「ゾゾゾ」&「家賃の安い部屋」長尾氏の意外な“素顔”に迫る!

『家賃の安い部屋』長尾氏“初単独インタビュー”のお時間がやって参りました――。

YouTubeチャンネル登録者数なんと54万人(注:2021年2月現在)を誇る、大人気ホラーエンタテインメント番組『ゾゾゾ』の“サブチャンネル”として、突如としてスタートした『家賃の安い部屋』。

『ゾゾゾ』のメンバー、否、スペシャルゲストの“しょうちゃん”こと長尾をメインパーソナリティにして、なぜか家賃の安い(やはり、事故物件なのか……!?)長尾の自宅から放送する、その名も『家賃の安い部屋』は、視聴者から寄せられた心霊写真・映像を紹介するという、日本各地の心霊スポットを駆け巡る『ゾゾゾ』とは真逆のアプローチを持つ番組だ。

ある日、番組ディレクターの皆口(同じく『ゾゾゾ』メンバー)が突然、長尾の部屋を訪れるところからスタートしたこの番組、なんと、すでにYouTube登録者数20万人という『ゾゾゾ』を追随する“おばけ番組”と化しつつある。さらには『読むゾゾゾ』に続き『家賃の安い部屋 心霊写真BOOK』として書籍化も決定した。

ここでは、メインパーソナリティの“しょうちゃん”こと長尾氏の“素顔”に迫る、記念すべき初単独インタビューの様子をご覧いただこう……。

■ありがたいのと、恥ずかしいな・・・と(笑)

――『家賃の安い部屋 心霊写真BOOK』が発売されるとのこと、おめでとうございます!

長尾 ありがとうございます。本のカバー(装丁)もめちゃめちゃカッコいいですよね。ただ、自分の顔が全面に出ているので、本になってありがたいのと、恥ずかしいな……という気持ちもありますね(笑)。

このオビの写真は、番組の初回(2019年3月)に撮ったものなんです。でも、ファンの方のなかにも、この写真が好きだとおっしゃってくださる方がいて、今回はクリアファイル(Amazon限定特典)にもしていただけましたし、喜んでいただけているならよかったなぁと思います。

▲著者である“しょうちゃん”こと長尾氏

――以前、落合さん(『ゾゾゾ』メインパーソナリティ)にもメンバーそれぞれの印象について伺ったのですが『家賃の安い部屋』を一緒に作られているディレクター・皆口さんは、長尾さんから見て、どんな印象の方ですか?

長尾 あんまりリアルに言うことはないんですが……「天才」だなって思いますね。頭の回転が早いですし、思考の流れがスムーズなので、たとえば何気ないフリートークの場面でも、編集したものを見て「だから、こうなる(撮った)のか!」と、あとから思うことがよくあります。

トークの最中は「これ、どうやって落ち着くのかな?」なんて思いながら話していることもあるんですが、ふと気づくと、最終的にキレイにスポッとハマるように道筋を作ってくれている。とはいえ、全然どっちらけで終わることもあるんですけど(笑)。

――たしかに、撮影時ではどう編集されるかわかりませんよね。

長尾 そう、だから「あの会話が、こうキレイにまとまるとは……」と。トークの場面は、ほんの5分くらいですけど、現場では下手すると30〜40分くらい、着地点もわからないままフワフワ話していることも多いんです。だから、いつもどう調理(編集)されるのかすごく楽しみです。

▲ディレクターの皆口さんについて語る

――ちなみに、落合さんは以前のインタビューで皆口さんのことを「変な人」とおっしゃっていました(笑)。

長尾 あはは(笑)。やっぱり、紙一重なんでしょうね。普通に会話しているとまっとうな常識人なんですけど、撮影時の発想とかプライベートで遊ぶときとかも面白いです。「こうしよう」「ああしよう」と、いい意味で振り回してくれる。グングンと引っ張ってくれるんですよ。だから、安心して楽しんでいます。今はほぼ撮影のときしか会わないんですけど、以前は買い物に行ったり、飲んだり、ちょこちょこ遊んでいましたね。

――私たちは動画しか見ていないので、お二人で買い物に行くなんて、なかなか想像できません!

長尾 最近は『ゾゾゾ』の移動中の車内で『ワードウルフ』っていうゲームをやったりとか。あとは映画の話をしたり、テレビ番組の感想を言い合ったりすることが多いかも……。

「ゾゾゾ」の落合さんが語る。“行ってはいけない場所”の裏話 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/952 )

■長尾さんオススメ『家賃の安い部屋』は?

――長尾さん、テレビはよくご覧になるんですか?

