沖縄の海に赤ふんどし姿!! せやろがいおじさんって何者?

SNSで話題の「せやろがいおじさん」をご存じでしょうか。沖縄の透き通るような海を背景に、赤Tシャツに赤いふんどしという、なんともキテレツな姿で、社会問題や政治などに核心をとらえた鋭いツッコミをいれていき、テレビや新聞などでも、たびたび取り上げられている。その正体は、沖縄を中心に活動するお笑いコンビ・リップサービスの榎森耕助さん。そんな榎森さんが「せやろがいおじさん」として沖縄の海で叫ぶワケとは?

※本記事は、せやろがいおじさん:著『せやろがい! ではおさまらない -僕が今、伝えたいこと聞いてくれへんか?-』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■ふんどし姿で叫んでいるおじさんを知ってますか??

僕は普段、沖縄でお笑い芸人として活動しています。YouTubeをはじめたきっかけは、芸人として全く売れる兆しがなかったからなんです。しかしYouTubeを始めた当初は、全く注目されませんでした。まぁそりゃそうで、テレビをつけたら知名度のある芸人さんが、一流のスタッフと面白いものを作っているし、ネットでも人気YouTuberが面白い動画を上げているし、知らんやつのお笑い動画なんて誰も見ないですよね。

▲せやろがいおじさんこと榎森耕助さん

そこでまず、SNSで広がるようなネタを作ろうと考えた結果「あるあるネタ」を叫んでやろうと思ったのが「せやろがいおじさん」を始めたきっかけです。共感を得ることができたら、拡散してくれるのではないかな? と思ったんですが、ひとり、室内で撮って編集してみると、初めの1分で「これ誰が見んねん!」と自分でツッコんでしまうような内容。

もっとSNSのタイムラインで指を止めてもらえるような、絵面にしないとアカンなと思い直したとき「お笑いといえば、ふんどしやろ」とナゾの勢いで買い、長らく使い道を見いだせていなかった“ふんどし”を手に取ったんです。まさかこれが僕のアイデンティティの一つになるとは……。

ふんどしのおじさんが、ただ室内で叫ぶともなれば余計に目も当てられない。そこで、この暑苦しさを中和するためには沖縄の海を借りるしかないと、動画を撮り始めました。おかげさまで沖縄の海の爽やかさに助けられ、たくさんの方に見ていただけるようになってきました。動画を見て「海ええなぁ」とコメントをいただけたことも嬉しかったです。

▲暑苦しさを中和する沖縄の海 イメージ:PIXTA

テロップをバーンと大きく載せる見せ方にしたのも“ふんどし”と同じような理由で、ちょっとでも気になるフレーズや単語が目に入って、指を止めてくれたらいいなと思って、一番売りたい顔すらも覆い隠すほどの大きさにしたんです。テロップを大きくしたことで、バスや電車の公共の交通機関でも、音を出さずに見てもらえるようになったというのは、思いがけない利点でしたね!

ただ、(沖縄の)海ファンの方から、テロップとおじさんが邪魔と言われる、悲しい事件も起きておりますが……。

■小さな声ひろって大きくしてこ〜

動画を作り始めたことで「こんな問題が起きているんですよ」「実情は、こうなっているんです」といったメッセージをたくさん頂くようになりました。その中には「マジか……」とため息が出るようなものもあります。

▲せやろがい!

たとえば、長崎に“石木ダム”というダム建設の動きがあります。建設予定地は、60人13世帯の小さな村なんですが、その村が今まさにダムの下に沈もうとしているわけです。

でも、この計画案が持ち上がったのは、もう何十年も前の話。この話は実際に動画でも取り上げまして、もっと詳しく話しているのですが、そもそも必要性が疑わしいうえに、なにより住民が納得できる説明がされていない。

そんななか、工事が強行されようとしているんです。しかも強制収用〔国や地方自治体が、公共の利益にとなる事業のために、私有の土地や物件などを強制的に取得すること〕し、村に住めなくするといった強引なやり方をしていると……。

この件について、声を上げている方はたくさんいらっしゃるんですが、たぶん皆さんの多くはご存知ないことでしょう。その大きな原因として「見て見ぬふりをしている人が多い」ことがあるように思います。

こういう事態は、いつどこで降りかかるか誰にも分かりません。だからこそ「見て見ぬふりが、賢い処世術」などと構えているようでは、実際に何か起こったとき、手痛いしっぺ返しをくらうかもしれません。どんな人の声でも、耳を傾けることのできる「風通しの良い風潮」を作っていくことが大切だと思います。

▲見て見ぬふりは賢い処世術? イメージ:PIXTA

もし誰かが沼に沈んでいたら、ひとりで助けるのは大変かもしれません。しかし、助けを呼ぶ声を聞いたあなたが「みんな! 人が沈みかけているよ」「一緒に助けよう!」と声を上げるだけで、声の大きさは倍になります。

そうやって助けを求める声に耳を傾け、一緒に声を上げる。行動する人の輪がつながることで、その人はきっと助かることでしょう。まずは耳をすまして、小声でもいいから声を上げることができる世の中になればいいなと思います。

まずは耳をすましてみることからはじめようや! せやろがい!

関連記事(外部サイト)