橋本五郎「勇み足を超えて、言語道断」 西村大臣「金融機関」発言と撤回騒動

きょう12日から4度目の「緊急事態宣言」が東京都を対象に始まったが、酒類提供をめぐる西村康稔・経済再生担当相の「(応じない飲食店には)金融機関からも働きかけを」発言に、12日のスッキリのコメンテーターらから「言語道断」などの発言が相次いだ。

■「資金面での圧力をかけてほしい、とお考えか」

 

西村担当相は先週8日の記者会見で、「(酒類禁止要請や命令に)応じていただけない店舗の情報を共有する金融機関からも、応じていただけるよう働きかけを行っていただく、ということで取り組みを進めたいと」述べた。

 

記者から「資金面での圧力をかけてほしい、とお考えか」との問われると、西村氏は、「金融機関は日常的にやりとりを行っていると思いますので、金融機関からも働きかけを行っていただきたい」。

番組は、これに対し「融資する側の優越的地位の乱用につながるのでは」との指摘が相次いだ、とした。具体的には、立憲民主党の安住淳・国対委員長が9日、「権限もなく強圧的な態度に出ることを考えているなら、即刻辞任をしたほうがいい」。自民党からも、「働きかけは行政がやるべきで、金融機関を使ってプレッシャーをかけることはやめるべきだ。資金繰りの苦労をしたことのない官僚ばかりが集まって施策を決めているのではないか」(平将明・衆院議員ツイッター)。

 

西村担当相は9日、「飲食店に対して何か融資を制限するという趣旨ではない」として、法に基づく要請でなく、日常の中で働きかけてほしい、と釈明した。加藤勝信・官房長官も、「(西村大臣から)関係省庁から個別の金融機関などへの働きかけは行わないこととしたと(連絡をもらっている)。私から西村大臣に(発言に)気をつけていただきたい旨を伝えた」。

■メッセージが「伝わってこない」

 

橋本五郎・読売新聞特別編集委員「勇み足を超えて、言語道断だと思う。お金を貸す立場は強いですから。飲食店が要請に従う状況を作るのが政治。ならば、補償するとか協力金を出すとか、先にやらなければならないのに」

 

MCの加藤浩次「締め付けをすればするほど反発が生まれる。だったら、協力金をもっと出すぞ、今回の緊急事態宣言を最後にしよう。そういうメッセージが全然伝わってこない」

 

西村氏は「政治家失格」。言葉で国民を動かすことが政治の基本だよね。「人事の脅し」で官僚を動かす菅首相や、いきなり「一斉休校」で失敗した安倍前首相ら「失格先輩」ばかり周りにいるから、仕方ないか。

                                    

(栄)

関連記事(外部サイト)