『舞い上がれ!』出演のトラウデン都仁はオタク気質の愛すべきキャラ

朝ドラ『舞いあがれ!』で福原遥演じるヒロイン、舞の所属する浪速大学人力飛行機サークル「なにわバードマン」(通称・なにわ)の新代表、佐伯功役を演じているトラウデン都仁。180センチの高身長に整った顔立ち。初登場回では、その完璧なルックスに舞たち新入生が大騒ぎだったが、現実社会でも視聴者が「あのイケメンは誰?」とざわざわ。

「トラウデン」という名前から、多くの人がピンとくる通り、モデルでコメンテーターとしても知られる、あのトラウデン直美が実姉。そして彼も容姿端麗、頭脳明晰。現在は大学に通いながら、芸能活動を並行し、お昼の情報番組『ポップUP!』ではコメンテーターとして、隔週レギュラー出演している。

今後の活躍が大いに期待されるZ世代の俳優。インタビューは今回がまだ2回目だというから新鮮そのもの。それでも「口はものすごく動きます(笑)」との言葉に偽りなく、臆することなく、思いの丈を存分に語ってくれた。

▲インタビュー取材は今回が2回目!

■朝ドラに出演して周囲から認められたような気がした

――朝ドラ『舞い上がれ!』の反響はどうですか。

都仁 いちばんびっくりしたのは周りの友だちからの反応ですね。コメントもいっぱい、いただいて、朝ドラって、こんなにみんなから見られているんだなと実感しました。今までもドラマに出演していましたが、やっとみんなに認められた感じがして、光栄です。

――なかでも一番、うれしかった反応は?

都仁 最初のドラマで知り合った40歳くらいの役者さんがいるんですけど、関西弁で「めちゃめちゃ、絶好調やん! 調子はどや?」って声をかけてもらって、本当にうれしかったです。京都にお住まいなので、僕が京都に行く際はしょっちゅう、ご飯に連れていってもらったり、逆に彼が東京に来るときは僕が案内したり、仲良くさせていただいています。

――朝ドラが決まったときの気持ちは覚えていますか。

都仁 うれしさと驚き、それから、楽しみだなという思いもありました。ドラマに出していただくと、いろんな出会いがあります。役者さんとの出会いもそうですが、自分が演じる役との出会いもそのひとつです。朝ドラともなれば、大勢の人たちが気合を入れて作る、いろんな人の思いが込められた作品になります。

そういった志を持った人々との出会いにワクワクして、うれしさや楽しさが混じって、すごい高揚感でした。“ちゃんと気持ちを引き締めないと”という緊張感も走りました。

――イケメン役ですよね。

都仁 小っ恥ずかしいですよね。初登場でああいう出方になるとは思っていなかったのですが、見た目を認めてもらえていただき、うれしさもあります。佐伯功という役は僕と共通点がけっこう多く、近いところがあるなと思っています。ひとつの物事に没頭しやすい、オタク気質といいますか。

でも、佐伯を深掘りしていくと、わりと心配性で、いろいろ考えてはすぐネガティブな方向にいってしまって、頭を抱えてしまうところがあるんです。そういうところはだいぶ違うなと思います。僕はもうマイナスに考えるっていう機能が備わってないぐらい、本当にプラスにしか考えられないので。

▲この日の撮影でも次々とポーズを替え素敵な姿を見せてくれた

――オタク気質とのことですが、何について語ってしまうんですか。

都仁 ものすごく幅広くなんでも話しますが、今だと自分が勉強している心理学が大好きすぎて、その話ばかりいろんな人に話してしまいます。しかも心理学の話は、食いついてくださる方が多いので、最近はやっと好きな話を人とやりとりしながら会話できるようになりました。それまでは、好きな漫画やゲームの話を一方的にしていたので、友だちには迷惑をかけていたんじゃないかと思います(笑)。

――佐伯を演じる際に心掛けていることはありますか。

都仁 やはり、自分と近い役は役者としては危険だなと思うところがあります。100%でキャラクターを演じるということを忘れてしまいがちになり、自分としての要素が出てしまうことがあります。もちろん、役者さんごとの演じ方や表現の仕方があると思います。

ただ、演技に出るのはいいのですが、心持ちとして自分を出していいと考えてはいけないと思ったんです。近いからこそ、完全に演じきらなきゃと意識しました。自分と遠い役のほうが振り切って演じられるので、なりきりにくさはあっても演じやすい部分があります。

■最高の仲間に支えられドラマ以上に仲のいい現場

――なにわバードマンの皆さんは視聴者が見ても、とても素敵なチームに見えるので、リラックスして、つい素が出そうですね。

都仁 本当に最高の仲間たちなんです! ドラマでもかなり仲の良さが出ていると思うのですが、実際はあの3倍ぐらい仲が良くて、楽しかったです。役者さんたちの和気あいあいとした空気が、演技にいい感じに出ているのかなと思います。とても今回初めて出会ったメンバーとは思えませんでした。それがサークルの良さに通じているのかなと思います。

