宮迫博之の“カツカツ”発言に辛辣な声!「こういうところが信頼されない」

宮迫博之の“カツカツ”発言に辛辣な声!「こういうところが信頼されない」

宮迫博之の“カツカツ”発言に辛辣な声!「こういうところが信頼されない」の画像

宮迫博之 (C)週刊実話Web

元お笑いコンビ『雨上がり決死隊』の宮迫博之が9月15日、自身のYouTubeチャンネルを更新。今後の方針を発表した。



新しい方針は「日本の食を応援します!」で、その理由として「いま家から出られない、遊びに行けない、旅行にも行けないと、いろんなことがある中で、このチャンネルを見ていただいて楽しい気持ちになったり、幸せな気持ちになっていけるような動画を配信したい」と決意を語った。


ユーチューバーの収入源の1つである「企業案件」についても言及。


「お金を稼がないと、何かをしようと思ってもお金のない状態ではできないので、それはやらせてもらいます。何度もお話していますが、このYouTube、カツカツです。(スタッフの)お給料を払わないといけない。お金を稼がないといけないので、すいませんが、案件はやらせていただきます」


さらに、Twitterで誹謗中傷をしてきたアカウントはミュートをするとも宣言。ファンからはコメント欄に励ましの声が相次いだ。


《食に関しては確かに見てて楽しいことが多いし情報にはなるからそういうのはやってほしいw》


《配信毎回見てます。弱小ながら応援してます! 頑張ってください》


《どんどん案件受けてほしい!笑 お金儲け=悪い、は偏った考え方ですもん…。大切なのは中身(想い)ですよね》


高い車や時計買ってるのに…

しかし一方、匿名掲示板では真逆の反応ばかり。


《食は一番視聴を取りやすいし、案件も取りやすいし。ベストな選択ですね。動画で高い車や時計買って、カツカツは…こういうところが信頼されないんですよね……》


《あれだけの登録者数、再生数があって「カツカツ」というのがまず信じられないです。スタッフの人件費が発生しているのは他の芸人等も同じはず。それだったら大半の芸人ユーチューバーは赤字じゃないでしょうか?》


《あんなやらかしがあってもユーチューバーとして食っていけるとは良い時代になったものですね。昔ならテレビ業界に見捨てられたらもう高給取れる可能性なんて皆無だったのに。ネームバリューもゼロスタートではないし、良いですねぇ》


ユーチューバーに転身してテレビタレント時代より稼いでいるとされる宮迫の「カツカツ」という発言が、アンチにとっては不愉快なのだろう。


解散で、後輩芸人たちもコラボしてくれなくなった宮迫は、あと数年で本当に「カツカツ」になるかも!?



関連記事(外部サイト)