長尾 見ます、見ます! バラエティ番組とか、二人とも大好きなんですよね。最近だと、まあ『M−1』ですとか……。ああいう特番はもちろん『ガキ使』〔注:ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!〕、もう終わってしまいましたけど「めちゃイケのあれ、面白かったよね」「あらびき団のアレも」みたいな思い出話も、よくします。

――ちなみに、いまイチオシの芸人さんは誰ですか?

長尾 それがですね、たとえば『M−1』に出ていた芸人さんでいうと、僕は錦鯉さんが大好きなんです。あとはコウテイさん、金属バットさんも好きですが、とにかく錦鯉さんには頑張ってもらいたい――って、それを皆口さんに話したら「まーくん(『ゾゾゾ』メンバー・内田氏)も同じこと言っていたよ」と(笑)。そんな感じで、なぜか僕と内田さんとの共通点はちょこちょこあるんですよね……。

▲長尾さんオススメ『家賃の安い部屋』は?

――閑話休題。では、このインタビューをきっかけにはじめて『家賃の安い部屋』をご覧になるという方に、長尾さんオススメの回をご紹介ください!

長尾 そうですね。強いて言えば、1周年の総集編を見ていただくと、番組の雰囲気や空気感が伝わるかもしれません。あの回は、怖いものもたくさん紹介していますし、オープニングトーク集みたいなものもあるので「普段、こんな感じでやっています」という、わかりやすさがあるかな……と。

――たしかに、初めて見るにはうってつけかもしれませんね! では、長尾さんがとくに好きな回はありますか? 

長尾 あのですね、僕は薬を飲まないはずなのに、なぜか薬局の袋があるという回がありまして……。あの回は流れが奇跡的でしたね。はじめは好きなお茶の話からはじまり、なぜか「加藤茶」に飛んで(笑)、そうしたら、なんとテーブルの下に僕が薬局からもらった薬の袋が見つかる。

「なんで薬局の袋があるんだよ」と皆口さんがツッコミを入れると、薬局の名前がなんと「アイン薬局」だったという(笑)。あれ、じつは花粉症の薬だったんですけど……。あの回は、オチまでが本当にキレイにまとまりましたね。とくに皆口さんの会話の振り方が印象的で。まるで落語みたいでした。

――あれは、花粉症の薬だったんですね(笑)。ちなみに、長尾さんがいらっしゃらない「お留守番回(※#55〜66までは、長尾の代わりに『ゾゾゾ』メンバーがパーソナリティを務めた)」は、いかがでした?

長尾 やはり、まーくん(内田)の骸骨の回は痺れました〔※内田の代わりに画面上に内田のメガネをかけた骸骨が登場。「まーくん、痩せた?」「病気の可能性あるよ?」という皆口との掛け合いも秀逸な回〕。あれはプライベートでの空気感が出た回といいますか、僕たち(ゾゾゾメンバー)は仲がいいとか言われますけど、まーくんと皆口さんは特に同級生なので、その仲の良さや悪ふざけ感がいい意味で出ていましたね。

――ちなみに、落合さんと山本さんのお留守番回はいかがでしたか?

長尾 落合さんの回は『家賃の安い部屋』じゃなくて『ゾゾゾ』ですよね(笑)。まさに、THE落合さん。山本さんの回も好きです。あまりお会いできないんですけど、山本さんのサイコパス具合が掘り下げられているといいますか(笑)、見ていて「こんな人なんだ!」と。まさに皆口さんがそれぞれの“魅力”をうまく捉えて、的確にスポットライトを当てた結果、ですよね。

■好きなアニメ第2位は『崖の上のポニョ』

――ちなみに、第5回で「好きなアニメ映画ベスト3」の第3位が『東京ゴッドファーザーズ』だと長尾さんがおっしゃって。ところが第2位と第1位が発表されず……。よろしければお教えいただけますか?

長尾 じつは、ベスト3的なことでいうと、第2位は『崖の上のポニョ』なんですよ。もちろんジブリはすべて好きなんですけど、ポニョはリアルとファンタジーのバランスが個人的にちょうどよくて。あ、『平成狸合戦ぽんぽこ』も好きです。

で、第1位は『君の名は。』これは、今のところ不動の1位かもしれません。だって、7〜8回も見に行きましたからね。賛否両論あるとは思うんですけど、単純に僕はハッピーエンドでよかったな、と。

――意外というか、なんと言いますか……(笑)。では『家賃の安い部屋』に話を戻しまして、撮影中、なにか変わった出来事ですとか、おもしろエピソードのような裏話的なものはありますか?

