ロフトから発信! 室井大資も絶賛した車中泊漫画の誕生秘話

9月12日、阿佐ヶ谷ロフトAでトークイベント「マンガのハナシの楽屋のハナシ」が行われた。レギュラーメンバーの大坪ケムタ氏・ジュンスズキ氏・室井大資先生の3名に加え、この日はゲストとして、話題の車中泊マンガ『渡り鳥とカタツムリ』(小社刊)を発売したばかりの高津マコト先生が登場した。

このイベントは、以前にNewsCrunchでも取材をさせてもらった、ライブハウス「ロフト」を救おうという趣旨の“SAVE THE LOFT”をスローガンに、YouTube「LOFTchannel」で配信するイベントだ。ロフトの現状などと合わせてトークライブの内容をハイライトでお届けする。

■SAVE THE LOFT ――ロフト側の取り組み

新型コロナウイルスの感染拡大以降、ロフトはイベントの動画配信を積極的に行っている。3月よりスタートして、ここ数ヶ月は、ほぼ毎日というハイペースだ。

ロフト創始者の平野悠さんは、今年の7月に「NewsCrunch」でのインタビューで、“変化”への期待を口にしていたが、配信へのシフトは実際どうなのだろうか。

イベント当日、話を聞いた阿佐ヶ谷ロフトAの田中萌さんによると、良い面としては「これまで遠方で参加できなかったお客さんにも参加してもらえる」「有料配信もアーカイブを残すことによって、イベント当日以降も購入してもらえる」など。

反対に難しい面は「飲食代がないので一人あたりの単価が下がる」「演者によっては観客がいないとやりにくい人もいる」とのことだった。全体としては一定の手応えを掴んでいて、感染が収束しても、動画配信は継続していく予定とのことだった。ロフトが苦境に立つライブハウスの新しい運営モデルを作れるか、これからも注目したい。

LOFTchannel( https://www.youtube.com/channel/UCWfVHpqgTfbFn0T-KgvJBmg )

一方で、今回のイベントを企画した側のジュンスズキ氏に話を聞くと「もともとは、本が売れない時代、漫画家の収入を増やすひとつの方法として企画したんです。最初はリアルのイベントとして、このロフトで『マンガのハナシ』を開催していたのですが、それがコロナによって中断してしまいました」。

SNSで作家と読者の距離が近くなったことで、読者の興味が作品から作家本人へと広がり、それがトークイベントへの集客につながっていた。どのイベントも完売だったという。

今年の3月頃からロフトが配信を強化するという話を聞き、それから月に1回のペースで、有料配信と無料配信のイベントを開催している。無料配信の「マンガのハナシの楽屋のハナシ」は、登壇者はボランティアで参加、閲覧者からの“投げ銭”は、全てロフト側に渡している。

「無料配信は、漫画家を広く知ってもらうことができる。面白い作品はたくさんあるんです! マンガへの愛と情熱だけでやってます」

ロフト創始者・平野さんの期待に、どう答えていくのか。音楽・漫画ジャンルを問わず、これからの時代にあった“ライブ文化”が生まれようとしている。

それでは、ここからは当日のイベントの模様をお伝えしていく。

■25年前からあった車中泊マンガ

序盤はレギュラーメンバー3人によるフリートーク。ちょうどSNSで話題になっていた『キン肉マン』をめぐる一件に持論をぶつけあい「過去イチ超真面目な話題だ」という視聴者からのコメントも。

▲左からジュンスズキ氏、室井大資先生、大坪ケムタ氏

そこから徐々に話題を軌道修正。まず『渡り鳥とカタツムリ』以前の車中泊マンガの流れを振り返った。

最初に登場したのが、はた万次郎先生の『ウッシーとの日々』。人嫌いな漫画家が、北海道の人口が少ない町に引っ越して、車で移動しながらマンガを描くというストーリーで、室井先生は「25年前、このマンガを読んで車中泊に憧れた」という。

続いて去年ツイッターでバズった車中泊マンガや、7月からスタートした小田原ドラゴン先生の『今夜は車内でおやすみなさい。』を紹介。スズキ氏は「車中泊マンガのブームが少しずつ来ている」と分析、大坪氏も「リアルのキャンプブームの流れが本にも」とコメント。

■室井×高津『MANGA OPEN』授賞式での秘話

そしてトークイベント開始から30分、満を持して主役の高津マコト先生が登場。

▲単行本にも登場する「みたらしTシャツ」を着て登場した高津マコト先生

まず語られたのは、高津先生と室井先生の意外な接点。今からさかのぼること20年前、室井先生のデビュー作の授賞式に、高津先生も出席していたというのだ。

「『MANGA OPEN』の授賞式で高津君が18歳で俺が25歳の時。俺が大賞をとって高津君は奨励賞だったかな」(室井先生)

高津先生の受賞作『Sadistic Fiction』もスライドで紹介された。当時、サブカルマンガ雑誌に影響を受けていたといい、今とは違うおどろおどろしい画風に「画風ちがうなー」「昔はこんな画風だったのか〜〜〜」とファンから驚きのコメント。

受賞式当時を思い返した2人。式の後に編集者を交えた飲み会で「室井先生だけ3人ぐらいの編集者に囲まれていて、他の受賞者とは別格だった」(高津先生)と証言すれば、「偉そうな感じだったかも(笑)。その後に行ったおっぱいパブで、もらったファンレターを全て無くした」(室井先生)というエピソードも飛び出した。室井先生が大賞をとった『海岸列車』はデビュー作にも関わらず、ファンレターが10枚以上も届いていたそうだ。

■『シャボン』→『わたカタ』で見せた成長

そこから20年の時を経て、今回のトークイベント。発売されたばかりの高津先生の新作『渡り鳥とカタツムリ』を読んで、室井先生は「絵が上手い」と手放しで称賛した。

▲渡り鳥とカタツムリ1巻

室井先生が「(車中泊は)自分の巣を作る作業。そこがよく描けている」「ワクワクしたページは、車内を上から広角で描いているところ」と推しポイントを紹介すれば、スズキ氏も「『シャボンと猫売り』の頃と比べて、かなり絵が見やすくなった」前作からの成長を指摘。

高津先生自身も今作には手応えを感じているようだ。「『渡り鳥とカタツムリ』は描いていて楽しい。描きながら成長を感じています。正直『シャボン』のときは行き詰まりを感じていた。今はそこから作り直している感じです」と語った。

去年の10月から連載開始となった『渡り鳥とカタツムリ』だが、その経緯も明かされた。

「尾瀬とか、あの辺をレンタカーでプラプラしていたんです。その時は車中泊を楽しむというより、装備を用意していないので失敗が多かったんですが」。そんな折に、編集者から“車中泊”というテーマをもらって「渡りに舟」で描き始めたという。

制作過程でのエピソードとして「原稿に行き詰まった時に、レンタカーを借りて伊勢まで1泊2日で車中泊をしに行きました。レンタカー屋には『千葉へ行く』と嘘をついて(笑)」と高津先生の仰天告白も飛び出した。

最後に、視聴者からの質問に答えてイベントは終了した。イベントはアーカイブもされているのでぜひチェックしてみてほしい。

コロナ禍で借金2億。ロフト創始者「時代は変わる、それに期待したい」 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/924 )

関連記事(外部サイト)