10.30代官山では女性無料ライブが開催決定!

タイトルに『SONG AND DANCE』と謳っているように、このライブではトークは一切ナシで進んでいく。自己紹介すらスタートから1時間以上が経過したタイミングで、そのあとがラストの曲となる徹底ぶり。着替えの際に流れる映像も、前回の「SONG AND DANCE Vol.1」でのダンスシーン。まさにノンストップなのである(じつはこの公演の前に女性ファンをターゲットにしたトークイベントが同所で開催されており、はしご観覧した人は、すでにトークでお腹いっぱいになっているのだ)。

▲ノンストップライブで素敵な表情を見せる市川優月

セットリスト的にも、AMEFURASSHI以外の楽曲もたくさん入っており、男性グループの大ヒットナンバーをたっぷりとカバーしてみせたあたりも、女性ファンや初めて来場したお客さんを意識している感じ。誰でも知っている曲が続けば、一見さんでもこの世界観に入ってきやすいからだ。

さらに面白いな、と思ったのはダンス“だけ”をカバーするコーナー。普通は歌って、踊って、となるところなのだが、完全に歌は切り捨てて、ダンスだけに全振り。裏事情を聞いて、さらに面白いと思ったのは、普通に考えたら歌もダンスも同時にカバーするほうが難しそうに感じるが、ダンスだけ抜き出して、それを完コピするほうが難易度が高かった、という話。

こればっかりはやってみないとわからないことで、スタッフも目からウロコだったようだが、前述したように1か月の延期を受けて、わざわざK-POPメドレーコーナー(これこそがダンスに特化したものである)を新設するなど、難易度の高い工程を彼女たちは追加した。自分たちでハードルを上げていく姿勢は、なかなか清々しいものがある。

出だしでは緊張からか、いささか声が出ていないシーンも散見されたが、ステージが進んでいくにつれ、会場の熱気に後押しされるかのようにメンバーのパフォーマンスもより熱く、激しくなっている。

メンバーによると、今回のテーマは「お客さんと一緒になって楽しむ」。コロナ禍でコール&レスポンスが難しくなっていくなか、AMEFURASSHIは「魅せる」ことに重きを置いたステージを意識してきたが、西武ドームのステージである意味「魅せる」ことに関しては、一定以上の評価を得た。ならば、そのパフォーマンス力を下げずに、さらにみんなで楽しむ方向に持っていこう、という狙いである。

▲「お客さんと一緒になって楽しむ」をステージで見事に体現した小島はな

この会場はステージ全体に映像を映し出し、そのなかでパフォーマンスすることができる。セットを組まなくても楽曲ごとに背景が変わっていくのだ。その融合も非常にバランスがよかった。他の会場でも同じような試みをしてきたので、もうAMEFURASSHIが創る独自のエンターテインメントのひとつとして確立されつつあるのかもしれない。

お客さんが楽しんでくれているのかどうかは、歓声も飛ばせず、表情もマスクで隠れてしまっている状態なので、なかなか判別は難しいところだが、そこはファンも心得たものでペンライトやクラップで、おもいっきり「楽しい!」という意志表示をしてくれる。

そして「お客さんと一緒になって楽しむ」という点では、メンバーが心から楽しんでライブをやりきれた時点で、もう成功は約束されたようなものである。いつもは、みんなおとなしく見ている関係者席が思わず体が動き出し、あれだけ揺れるのは本当に珍しい!

エンディングでは、10月9日に開幕する秋ツアー『FALL IN LOVE TOUR 2022』の追加公演が発表されたのだが、そのお知らせがスクリーンに映し出されると客席はおもわずザワついた。

10月30日(日)、代官山UNITで開催が決まった追加公演だが、なんと第1部に関しては「女性無料公演」との但し書きが! この日、初めて来場して「また見たい!」と思った人、スケジュールの変更で泣く泣く払い戻しをした人、気にはなっていたけど、さすがに単独ライブに行くのはハードルが高いな、と遠慮していた人。そんなすべての女性に門戸を開放する大盤振る舞い。

ちなみに無料だけれども、このツアーでの他の公演と同等のボリュームでお届けする、とのこと。チケットの発売方法などは、AMEFURASSHIの公式ホームページにて随時公開されていくので、ぜひチェックを。

ドーム級のパフォーマンス(そしてCMでおなじみの“あの子”まで)をライブハウスで、しかも無料で見られるのはお得すぎる! AMEFURASSHIが充実の秋に満を持して勝負をかける。

▲満を持して秋のツアーに挑む!

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/3525)

〈小島 和宏〉

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?