アルピー平子「僕らの“今”は有吉さんのラジオから始まっているんです」

最近メディアでの露出が多くなる一方で「ラジオスター」としても、熱狂的なファンを獲得しているアルコ&ピースの平子祐希さんだが、芸人引退を本気で考えた過去を持つ。それを支えてくれたのは妻、そして先輩芸人の存在だっという。

■一か八かの「忍者」と「パイロット」ネタ

2012年、アルコ&ピースの平子祐希さんは、芸人引退を一度は決意。引退を決意させたのは妻、そして踏みとどまらせたのも妻だった。

「真由美は『私と結婚したことで、芸人を辞めさせてしまうのは嫌』と言っていたんですよ。だから、僕が成功しないと真由美が自分を責める原因になってしまう。2012年は、そんな真由美の応援の惰性で続けられていました。あのとき、自分のなかのモチベーションは0でした」

しかし不思議なもので、そこで芸風を吹っ切ることができた。アルコ&ピースは、前年に引き続き『THE MANZAI 2012』決勝進出を果たすが、ある変化が。

「僕らって、中川家さんのような“間と呼吸の漫才”が大好きなんですよ。一方で、それができないというコンプレックスもある。だからこそ、変則的なネタを作り続けてきたんですけど、考えてみたら中途半端だったんですよね。しかも、これまでやってきた起承転結をつけたようなネタも、去年まったくウケなかった。そこで、思い切ってぶっ壊してしまおうと思ったんですよ。漫才でよくある“○○になりたいから、2人で○○をやってみよう”という入りに、あえて僕が入らないという設定を考えました」

▲中川家のような“間と呼吸の漫才”が好きなのだという

そこで誕生したのが「忍者」と「パイロット」というネタだ。忍者のネタでは、相方の酒井さんが「忍者になって巻物を取りに行きたい。だから、平子さんは城の門番になって」という入りから始まる。

本来なら、それぞれの役になりきって漫才が繰り広げられるが「忍者になるなら芸人を辞めろよ」「なんで俺が、こんな年の瀬に城の門番にならないといけないんだ」と“ハズす”。パイロットも同様に「芸人とパイロットの二足のわらじはできない」と酒井さんのフリに乗っからない。

まさに一か八かの勝負だったが、ライブや大会の予選で良い感触を得ていた。観客の反応を受け「今年こそイケるんじゃない?」という噂も立つ。

ただ平子さんは確固たる自信を持つことはできなかった。予選では大爆笑をかっさらっていても、いざ決勝ステージで披露すると、思うようにウケないことは“芸人あるある”だからだ。加えて、今回の漫才は正統派でもなく、審査員の反応は予想すらできない。

■実力派コンビを抑えて一番の大爆笑をかっさらう

2012年12月16日。この日は、THE MANZAIの決勝でもあり、ここで結果が残せなければ万事休す。芸人・平子祐希は終わる。運命の一日を迎えた。

番組の平均視聴率は17.3%。多くの日本国民が視聴するなか、アルコ&ピースが立っている決勝のステージは、大爆笑の渦に包まれていた。

「忍者」ネタが、ウケにウケたのだ。 

同じグループには、実力派コンビ笑い飯の姿もあったが、9人の審査員全員がアルコ&ピースに票を投じ、グループ予選を圧勝。

芸人引退という、崖っぷちに立たされていたアルコ&ピース。三振かホームランかの一世一代のフルスイング。気づけば超特大ホームランを放っていた。この忍者ネタは伝説となったのだが、当時の様子を「スローモーションに見えた」と平子さんは振り返る。

「僕の立ち位置から、審査員全員とナインティナインさん(MC)や、ビートたけしさん(大会最高顧問)がよく見えて、みんな笑っているなと。2011年は緊張して、おぼつかない感じもありましたけど、あのときは時間がゆっくり流れたんですよ」

これが感覚が研ぎ澄まされ、究極的に集中している「ゾーン」というものだろうか。

「……まあ、残念ながら同じ体験をすることは二度とないんですけどね。むしろ、ファイナルステージでは、冷や汗に変わりましたから(笑)」

ちなみに、THE MANZAIの様子を、妻の真由美さんは実家で見守っていたそうだ。夫の出番の前には、妻は仏壇でご先祖様に手を合わせた。会場のウケ具合に「ヨシッ」と反応しながら静かに見守った。

