熱海の土石流は「9割が盛り土だった」と副知事が新見解 加藤浩次「人災と言わざるを得ない」

9人が死亡し、22人が安否不明となっている静岡・熱海の土石流をめぐり、「スッキリ」では連日、被害を拡大された一因である「盛り土」について報道しているが、きょう9日(2021年7月)も「(静岡)県が新たな見解を示した」と、番組冒頭の大雨のニュースに続いて伝えた。

静岡県の難波喬司副知事がきのう8日、記者会見し、「推定でいえば(土石流の)9割が盛り土だった」と明らかにした。県はこれまで、土石流の量は約10万?で、このうち約5万4000?が盛り土であるとしていた。しかし、その後の調査で、流れ出た土石流の量は推定で約5万5500?であることが判明、ほとんどが盛り土の土砂だったというのだ。

■不動産業者の届け出は3万6千?、実際は7〜8万?か

しかし、盛り土の申請をした神奈川県小田原市内の不動産業者の届け出は、3万6270?になっていたという。土木技術者でもある難波副知事は「(盛り土は)7万?とか8万?入っていた可能性もある」「排水口は設置されていないように見える。副知事としてではなく技術者の見解として、工法は不適切であっただろうと思う」とも述べた。

MCの加藤浩次「ルールを守っていなかったことでこういう被害になったとすれば、人災と言わざるを得ないですね」

元官僚の石川和男氏「そのルールが本当に良かったかどうかという問題もあります」

番組では盛り土のほか、安否不明の家族の様子なども含めて土石流関連の話題に30分以上を割いた。ただし、盛り土申請の経緯や産廃が含まれていたこと、代理人弁護士の話などは、数日前の番組内容とほぼ同じ。東京の緊急事態宣言や東京五輪の無観客決定など他に大きなニュースもあったのに、とも思いたくなる。

(キャンディ)

関連記事(外部サイト)