長尾 撮影には僕のパソコンを使っているんですが、撮影日なのにパソコンを仕事場(お店)に置いてきてしまって、取りに戻って……。僕の家での撮影なのに、僕がいないという(笑)。「すみません、いま向かってます」「早くして」みたいな。

あとは、自宅が大通りに面しているので、救急車とかの音がものすごい入っちゃうんですよ。なので「音」待ちはよくありますね。もちろん、ツッコミを入れてそのまま使う場合もあるんですけど「さあしゃべろう」というときに、また音が入って……。

▲撮影中の「音」待ちはよくあります

――たしかに、動画に音がよく入っていますよね。ちなみに長尾さんは、ホラー漫画とか映画などはご覧になるんですか?

長尾 漫画だと、御茶漬海苔先生や中山昌亮先生が好きです。映画ですと『リング』『仄暗い水の底から』、海外ものでは『ヘレディタリー/継承』とかは見ていますね。痛い&グロいのは苦手かもしれないです。

――そうなんですね。では、落合さんの一番怖いものは「蜘蛛」だそうですが、長尾さんが一番怖いものって、なんでしょう?

長尾 お化け屋敷なんかも怖いですけどね。一番は人ですよね。たとえば……先輩とか?

▲怖いものを真剣に考えこむあまり、頭を抱えてしまった

?――先輩ですか!?

長尾 あとは……警察(笑)。いや、別に悪いことはしていませんよ。あとは……兄貴かな? 僕は兄が二人いて、一番上が13歳上で、2番目が11歳上なんですよ。だから、もちろん馬鹿話もするし、ふざけあったりもするんですが、一番怒られて怖いのは兄貴なんです。小さいときによく怒られたんで、今でもちょっと緊張しますね。「ちょっと話があるんだけど」なんて言われたら……(笑)。

■はじめて撮れた「心霊写真」!?

――そういえば、長尾さんがぼやけて見える心霊写真のようなものがあるとか?

長尾 皆口さんと青森の恐山に行ったことがありまして……。恐山って地面に敷かれてる砂を持って帰っちゃいけないらしくて。もちろん普通に観光をしたんですが「でも、知らずに靴に砂利とか入って、それで家に帰っちゃったらどうなるんだろう」的なふざけた話もしたんですね。

――なにか起こりそうな……。

長尾 その日、帰ってから部屋のなかで撮った写真なんですが、僕の腕が消えている……というか、手先に向かって薄くなって写っていたんです。ブレた感じではなくて、すーーっと消えていく感じです。皆口さんが撮った写真なんですが、僕のはじめての心霊写真かもしれません。タイミング的に恐山に行った帰りですし、ちょうどお盆だったので、やっぱりひっかかりますよね……。

▲問題の写真が…コチラ (長尾さん提供)

――最後に『家賃の安い部屋』の今後の展望と、視聴者のみなさんへのメッセージをお願いします! 

長尾 もう、皆口さんについていくだけです。好きに調理していただくために「材料は提供します」という感じでしょうか。仮にマンネリになったとしても、皆口さんは飽きさせないように方向転換するでしょうし。もう、仰せのままに……(笑)。

視聴者の方には、ぜひ気軽に見ていただきたいです。なかには「毎週金曜のお楽しみ」とおっしゃってくださる方もいるんですが、それってスゴいことですよね。『サザエさん』じゃないですけど、みなさんの生活のなかに組み込んでもらえているのであれば、本当に光栄に思います。

<取材後記>
貴重な長尾氏の単独インタビュー。その意外な“素顔”に思わず顔がニヤけたファンも多いのではないだろうか? “ポニョ”好きで“兄貴”が怖い長尾氏の独特なトークを楽しみつつ、恐怖の心霊写真&映像に“ゾゾゾ”としてみてはいかがだろう……。今、もっとも注目されているYouTubeチャンネル『家賃の安い部屋』から、今後も目が離せない!

▲『家賃の安い部屋 心霊写真BOOK』好評発売中!

◆『家賃の安い部屋』とは
ホラーエンタテインメント番組『ゾゾゾ』のサブチャンネル。メインパーソナリティ長尾とディレクター皆口のトークを交えつつ、番組に寄せられた投稿写真・映像などを紹介する、気軽に見れるフラットで少しアンダーグラウンドなホラーエンタテインメント番組である。日本全国から絶えず投稿があり、今もっとも注目されている心霊写真番組だ。2019年3月からYouTubeでの配信を開始。チャンネル登録者数20万人超、総再生回数2400万回超(2021年1月時点)。

家賃の安い部屋( https://www.youtube.com/channel/UCkceoy0usC5tMOcqQU6j8Jg )

ゾゾゾ( https://www.youtube.com/channel/UCL4NX3B5v_gYc5XXWSTcpMA )

関連記事(外部サイト)