人間不信のヒロシの心を掴んだ、バイきんぐ西村の「ありがとう」

「ソロキャンプ」が男の人生を変えた。芸人のヒロシは、趣味の一人キャンプを2015年頃から自身のユーチューブチャンネルを中心に積極的に発信。一躍注目を集め、人気ユーチューバーに。いまや「ソロキャンプ」が仕事にもなっている。バイきんぐ西村はそんなヒロシを「キャンプ師匠」〈※西村初の著書『ジグソーパズル』(小社刊)にもエピソードがつづられている〉と慕う。

ひょんなきっかけから、ヒロシの後を追いソロキャンプに熱中。こちらも初の冠番組『西村キャンプ場』を持つまでの活躍ぶりだ。そこで二人の出会いについて聞いてみた。

■「スケベ西村」というイメージ

ーーそもそもお二人の出会いはどこだったんですか。

西 村 出会いは「会館ライブ」ですね。芸人が7、8組くらい出てたライブなんですけど、そこにヒロシさんとうしろシティの阿諏訪君〈※芸人仲間でつくるソロキャンプサークル“焚き火会”のメンバーの一人。ヒロシ、西村、阿諏訪のほか、ベアーズ島田キャンプ、スパローズ大和、ウエストランド河本、じゅんいちダビッドソン、とろサーモン村田、インスタントジョンソンじゃいスギなどがメンバー〉がいて。二人がキャンプの話をしているところに僕が入っていって「何だか面白そうですね、連れて行ってくださいよ」と言ったのがきっかけですかね。ヒロシさんとは、キャンプの話をする前にまず女の話で意気投合したんですよ。

ヒロシ あ、そんなことあった! 確かに俺、西村君と電話番号交換して「スケベ西村」って名前で登録してたんだよね。

▲「キャンパー西村よりもスケベ西村が先だった」と語るヒロシ

西 村 相当スケベな話をしたんでしょうね、だから。

ヒロシ 今、どうなんだろう……(ヒロシ、自分の携帯を調べる)

西 村 今はさすがに名前違うでしょう。

ヒロシ いや、「スケベ西村」で入ってた! 今はラインだから携帯で電話しないじゃない。多分最初に登録にしたのがそのままなんだろうね。俺の中ではキャンパー西村よりもスケベ西村が先だった。

西 村 ヒロシさんは阿諏訪とも、会館ライブでつながったんですよね。

ヒロシ そう、そう。それまでもキャンプはやっていたけど、誰かと一緒にやっているわけじゃなかった。で、阿諏訪君がソロキャンプというものに興味があるということで話をするようになった。出番終わって、楽屋でずっとキャンプの話をして、喫煙所に一緒に行って。そしたら西村君もいたんですよ。

西 村 ずっと聞き耳立てて聞いていたんです。当時、小峠のピン仕事ばっかりで暇で何か面白いことがしたくて。連れて行ってくださいという話をしたら「じゃあテントと寝袋だけ用意しなよ」と言われて、速攻買いに行った。

ーーキャンプ用品にいきなり総額20万円使ったそうですね。

西 村 はい、しょっぱなから20万つぎ込みました。

ヒロシ 西村君には度肝を抜かされたよ。怖いから普通はやっぱり安いものから買っていくんですよ。それまで一緒にキャンプ行った人たちもそんな感じ。でも西村君は最初からトップクラスのブランド物を買ってきた。一番びっくりしたのがクーラーボックス。イエティーというクーラーボックスで、いくらだったっけ、あれ?

西 村 4万円くらいですかね。

ヒロシ クーラーボックスなんて3000円であるよ! その辺からあれ、この人おかしな人だぞって。今でこそテレビとかでも言われ始めてるけど、サイコ野郎だなって。あとはデビューの時期。この人デビュー2月ですからね。一番寒い月なわけですよ。よく抵抗なく来たなっていう。

西 村 あれ冬だからよかったと思うんですよ。キャンプのイメージが覆されたというか、冬なんかもちろんやったことないですし。

ヒロシ イメージが覆されたというけどさ、夏もやってないのにイメージもくそもないじゃない。

西 村 何となくイメージあるじゃないですか。夏にやって、虫いて、汗だくになってみたいな。

ヒロシ なるほどね、だから意外と冬寒いのがプラスだったのかもしれないね。

西 村 そうなんです。寒い中で焚火やって、ああ寒いな、焚火あったかいな。これはいいやと。こんないい遊びがあるんだと思ってすぐハマりましたからね。

■ヒロシが忘れられない「ありがとう」

ヒロシ そういえば初めて西村君とキャンプ行ったとき、西村君がまだ車を持ってなかったから、俺が乗せていったよね。

西 村 そうです、そうです。俺がヒロシさんの家まで行って乗せていってもらって。

▲「1日でキャンプにハマった」と語る西村

ヒロシ で、俺が運転して西村君が横にいて、滝沢のキャンプ場を出るくらいのときに、「ヒロシさん、連れてきてくれてありがとうございます」って言ったのよ。覚えてないだろうけど、俺はそんなこと言われたことなかったからすごい覚えてるんだよね。なんて素直な人なんだろうと。最初から4万のクーラーボックス買って、結構な浪費家なんだなと思うと同時に。

