出張帰りに! 信州の銘酒が気軽に飲める『立ち呑ちとせ』の魅力

■ふきみそペロリとなめたらチューハイをグビリ!p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; font: 10.5px 'Hiragino Sans'; color: #000000}p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; font: 10.5px Helvetica; color: #000000; min-height: 12.0px}span.s1 {font-kerning: none}

長野に行ってきました。

地方に行くと、立ち飲み文化があまり根付いていないことに気がつきます。広い土地があるんだから、そりゃあ立って飲む必要がないのでしょう。でも、私は根っからへそ曲がりゆえ、そうなると、立ち飲み屋を探したくなるんです。

▲コロナ前は24時間営業を売りにしていたそうです

駅前にありましたよ。小さな雑居ビルの二階。いい立地ですね。新幹線の発車までの間、サクッとの飲めるのがありがたい。駅前でないと成立しないのかもしれません。でも、この土地ならではのメニューを楽しめるのかな。さっそく入ってみましょう。

▲酒から缶詰まで圧巻の品揃え

立ち呑ちとせは、24時間営業のお店(※コロナの影響で現在は縮小営業中)で、立ち飲みスペースのほかに、イスも用意されています。奥にいる常連さんは座っていますし、荷物を多く抱えたお客さんは、イスを見つけてリラックスした様子で一杯やっています。手前の大きなバックをもったお兄さんは出張でしょうか。

私も仕事で訪れたのですが、新幹線の時間も迫っているので、さっと帰れるように立って飲むことにしましょう。新幹線が出るまであと30分。だけど、立ち飲みだったら問題ないはず。さくっといい気持ちになりましょう。時間がないときに慌てて飲むのが好きなんですよ。時間を気にしながら、急いで酒を食らう。おかげで新幹線の中ではいつも気持ちよく眠れます。

▲チューハイとふきみそで乾杯p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; font: 10.5px 'Hiragino Sans'; color: #000000}span.s1 {font-kerning: none}

最初に頼むのは、もちろんチューハイですが、はじめての飲み屋でメニューを眺める時間ってのは、なんでこんなに楽しいんでしょうか。クイッとグラスを傾けて、メニューをながめて、あれやこれや悩む刹那こそ、酒飲みにとって一番幸せな時間だと思うんです。この瞬間が永遠に続けばいいと思うけど、新幹線の足音が聞こえてきそうだから、ささっと選びましょうね。

▲壁のメニューを見ながら飲む格別な一杯

長野といえば山菜。というわけで、ふきみそを注文します。小皿に箸をぐいっと入れたくなるけど、そこは我慢。箸の先っぽにちょこんとのっけたら、そーっと口に入れて、慌ててチューハイをゴクリ。

口に広がる、ふきの香り。苦味を甘い味噌でグッとコーティングしているけど、口に入れて酒を流し込むと、鼻腔の奥から、ふきの青い苦味が顔を出す。これは、大人の味だね。酒を飲まないわけにはいかない。ごはんとも相性がいいんだろうけど、チューハイもなかなかあう。チューハイははふきの苦さを全面的に受け入れやさしく包む、私にとってチューハイは母乳みたいなもんだ。

チューチュー。「ママ(マスター)おかわり」

■川魚の甘露煮には信州の地酒を

▲滋味豊かな味わいp.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; font: 10.5px 'Hiragino Sans'; color: #000000}p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; font: 10.5px Helvetica; color: #000000; min-height: 12.0px}span.s1 {font-kerning: none}

にじますの甘露煮も頼んじゃいましょう。

喉がほどよく潤ったら、日本酒を頼んじゃいます。わたし、日本酒を飲まないと、その土地に来たって気がしないんです。水と米。日本酒はその土地の顔だと思うんですね。違うかな。でもさ、その土地の顔役に挨拶しないで帰るわけにはいかないでしょう。あはは。長野といえば酒どころですから。さてなにを飲もうか。私は少し悩んだあとで声を張ってこう言った。

「一番いい酒もってきて!」

▲信州の地酒約30種がずらり

もちろん横に担当編集がいるのを確認したうえでの暴挙です。余談ですが、担当のオジマというのが酒好きのいい男でね。飲ませると、彼も嫌いなくちじゃないから、どんどん杯を重ねてね。ついでにどんどん財布が緩くなるんだから、なんていい男なんだろう。いよ、社長! 飲め飲め。

▲あふれんばかりに注がれた地元の銘酒「七笑」

いやあ楽しいなあ。気がつけば奥にいた常連さんも日本酒を飲んでいる。酒を愛する人はみんな幸せそうだ。人間の性は善か悪かって話があるけど、そんな議論する暇があるならとにかく酒を飲めと言いたい。だって酒好きに悪いやつはいない。酒を飲むとタチが悪くなる奴がいるけど、そいつとは飲まなきゃいいんだ。酒は悪くない。酒癖が悪いやつも根はいいやつ。おそらくそいつと酒の相性が悪いんだね。

さて、そろそろ列車の時間だ。新幹線に乗って私は長野を去るけど、帰りの電車でもまだまだ飲むんだろう。酒好きのみなさんさようなら。距離は離れても心の中で一緒に乾杯しましょう。これが本当のリモート飲み会。いやあ楽しかったな。

また来ますね。さて次はどの店へいこう。ふらりふらりと次の街へ。

〈店舗情報〉
■立ち呑ちとせ
住所:長野県長野市南千歳町1-22-10 イチカワビル2F
電話:026-225-0307
営業時間:24時間営業
※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店前にご確認ください。

関連記事(外部サイト)