根本宗子「自分で書いた作品だけど見て元気が出た」

劇作家・根本宗子が、自身の舞台をもとにした小説『もっと超越した所へ。』(徳間書店)を出版。10月14日に全国公開された同名の映画では脚本も執筆した。“映像化不可能”と言われた7年前の舞台を、小説化しようと思ったキッカケや映画と小説の相互関係、さらにラジオへの想いまで多岐にわたって語ってくれた。

▲根本宗子インタビュー

■演劇は残らない芸術だからこそ形で残したかった

――素人ながら、もともとお芝居だったものを映画の脚本に直すのも大変なのに、そこからまた小説を書くというのは、もっと大変なのではと想像します。

根本宗子(以下、根本) 大変でした。そもそも、この『もっと超越した所へ。』の舞台を上演したのが7年前で、こんなに時を経て「映画にしましょう」と言っていただけるとは思ってなかったんです。

このお芝居は、当時出ていた出演者に当て書きしたもので、もう再演することはないだろうなと思っていたんですが、映画化の企画をいただいたときに、自分で脚本を担当できて、クリエーションチームに自分が入ることができたから、映画化に向けて動きだしたという経緯があります。それと同時に「あわせて、小説を出すというのはありえますか?」とオファーをいただいて、“全部やってみるのいいな”と思ったのがキッカケですね。

――大変なことであるにも関わらず、小説化というオファーのどういう点が根本さんの心を動かしたんでしょうか?

根本 今まで演劇をずっとやってきて感じていたのが、“演劇は残らない芸術だな”ということなんです。映像では残るけど、生で見る臨場感や熱は千秋楽で終わることで消えてしまう、そこが演劇が好きな理由なんですけど、コロナ禍になったことで切なさも一段と感じるようになりました。

残らないのは良さでもあるけど、同時に虚しさもあって。そう感じるなかで、この作品のようにかなり前の作品でも「面白かった」と言っていただけることがある。じゃあ、演劇じゃない何か形に残るもので、残せるなら残しておきたいなと思ったのが大きいですね。

あとは同じ作品で、お芝居の脚本、映画の脚本、小説というのをやったことある人が、パッと浮かばなかったのも、一作家として面白いなと思いました。先輩方は私よりはるかにたくさんの作品を残されてますし、舞台脚本、映画脚本、小説もやられてますけど、全部を一人でやった方ってパッと思い出せないだけかもしれませんが、いないんじゃないかなって。誰もやっていないことにトライするのはもともと好きなので、機会をいただけるならやってみようと思いました。

■自分と小説の距離感がつかめた

――今年は4月にも『今、出来る、精一杯。』を発表されて、これもとても面白い作品で、だからこそお聞きしたいんですが、“また次作も書こう”と思われたのか、それとも“大変だし当分いいや……”なのか、単純にファンとしてお聞きしたいなと思いました。

根本 今年いきなり2冊出して、自分と小説の距離感がわかったような気がしました。でも、自分のことを小説家だと思ったことは一度もないし、小説家の方に比べたら小説というものに向き合っている時間なんか比べ物にならない。ただ、『今、出来る、精一杯。』で少し距離感がつかめたことで、この『もっと超越した所へ。』は、『今、出来る、精一杯。』よりは楽しんで書けたんです。

ただ、舞台で1回成功したもので、映画も試写を見せていただいてすごく面白かったから、舞台と映画どっちにも負けないものを作らないといけない、という意味のわからないプレッシャーには苛まれましたね(笑)。

――自分の作品に苦しめられる、というなかでも、かなり特殊なパターンですね(笑)。

根本 でも、ずっと自分の中で考えていたのは、映画でも舞台でもやれない小説だからこそできること、というのを表現できないと納得できない、ということ。なので、かなり締切のギリギリまで粘って書いたんですけど、自分の中で納得のいくものができたので、良かったなと思ってます。

――先程、舞台のときは当て書きだった、とおっしゃってましたが、先に映画版の配役を見たことによって小説に影響を及ぼした、なんてことはあったのでしょうか?