西 村 超浪費家です(笑)。

ヒロシ 最初の一泊で、何か西村君の片鱗が見えたキャンプだったな。「ありがとうございます」にいい意味で驚かされたんだよね。

西 村 それくらい衝撃だったんですよね、キャンプはこんな楽しいのかと。

ヒロシ その時の西村君の「ありがとうございました」のトーンが、本当に「ありがとうございました」なんだよ。

西 村 そりゃそうですよ。

ヒロシ 大人って適当に「ありがとうございました」って言うじゃん。じゃなくて純粋なのよ。俺もそのときソロキャンプの世界に入りかけで、まだ行って何回目かだった。それまではグループキャンプだったんだけど、結構イライラすることも多くて。スパローズの後輩の子とか、誰だかわからないやつがいたときとかね。俺の方が先輩なのに、「えっ焼きそばないんすか!」って文句言われたり。俺が迎えに行って、買い出しも全部やってたのにだよ。それがあった後だから、余計覚えてる。この人ってまっすぐというか、何か素直というか。俺、それまであんまりそういう人と接したことないから。

ーーそうなんですか?

ヒロシ 俺を騙す、裏切る、利用する。周りにそういう人ばっかりでマジですさみまくってたから。売れてる時なんかは調子よく言ってくる人いっぱいいたけど、その時の俺に本気の「ありがとうございました」をくれる人なんかいなかった。

西 村 僕からしたら「こんな面白いことに誘ってもらって、本当ありがとうございます!」という感じですよ。あの1日でこれはもうハマるなとわかりましたから。で、僕は何かヒロシさんと似てるなとも思ったんですよ。

ヒロシ ちょ、ちょっと待って。

■人見知りという共通点

西 村 すごいしゃべりやすかった。ヒロシさん、人見知りじゃないですか。僕も本当は人見知りなんですよ。すっと入れたんです、なんでかわからないけど。

ヒロシ ああ、確かに俺は変なバリアを張っちゃうんだけど、西村君は突破してくるんだよね。それが不思議でね。

西 村 僕はやっぱりヒロシさんの下ネタで心を掴まれたんですよ。

ヒロシ え、何? 結局どんなことを言ってたっけ?

西 村 風俗情報とか。

ヒロシ 俺多分、風俗情報も緊張してしゃべってたと思うんだ。人見知りだから。

西 村 そうですか? そんな感じは全然なかった。

ヒロシ やっぱりバイきんぐの西村君、キングオブコントで優勝したコンビの片割れだと思ったら、緊張するよ。そんな西村君に俺がしゃべりかけて、一緒にいるところを人に見られたら恥ずかしいだろうなとか。

西 村 いや、思わないですって(笑)。

ヒロシ でも、西村君と似ている部分はあるのかもしれないね。いっぱい細かいところは違うけどさ。

西 村 そうですよね。

ヒロシ あなたみたいに浪費家じゃないしさ。

西 村 ヒロシさん、すごい倹約してますもんね。本〈※ヒロシの著書『ひとりで生きていく』(廣済堂出版刊)他人に頼らないヒロシのユニークな人生哲学が散りばめられている?〉にも書いてありました。

ヒロシ あなたほど性欲強くないしさ。

西 村 ヒロシさんにはかないませんよ! まだまだ衰え知らずじゃないですか(笑)。

ヒロシ いやいやいや、もう衰えまくってるよ。まあ人間性の芯みたいのは一緒なのかもしれないね。これって多分、西村君だけじゃなくて、他のキャンプ仲間もそうなんだと思うけど。だからうまいこと楽しく遊べてるのかなって思う。40歳過ぎて、損得勘定抜きに付き合える友達ができるとは思ってなかったね。

西 村 本当にそうですね。焚火会も、一緒にキャンプ行く仲間も増えましたけど、損得ないですよね。

ヒロシ でもね最近気になることがひとつある。みんなYouTube始めて、チャンネル登録者数を増やすために俺を撮したがるのよ。

西 村 ヒロシさんを撮ってると(視聴回数が)回るんですよ。みんなで「ヒロシドーピング」って呼んでます。

ヒロシ その辺はちょっと利益が出て来ているけど、まぁまぁ根はそういうの、あまり考えない人たちだから楽しいね。

▲キャンプ対談で盛り上がる二人

西村キャンプ場 | TSSテレビ新広島( https://www.tss-tv.co.jp/nishimuracamp/ )

関連記事(外部サイト)