審査員の投票が大きなスクリーンに映し出され「アルコ&ピース」の名前が一面に広がると、集まっていた親戚は手を叩き喜んだ。その時、真由美さんは口元を押さえて固まっていた。

結局、この戦いで優勝を掴んだのはハマカーン。アルコ&ピースは千鳥とともに惜しくも負けてしまうが、アルコ&ピースの忍者は大きすぎる爪痕を残した。

「決勝の次の日が最後のバイトになりましたね」

金銭面にも大きな変化があった。そして一番大きいのは気持ちの変化だ。「『芸人はもう辞めていい』と思っていたはずなのに、続けられることになって嬉しいなと感じたんです。『あ、本当は辞めたくなかったんだな』って」。

▲優勝こそならなかったが、得たものは大きかった

■助けてくれたのは妻だけじゃない。先輩・有吉の存在

アルコ&ピースといえば「ラジオスター」としても熱狂的な支持を集めている。現在パーソナリティを務めるTBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』 は、カルト的とも言える人気を博す。

また以前レギュラーを務めた『オールナイトニッポン』もすごかった。最終回には、明け方5時にもかかわらず、数百人のリスナーが全国から駆けつけたほど。そんなオールナイトニッポンが、レギュラー番組としてスタートしたのが2013年。『THE MANZAI 2012』での“忍者旋風”が、オールナイトニッポンに直接つながっていたのか。

ここで。ひとりの大御所の存在が浮かび上がる。事務所の先輩である有吉弘行さんだ。

「有吉さんから直接ご飯に誘ってもらったりするだけで、僕らにとって自信やパワーになっていましたね」と語るように、有吉さんにご飯に連れて行ってもらったり、番組で失敗したときに気にかけてもらったエピソードは、ラジオリスナーにはよく知られている。

しかし、平子さんによれば?“それ以上”にお世話になっていたという。

「有吉さんがやっているラジオ『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(通称:サンドリ)にアシスタントとして、ちょこちょこ出してもらっていて、そこで僕らを知ってくれたスタッフさんが多くいるんです。サンドリで繋がったスタッフさんの伝手もありました。

ラジオだけじゃなくて、学生時代にサンドリを聴いていた人が、テレビのディレクターになって僕らを呼んでくれたりすることもあるんです。僕らがテレビに呼んでもらったりする今の状況って、全て有吉さんのラジオから始まっているんです」

2020年10月に出版された平子さんの著書『今日も嫁を口説こうか』(扶桑社)では、妻である真由美さんのエピソードがふんだんに盛り込まれているが、土壇場で踏みとどまれた裏には、有吉さんの存在も大きかったのだ。

▲『今日も嫁を口説こうか』(扶桑社:刊)

「本のテーマ的には妻・真由美がメインですけど、有吉さんのラジオのアシスタントが僕たちの“エピソード0”のようなもの。酒井も同じことを思っているはずです」

イチ視聴者として見ていると、アルコ&ピースは順調に芸人人生を歩んでいるように思える。レギュラー番組の他にも『ネタパレ』(フジテレビ系)で披露した意識高い系IT社長・瀬良明正は、グッズ展開やサントリーのCMに起用されるなどブレイクを果たした。

「瀬良社長はブレイクどころか、“プチプチ”ブレイクですね。僕らって基本的には溺れていて、目の前の藁を掴んでの繰り返しなんですよ。代表的なフレーズもギャグもなくて、目の前にすがる藁がなくなったら、人の藁の端っこを掴ませてもらってもらう」

そう謙遜するが、助けてくれる人への感謝の思いを胸に、タフなお笑いの道を行く。

アルピー平子「芸人を辞められるほどの女性と出会って…」引退を決意した過去 | 俺のクランチ | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/1446 )

■プロフィール

平子祐希(ひらこ・ゆうき)

1978年12月4日、福島生まれ。酒井健太とお笑いコンビ『アルコ&ピース』を結成。182p、90kgオーバーの恵まれた体格のボケ担当。難解な言い回しでくどく諭しボケるその様を、ファンは愛をもって「平子る」と呼ぶ。テレビはもちろん、コンビでパーソナリティを務めるTBSラジオ『D.C.GARAGE』の人気は圧倒的で伝説。初の著書『今日も嫁を口説こうか』(扶桑社)も話題を呼ぶ。

関連記事(外部サイト)