▲朝ドラ『舞いあがれ!』では実際の学生生活とは違った楽しさも経験

――しかも、トラウデンさんは現役の大学生ですしね。

都仁 僕は佐伯と全く同じ年齢だったので、ドンピシャでした。なかには学生の年齢にあたる方もいらっしゃいましたが、大学に通いながら撮影している特殊な状況にあるのは僕だけです。そのため、皆さんからいろいろ聞かれることはあったのですが、残念なことに僕は遊ぶ系の大学生ではなくて、勉強する系なので、参考になるような答えを持っていなかったんです。

サークルにも入っていないですし、勉強以外の時間は仕事と趣味の時間に使っているので、大学関連で話せることがなくて。そこがもう少し共有できていればと思いました。

――大学と俳優業の両立は大変ではないですか。

都仁 最近は少なくなってきたのですが、春くらいまではオンラインの授業が多かったり、撮影休日がちょうど必修科目だったりして、これまでひとつも単位は落としていません。大学で心理学を専攻した理由がいくつかあるのですが、そのひとつが演技に通じるものである点。僕は表現で伝えられることに重きを置いているので、同じぐらいの熱量で仕事と勉学に取り組んでいます。

本当に勉強が好きで大学に通っていますし、仕事も本当に心から楽しめています。僕にとっては分かれているものではなく、どちらも自分にとってやらなければいけない、そして楽しい、やり甲斐のあるものという位置づけです。朝早くから10時間くらい撮影して、その後、ホテルに戻って、パソコンで授業を受けることもありましたが、どちらもリラックスできています。

そのぶん、めっちゃ寝るんです(笑)。ちゃんと8時間寝ないと、頭が働かないので、睡眠時間は確保するようにしています。大学の周りの友だちにも助けられていて、どうしても出られない授業は資料をもらったり、教えてもらったり。今学期は学校に通えているので、今度は僕がサポートして、恩返ししたいと思っています。

▲現在大学では心理学を専攻。学業も仕事も全力で挑む

■舞台に立ち役者になることを決意

――トラウデンさんはいつから俳優を志すようになったのですか。

都仁 9歳の頃、ミュージカルの劇団に入りました。きっかけはダンスです。小学校の運動会でダンスをすごく頑張っていたり、学芸会で人前に立つことにもあまり抵抗がなかった僕の姿を見た母親が、劇団のなかのダンススクールに通わせてくれたんです。

中1になったときに父に誘われて、家族全員で『ダンス・オブ・ヴァンパイア』を見た際に衝撃を受けました。“こんな世界があるんだ。あそこに立ちたい”、いや、“自分がいるべき場所はあそこだ”ぐらい強いものを感じました。

最初はダンサーとしてミュージカルに出ていたのですが、ある先生が僕のことを気に入って、すごく力を注いでくださったんです。その年のミュージカルのオーディションで、僕は面白い三枚目キャラをやりたいと思っていたのですが、先生から「主役しか受けさせん」と言われて。有無を言わさず、主役のオーディションを受けたところ、舞台の経験もさほどなく踊ってばかりだったのに、主役に抜擢されたんです。

歌には自信がなかったのですが、先生は声楽の専門でもあったので、少しずつ教わるうちに、どんどん成長して、なんとか主役を演じ切りました。その舞台を劇団の偉い方が見ていて、その後、大学生くらいの方たちと組んで、同じ舞台に主演することになったんです。

周りからの中学生にはなかった責任の重みを感じて、「これは同じようにしていてはいけない」と中学生ながら危機感を抱きました。誰にも言えなかったけど、“13歳だからって負けないぞ。年齢関係なく、誰よりもいい演技をしなきゃ”という気持ちでその舞台を終えて、“自分は役者になる”と決意しました。

▲取材中も終始明るく二枚目ながら三枚目になることもしばしば

――ご両親の反対はなかったんですか?

都仁 うちの両親は、何をやりたいと言っても応援してくれます。“なんでそんな心の持ちようなんだろう”と思うぐらい、好きなことに全力投球させてくれるんです。だから、親の反対があったらと思うと、どうなっていたかわかりません。親が全部、肯定してくれたおかげで今があります。

小学生の頃はいろんな習い事をしました。水泳、書道、油絵、全て快く受けさせてくれました。剣道以外は全部、自分からやりたいと言ったもの。剣道は母方のひいおじいちゃんが剣道をしていたらしく、その縁でやることになったんですけど、全然、合わなくて(苦笑)。

学ぶことはたくさんあったのに、小1の僕には理解できず、高校の授業で剣道があったときに初めて習ったことが役に立ちました。礼儀作法はそこで身についたと思います。

――俳優への思いは中学生の頃から変化しましたか。

都仁 中学から高校で、大きく心境が変わりました。役者としてやらなきゃいけないことに気づいたんです。それが心理学を学ぼうと思ったきっかけです。中2で舞台に立っていたときは自分が楽しくてやっていたことが大きくて、やり甲斐が自分の中だけで完結していたんです。それが中3、高1と成長するにつれ、周りが見えてくるようになると、なんのために演じているのか、考え始めました。

