かまいたち・山内「お笑いもギャンブルもビビったら負け」

初の著書『寝苦しい夜の猫』(扶桑社:刊)を出版し、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのかまいたち・山内健司さん。独創的な世界観と計算されたネタを生み出す大人気コンビ・かまいたちのボケ担当で、最も勢いのある芸人と言っても過言ではないだろう。そんな山内さんのYouTube活動や注目している若手芸人などについてお聞きしました。

※編集部より:今回の取材は「三密」を徹底的に避けて行いました。?

■いかに怠けるかが勝負ちゃうの? と思っていた

――いろいろなアルバイトをされていた、というお話も面白かったです。芸人になってなかったらどんな職業に就いてると思いますか?

山内 先生、教職はしていた可能性ありますね。どんな職業でも適応できそうなんですが、でもやっぱり怠けようとする根本的な性格がある。「でも、これせんでええやん」と思ったり、いかに怠けるかが勝負ちゃうの? と思っていたタイプ。何で働くの? って思うから、空き時間とか、店が暇になったときに、自分から掃除しにいくやつが信じられなくて。

あと、普通の会社に入っていたら、経費とかを横領しそうですね(笑)。ここをこうしたら自分の金になるんちゃうんか、うまいことやって横領するタイプだと思うので、芸人でよかったなって思いますね(笑)。

▲自身を「横領しそう」と語る山内さん

――この本では、スロットとか仮想通貨とか「ギャンブル」的なことにも触れていますが、ギャンブルについては、どんな考え方ですか?

山内 ビビったら負けだ、というのはめっちゃ思っています。芸人という職業はギャンブルやとかよく言われるんですけど、途中でハッと冷静になって、恐くなってしまう芸人はいっぱいいると思うんですね。このまま50歳を迎えてどうすんの? ちょっと待って……とかなると思うんですけど、前だけ向いてひたすら突き進んでいかないと負け。ビビるなら早くビビって、早く損切りして撤退したほうがいい。ビビりながらダラダラしているのが一番、恐ろしいですね。

――今、ハマっているギャンブルは?

山内 断トツで競馬ですね。とんでもなく負けているんですけど。それまで毎月コンスタントに30〜40万とか負けてたのが、去年の8月に1000万ぐらいプラスになったんですよ、その月だけ。三連単を8400円分買ってたうちの1つが当たって100円が670万ぐらいになって、そこから連続で150万ぐらいのがパンッパンッて当たったんですね。

それでそこから余計に「うおー!」ってなって、勝ちたいというよりも次は1000万越えの払い戻しをしたい、というモチベーションになっていった。1000万を1日で払い戻せるような馬券とりたいなとなったら、1点に絞って1万とか賭けだして、絞っている分、当たらなくなる。今、その当たらない時期みたいな。

■「競馬は負ければ負けるほどいい」の謎理論

――やっぱりギャンブルすごいお好きなんですね。

山内 でも、ノブさん(千鳥)や川島さん(麒麟)と比べれば……。二人はよく「競馬は負ければ負けるほどいいから。その分、仕事を頑張る気になるから。そこでビビっているようでは大きい仕事はこない」という謎の理論を言っているんですよ。

「仕事が順調であるほど、かけるお金も大きくなって負けるから。それはもうそれでいいのよ」って言うてるんですけど、皆めちゃめちゃ暗い顔してます。

ギャンブルですごいというか、もうイカれているのは断トツで(霜降り明星の)粗品ですね。マジで金借りてやっていて、当たったら寄付というのはまったくもう意味がわからないです。あいつ、たぶん貯金ないですよ。スケールのでかさは表れていますけど、あそこまではちょっといけないですね。

――山内さんのお笑いに関する知識や観察眼はすごいと思うのですが、他の人を見て研究するタイプですか?

