メドウズ舞良 “顔面最強”のハーフ美少女「マラソンとクロカンで育ちました」

現在、WOWOWにて放送中のドラマ『連続ドラマW セイレーンの懺悔』に出演中のメドウズ舞良(まいら)ちゃんが登場。ドラマで重要な役を演じている彼女は、いったい何者なのか? プライベートとお仕事の両面で徹底解剖! 撮りおろし写真とインタビューをお届けします!

■大自然の中で育った超優良自然児

――珍しいお名前ですが、本名なんですね。

メドウズ はい。“メドウズ”が苗字で、“舞良”が名前です。メドちゃんでも舞良ちゃんでも、どちらでも好きなほうで呼んで頂ければ!

――名前の由来は聞いたことありますか?

メドウズ 北海道の名寄(なよろ)市出身なんですけど、北海道でも北部にある町で。冬になると、ダイヤモンドダストが綺麗に舞うんです。私のお母さんは大阪出身で、出産のときに大阪のおばあちゃんが手伝いに来てくれていて、そのときダイヤモンドダストが舞っているのを見て、“舞”っていう字がいいんじゃないかって考えてくれたらしいんです。でも“舞”だけだと普通だからカナダ人のパパが、“舞”を使って英語の名前にもなるように“MYRA”って考えてくれて、ママがそれに“良”の漢字をつけてくれました。

――パパとママとおばあちゃん、3人合作の素敵なお名前ですね。

メドウズ はい、とても気に入ってます! 今まで舞良っていう名前の人に会ったことないですし、漢字もバランス良くて。

――生まれ育った北海道名寄市というのは、どんな場所ですか?

メドウズ 旭川から車で2時間くらい北に向かったところにあります。何もなくて、強いていうならイオンが2階建てであるっていう(笑)。ひまわり畑がすごく有名で、西田敏行さんが主演された映画『星守る犬』のロケ地にもなっています。あと、雪質日本一って言われていて、プロのスキー選手やプロボーダーの人も滑りに来るくらい、ふかふかな雪なんです。毎年冬になると雪がたくさん積もるので、毎朝4時くらいに除雪をしてもらわないと家から出られないんですよ。

――雪国は本当大変そうです。幻想的な風景だけじゃないですからね。

メドウズ そうですね。寒いですし(笑)。小学校の頃はバス停まで30分、毎朝歩いていたので寒さにも強かったんですが、中学から車移動になってめっきり弱くなりました。

――通っていた小学校というのは、30分歩いてバスに乗らないといけない距離にしかなかったんですか?

メドウズ いえ、私の住んでいる町にも小学校はあったんですが、パパの教育方針で少し離れた町の全校生徒15人くらいの小学校に通っていました。少人数の学校だといじめとかもないし、先生と生徒マンツーマンで、人として成長できる学校だということで。

学校の敷地内に畑があって人参を育てたり田植えをしたり、自然の授業がたくさんありました。授業の中休みの20分間は、夏は5キロのマラソン、冬は3キロのクロスカントリースキーをやるっていうのが決まりだったんですよ。

――えええ! なんかすごい学校ですね!

メドウズ 毎日マラソンかクロカンをやっていたので、体力がすごくつきました。他のスポーツもたくさんやっていて、小学校から高校1年まではバレーボール、中学1年から高校3年までは陸上競技をやっていました。いろんなスポーツを並行してやっていたので、当時は足とか筋肉ムキムキでした(笑)。

■退路を断って、芽生えた覚悟

――こんな超絶美少女が、まさかの体力おばけだっだとは……。そんな北海道の田舎でのびのびと成長した子が、なぜ芸能界に?

メドウズ 個人的にやっていたインスタグラムにDMが来て。今の事務所のマネージャーさんなんですけど、わざわざ旭川まで会いに来てくれるって書いてあって。最初は詐欺だと思って無視してたんですけど。

――たしかに、それは疑っちゃいますよね(笑)。こういう世界に憧れはあったんでしょうか?

メドウズ 本当の田舎に住んでいたので、芸能界とか未知の世界すぎて……。テレビドラマや映画を観て「こういう格好いい世界もあるんだな〜」っていう、ほのかな憧れみたいなのはあったんですけど、自分的には現実味が全くなかったですね。原宿はもちろん、東京にすら行ったことがなかったので。

――でも、そのビジュアルで名寄市にいたら、それはそれで目立っていたのでは?

メドウズ まず、田舎すぎて外国人がいないんですよ。メドウズっていう苗字もザ・外国人の家っていう感じだし、お父さんが英語の先生をしていたり、お兄ちゃんがイケメンでモテていたので、“その妹”って感じで(笑)。

――スカウトされたのが高校2年のときで、高校卒業と同時に上京して。名寄での生活とは全然違いますよね。

メドウズ そうですね。今の生活は2〜3年前の私だったら全く想像できてなかったと思います。でも最初から戸惑いとかはあんまりなくて。

――そうなんですか?

メドウズ 好奇心があって、何でも手をつけちゃえ! っていう感じの性格なので。とりあえず東京行ってみようぜ! みたいなノリでした(笑)。

――東京でビックリすることはありますか?

メドウズ 地元と違いすぎて、ビックリすることばかりなんですが(笑)。今日も撮影場所まで電車で来ましたが、地元ではほぼ車移動だったから、電車で通えちゃう便利さとかは、すごいなと思いますね。でも、車ってプライベートな空間だから、電車みたいな公共の交通手段というのが少し苦手ではあります。

――なるほど。ホームシックになったりは?

メドウズ 今でも、たまに友達からもらったアルバムを見返すんですけど、見ただけで泣けます……。高校の卒業式は本当に悲しくて、東京へ行く日、皆が見送りに来てくれたんですけど、飛行機の中で1人ずっと泣いてて……。その日から涙脆くなった気がします。

――最初はとりあえず東京に行ってみて、という感じだったのが、今はどういう風に変化してきましたか?

メドウズ 今は、このお仕事一本で頑張っていくぞって思っています。ここに全力を注いでいます。最初は「無理だったらカナダに留学しよう」って思ってたんですね。中学のときから、大学はカナダへ留学して、将来はCAになるっていう夢があって。

でも、その道を諦めたっていうのが大きいかもしれないです。この世界に一度でも入ったからには、やっぱり結果を出したいですし、その覚悟でやっていきたいと思っています。

■プロフィール

メドウズ 舞良(めどうず・まいら)

2001年1月10日生まれ。北海道名寄市出身。身長156cm。血液型=O型。特技=陸上(七種競技)、ドラム。2018年「顔面最強女子」を決める雑誌『VOCE』専属モデルオーディションにてグランプリを受賞し、モデルデビュー。複数のアパレルブランドでモデルとしても活躍。YouTube配信ドラマ『主人公』にて女優業をスタート。現在、WOWOW『連続ドラマW セイレーンの懺悔』(全4話)に仲田未空役で出演中。本人SNS(Twitter= @myra__meadows 、Instagram= @myra_meadows )更新中。

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/1306)

関連記事(外部サイト)