根本 基本的に私は普段、新作の舞台を書くときは、そのキャラクターがどういうところに行き着くのかが自分でもわからないまま書いてて、そういうところが楽しいって思ってるんです。

ただ、今回は前に書いているから結末はわかってるし、どういうルートを辿るかは知っている。だから影響を及ぼしているとしたら、それ以外のところを掘り下げる作業をしているときかもしれません。自分の書いたセリフなんだけど、もう1回全部のセリフを考え直して、どういう人だったのかを考える。これはすごく演出の作業に近いなと思いました。演出をやっていたからこそ、できたのかなと思ってます。

今回、映画版のキャストがお芝居してくれてるのを見て、例えば三浦貴大さん演じる飯島慎太郎と趣里ちゃん演じる櫻井鈴のペアは、舞台版だと慎太郎はただただプライドの高いイヤな奴って感じで描かれてるんですけど、小説では少し慎太郎の気持ちもわかるな、というふうに書かれていると思うんです。

それは、お二人の映画でのお芝居、鈴が慎太郎に対して粘ったところとか、慎太郎がただプライドが高いだけで鈴に暴言を吐いているとは見えないところとか。そういうのを見て、かなり刺激をもらって書きましたね。

――なるほど、たしかに小説を読んでそう感じてました。あと、菊池風磨さん演じる朝井怜人が登場して、すぐ醸し出す不穏な空気。映画でも小説でも、優しいは優しいけど……と見る側に思わせるLINEのマメさとか……。

根本 そういうところも、一人ひとりを改めて掘り下げる作業ができたからこそ、出てきたのかもしれないですね。小説という完全に一人の作業で、自分の書きたいことに向き合えたので、この2冊はいいタイミングだったなと思います。

■改めて自分の作品から元気をもらった

――長井短さんとやられていた「根本宗子と長井短のオールナイトニッポン0(ZERO)」もすごく好きで、ラジオでの喋りの根本さんを知っているので、いろいろ想像してしまうんですが、ご自身ではこの作品の出演者のなかで、誰が一番似ていると思いますか? ちなみに僕は、やっぱり前田敦子さん演じる岡崎真知子なんじゃないかと思うんですが……。

根本 ラジオは、また普段の私とも違うスイッチを入れてやっていたのですが(笑)。性別に限らず“こういうこと言っちゃうよな”、“こういうことやっちゃうよな”というのを100倍くらいに誇張して書いているつもりなんですけど、真知子はそもそもお芝居のときに自分がやっていた役なので、“自分がこういう人を演じていたら面白いだろうな”という気持ちで書いたんです、なのでその印象は近いと思います。

――すみません、定型の質問に当然の答えで返答させてしまって……。

根本 いえいえ(笑)。やはり、どういうビジュアルで、どういう声の人がその役をやるかっていうのが大事ですよね。当時は、優柔不断なくせに、決めないうちに変なことになって、自分で勝手に溜め込んだのに切れるみたいな役を、役者としての私に脚本家は当て書きすると思ったんです。そんな役を前田さんが演じたら、もっと面白くなると思ってお願いしたんですけど、素晴らしかったですね。

世間は、前田さんに対して確固たるものをお持ちの強い方、という印象を抱いているんじゃないかと思うんですが、今回、どういう役にでも染まれる方なんだなと思いました。強い役も弱い役もきちんとやれるので、俳優として面白い存在だと改めて興味が増しました。

――続けて、定型の質問で恐縮なのですが…。

根本 (インタビュアーの質問表を見て)面白いですね、質問の冒頭に「定型の質問なので、お聞きするのはイヤなんですけど……」って書いてある(笑)。

――すみません(笑)。こういう作品に対する質問で“どういう人に見てほしいですか”って質問があると思うんですけど、あの質問が嫌いなんです。

根本 たしかに、私もその質問をされたら、聞いてきた方に「どういう人に見てもらったらよいですかね?」って聞きます。だって、見てほしい人に見てほしいし、1人でも多くの人に見てほしいのは当たり前ですしね。

――そうですよね。でも、僕の知り合いで『ファンファーレサーカス』(2016年、根本宗子とおとぎ話がコラボして行った公演)を当時見たから、そこからツラいことがあっても生きていけてるって方がいて、この『もっと超越した所へ。』も、きっとそういう小説であり、映画だと思うんですよね。人ひとりを生かす作品じゃないかって。