山内 まったく見ないですね。完成した他人のネタを見て何か言うのは全然できるんですけど、自分でゼロからネタを完成させるというのは、また別のものというか。だから『M-1』の考察とかいろいろ挙げたりもしたんですけど、そこで言ったことが自分らの漫才でできているかというとそうでもないので、そこは難しいんですけど。ネタが思い浮かぶのには、運の要素もあると思いますね。

▲ネタ作りは「運の要素もある」と語る山内さん

――今、山内さんが注目している若手芸人はいますか?

山内 ネタで言うとビスケットブラザーズというコンビ。基本コント師なんですが、めちゃくちゃ面白いですよ、ネタで笑うことはあんまりないんですけど、ほんまに笑い声が出るぐらい面白いですね。『キングオブコント』優勝すると思いますね。決勝まで行ったり行かなかったりなのですが、でもネタ的には絶対、優勝すると思いますね。

見た目にポップさがなく、女性人気が出るタイプじゃないですが、ネタがずば抜けて面白い。優勝したあと、どうやって売れるのか、アドバイスをどう言ってあげたらいいのかとイメージしているんですけど、あの見た目はどうやっても無理ちゃうかなと(笑)。ただ、ネタはもうめちゃくちゃおもろいです。あと、コウテイとかも面白いです。

■YouTubeは自分らがおもろいことだけをしている

――YouTubeでのご活躍もすごいですね。吉本社員さんあるあるとか、謝罪動画とか、ネタはどなたかが考えているのですか?

山内 YouTubeは俺と濱家とがメインでやっているやつと、スタッフさんと2週間に1回、企画会議みたいのをして考えるのがあります。最新情報やトレンドをとり入れつつ。求められていないことをしても意味ないなというのはあるので、YouTubeでやるからにはYouTubeのルール、トレンドに則ってやる。

謝罪動画が伸びやすいとか、普通やったら絶対しないんですけど、YouTubeの世界なのでカバンの中身とかをやったりというので、このままバズるのをしていきたいなと思っています。

――テレビとYouTubeの違いはどこにありますか?

山内 全部、自分たちで企画して撮影までやっているので、より自分らがやりたいことだけ、自分らがおもろいと思っていることだけをしている、というのが違うところかな。テレビでやりたくないことをさせられているとかではないですけど。

あとテレビの企画だと、すごくオリジナリティを求められると思うんですけど、YouTubeはどっちかというと1人ぽつんとすごいことやっているよりも「何々してみた」って皆で共有してやるじゃないですか。ああいうのに乗っかりつつも、何かプラスかまいたち味があるというやり方を目指しています。それでいいというか。

――YouTubeでの今後の野望は?

山内 YouTubeはチャンネル登録者数100万人いったらすごいな、というところからスタートしたので、2日にいっぺんぐらいのペースで動画をアップしています。100万人は、ほんまに目指しています。

あと子どもですね。うちの子がもうちょっとで3歳になるんですけど、YouTubeめっちゃ見るんですよ。子どもって、好きな動画を見つくしているぐらい見る。どんどん新しいの見たいというのあるから。

笑える動画や驚かせる動画を何回も繰り返し見るし、子どもの玩具で遊んだり、動物園に行ったりという親が安心して見れる緩い動画もあったり……。自分の子どものためにもそういのがあればなと思います。

――本日はお忙しいなか、ありがとうございました。

山内 こちらこそ、ありがとうございました。

▲最後に猫耳をつけて著書をアピールしてくれた

養成所の評価はC。かまいたち・山内はそれでも自分を信じた | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/1659 )

▲山内さん初の著書「寝苦しい夜の猫」は、扶桑社より好評発売中!

■プロフィール

山内 健司(やまうち? けんじ)

1981年1月17日、島根県出身。濱家隆一とお笑いコンビ「かまいたち」を結成。ボケ担当。
キングオブコント2017優勝、M-1グランプリ2019準優勝などの実績を残す実力派コンビ。
初の著書『寝苦しい夜の猫』(扶桑社)が話題を呼んでいる。

かまいたちチャンネル( https://www.youtube.com/channel/UCIR2mQ77wHrLMreV45nYhgw )

関連記事(外部サイト)