僕が『ダンス・オブ・ヴァンパイア』を初めて見たときに感じたものを、より多くの人に感じてもらいたい。舞台に立ちたいという思いのほかに、心の中で満たされるものがあって、充実していたんです。あの充実を多くの人に届けたい。そこから見ている人のための演技も心がけるようになりました。

その頃までは芸大を目指して、舞台芸術か声楽を本格的に学ぼうとしていたのですが、心理学に切り替えました。演じる側の心理についてはもちろん、どうしたら観客に充実感を感じてもらいやすいかを知りたかったんです。僕なりにいろいろ考えてみたんですが、登場人物の誰かに自分が共感するところがあれば、自己を投影して、その反映で自分自身のことを理解できると思ったんです。

自分のことを客観視することはとても難しいですが、他者をクッションにすることで、俯瞰で見ることができる。自分への理解をより深めれば、生活していてもプラスになることが多いです。そんなふうに心理学を学んで知識を深めたいと思いました。偶然にも、その頃ハマっていた『ペルソナ』というゲームも、テーマが心理学的だったというのもあります(笑)。

▲自分を客観視することを忘れない

――役者のお仕事に活かせそうですか。

都仁 活かせるところを頑張って探しているところです(笑)。やはり、演じるうえで、人の心を理解しなければならないので、演技に直結することでは感じられることが多いのですが、僕が考えているような、自己投影、心の充実みたいなもののヒントは、2年生になって専門的なことを学べるようになってから、少しずつわかってきているところです。あと2年でどこまで深められるかなという感じです。

■自分は時間で動くロボットのようなところがある(笑)

――自分で自分を分析するなら、どうでしょう?

都仁 大学受験のときに自己分析に没頭したことがあるんですが、変なヤツ、特殊な人間だと思いました。生活でも欲に従わないんです。お腹が空いても時間にならないとご飯を食べないし、眠くなっても寝る時間じゃないと絶対に寝ない。基本的に全部、時計に当てはめて生活をしています。

それを崩して人に合わせることもできるんですけど、理性的に固めてしまえば思い通りに動く、ロボットみたいなところがあります(笑)。両親は全然そんな感じではなく、わりと気ままに過ごしていますし、姉も違います。“これってなんでなんだろう”と思うのですが、僕はそうするほうが効率が良くて、生活の質が良くなります。

一定のリズムで行動していると、体のポテンシャルが高い状態にあり、時間も作りやすいです。無駄にご飯を食べたり、無為な時間を過ごすこともない。人間なのかなと思いますが(笑)、そのわりに頭の中は非現実的で、音楽、絵、妄想……芸術になりそうでならないものが渦巻いています。それが余裕につながっているのかなとも思います。

生活で意識することがないぶん、習慣化されていて、無意識に自分がやりたいことに没頭できて、メンタルも構築されている。それが僕の中で出た答えです。高校に入ってから勉強をしたいと思ったらやりたいことが増えて、いかに時間を当てるかを考えていたら、結果的にそうなってきたのだと思います。

――無駄な時間がなくて、受験生みたいです(笑)。

都仁 おかげで受験のときも、生活ペースの移行もスムーズにできました。内面的なことを言うと、勉強が好きで追求するタイプです。一方で情緒的にはいつまでも幼いなと感じます。めっちゃ独り言を言っているんです。関西出身だからボケとツッコミが刷り込まれていて、自分でボケて、突っ込んで、自分で爆笑して。こんな姿は人に見せられません。総合的に言うと、理性で固めている幼いヤツってことになるでしょうか(笑)。

▲自己分析も欠かさない

――役者としての目標などはありますか。

都仁 わかりやすく言えば、劇場を出たあとに何か持ち帰ってもらうものがあってほしいです。ドラマなら見終わったあと、見た人の生活がいい方向に変わる何かがあればうれしい。そこが僕の目指しているものです。表現がただの娯楽で終わりたくなく、表現は歌や演技だけじゃありません。まだまだ、いろんなことをやりたいです。

油絵を習っていたこともあり、今はイラストを描いたり、最近はこの年齢になって初めてピアノを弾き始めました。本当に初歩の初歩なので、iPadの有料アプリで練習して。ひとりで500曲ぐらい作っている、天才的な好きなゲームの作曲家さんがいるのですが、その方の曲を弾いています。

そのうちに、どういう音の配置で作る癖があるのかとか、つい研究が始まって(笑)。人の表現って、研究のしがいがあるんです。“こういう音を使うから、こういうイメージになるのか”とか、うまい人のイラストを見ても“こういう色使いをしているってことは、こういうことを伝えたいんじゃないか”とか、色彩心理学の本で勉強したり。いろんなもののなかにヒントを探して、答えを出したいと思っています。

目指すものは役者に限らない。まだまだ自分はインプットの段階。手当たり次第、趣味にして、アウトプットしながら、インプットの質を高めている状態で、10年後、自分が何をやっているのか、全く想像できません(笑)。

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/3730)

〈髙山 亜紀〉

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?