根本 それはすごくうれしいです。私も映画版の試写を見て、“今日ダメだな”とか、何かがあったわけじゃないけど、なんかツラい、キツいってときに、たまたまこの映画がやってて、前情報もなしに見てみたら、“なんか元気もらった、まあまた明日考えればいいや”って作品になったらいいなと思ったんです。私自身、ちょうど元気がないときに試写を見て、改めて自分の作品から元気をもらったので、そういう作品になればいいなって。

――素晴らしいですね。

根本 あと、個人的には映画を見て“あのセリフ良かったな”って思ったら、小説を買っていただきたいなと思います。ふとしたときに読み返してほしいなと思って、劇中で出てきたセリフはほぼ全部、たぶん9割はそのまま小説にも載っているんです。文字でいつでも読める、ということをできたのもうれしかったですね。映画見た方々が、「映画→小説→映画」って見ると、さらに面白い!って感想くださって、そうなったらいいなって思って書いたので、本当にそうやってくださっている方々がいるのでうれしい限りです。

■成田凌さんが聞いてるならもっと早く教えてよ!

――この映画を見ると、根本さんに監督をやってほしい、という流れになるんじゃないかと思うんですけど……。

根本 これも最初に「自分で撮られますか?」って言われたんですけど、撮りたい気持ちが全然なかったので「山岸監督に」とお返事したのが経緯なんです。やっぱり、そこはプロの方にお任せしたほうが絶対にいいと思ったし。

――すごく偉そうな感想で申し訳ないんですが、今回の作品を見て改めて、根本さんってすごくお芝居が好きなんだなと思いました。お芝居以外の表現で、お芝居への愛をめちゃくちゃに感じたんです。

根本 うん、好きですし、お芝居は何回作っても楽しいから、新作を作っているんだと思います。もしかしたらこの先、映画監督をやるってこともないとは言えないですけど、現時点では全然なかったんです。俳優への演出だけは自分が入りたいって思うことはありますけど。今回とか、8人とも本当に素晴らしい俳優陣だったから、さらに面白い部分を話し合って探ってみたい8人だったなと思って。これも芝居が好きだからですけど。

――あと、やはりオールナイトの根本さんの喋りが好きだったので、定期的に根本さんのパーソナルなことを知れるラジオをやっていただきたいなと思うんですけど……。

根本 ありがとうございます。いまだに「オールナイトニッポン聞いてました!」って声かけていただけることがあってうれしいです。最初に番組のディレクターさんには「誰も聞いてないと思って喋ってください」と言われたんです。その気持ちはずっと持ち続けて、長井さん(長井短)と放送をやっていたんですけど、先日、成田凌さんから「聞いてましたよ」って言っていただけてうれしかったけど、“成田凌さんが聞いてるなら誰かもっと早く教えてよ!”って思いました(笑)。俳優さんにあれ聞かれたら、どんな演出家だよって思われますからね(笑)。

――あはははは!(笑)

根本 (笑)。本当に楽しかったし、あのラジオをやったおかげで、お芝居に足を運んでくださる方が増えたんです。私たちのオールナイトって、別に自分たちの芝居に特化したラジオじゃないから、聞いているリスナーの方も、私と長井さんがただ喋っているのを聞いて、“なんだこの人たちは?”って興味でお芝居に来てくださったわけですよね。それくらいの興味で演劇に足を運んでもらえるのが、すごくうれしかったんです。だから、またラジオをやりたいですね。それはしっかり書いておいてください!

映画『もっと超越した所へ。』公式サイト( https://happinet-phantom.com/mottochouetsu/ )

■プロフィール

根本 宗子(ねもと・しゅうこ)

1989年生まれ。東京都出身。19歳で劇団・月刊「根本宗子」を旗揚げ。以降、劇団公演ではすべての作品の作、演出を手掛ける。2015年以降、岸田國士戯曲賞最終候補作品に4作品が選出される。近年では演劇以外にも活動の場を広げ、2022年には、初の小説となる『今、出来る、精一杯。』(小学館)を上梓。舞台『もっと超越した所へ。』(2015年上演)を原作とした同名映画の脚本を担当、また自身による書下しの小説版も発表した。​​Twitter: @nemoshuu

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?