ヒロミ「よくそこで揉める」 熊谷真実の「離婚理由」推測に理解示したワケ

今年(2021年)3月、書道家の中澤希水さん(43)との離婚を発表した俳優の熊谷真実さん(61)のインタビューが、6月29日の「バイキングMORE」(フジテレビ系)で放送された。

2012年に結婚して以来、熊谷さんの誕生日で結婚式を挙げた日でもある3月10日頃に「来年も一緒に過ごすか」を確認し合う「1年更新の契約結婚」を続けてきたという2人。今年になって、「契約更新をしない」という夫からの申し出があったという。

■「芸能人と一般の人が結婚すると...」

メディアで度々ラブラブっぷりを見せてきた2人だったが、離婚の原因は何だったのか。

熊谷さん「将来の考え方の相違って言ったらすごくきれいなんですけど、やはり年齢差もありましたし、前どなたかに言われたことがあるんですよ。当たり前なんですけど、私が還暦を迎えた頃彼は男盛り。そういう意味で、私が70歳になったら、80歳になったらっていう景色が、やっぱり見えなかったんですよね」

芸能人ならではの状況もあったようだ。

熊谷さん「人に見られることや、自分が1歩(外に)出たら、プライベートの時間はそんなにない。それが彼にとってはすごく窮屈になってきたのかな」

コメンテーターのヒロミさん「街に出て声かけられたりとか、真実さん明るいから答えるから。『いいじゃねえか、今2人なんだから』とか言うのって、芸能人と一般の人が結婚するとよくそこで揉める。(中略)あんまり表で声かけられるとかいう感覚のない人だと、余計そういうのがきつくなっちゃうのかもね」

コメンテーターの吉田敬さん(ブラックマヨネーズ)「道歩いてて『真実ちゃん』って言われた時、旦那さん辛かったやろなって。結構僕の嫁さんもそんなん感じてるみたいで、旅行に行くじゃないですか。仲居さんとかが『僕とばっかりしゃべってたよね』って言うんです。結構気になっちゃうんだなって」

(TT)

関連記事(外部サイト)