小山田圭吾「辞任」と組織委の責任 羽鳥慎一「調べればわかることを...」

20日(2021年7月)のモーニングショーは、東京五輪開会式の楽曲を担当していた小山田圭吾氏(52)の問題をトップで取り上げた。

過去のいじめをめぐる発言に批判が殺到した小山田氏は、19日のツイッターで「私がご依頼をお受けしたことは様々な方への配慮に欠けていたと痛感しております。組織委員会の皆様へ辞任の申し出をさせていただきました」とコメント、楽曲担当を辞任することとなった。

■米メディア「関わる資格があるのか」

小山田氏は過去、雑誌のインタビューで障害のある同級生をダンボール箱に閉じ込めるなどのいじめを行っていたことを告白、さらに年賀状を雑誌にさらし、「字が汚い」と笑いものにするなどしていて、ネット上で繰り返し騒ぎが起きていた。

そんな小山田氏の起用に批判が起きたにもかかわらず、先週土曜(17日)、組織委員会の武藤敏郎事務総長は「彼は謝罪をして反省をしている。引き続き彼に貢献して頂きたい」と擁護、続投させる考えを表明。同日、加藤官房長官が「全く許されるものではない」と再考を迫ったにもかかわらず、組織委員会の高谷正哲スポークスパーソンが「最後まで準備に尽くしていただきたい」とコメントしていた。

こうした事態に米NBCが「このような差別的で暴力的な行為をした人物が五輪やパラリンピックに関わる資格があるのか」と批判。知的障害者の権利擁護を行う団体からも「どうして起用したのか。少し調べればわかる」と声が上がり、小山田氏は辞任に追い込まれて、楽曲も開会式で使用されないことになった。

■菊間千乃「辞任は当然」

小山田氏は4人いる作曲家のうち一人で、4分程度の音楽を作曲していた。今後はクリエイティブチームが対応を考えるという。

都庁幹部からは「呪われているよね。ただでさえ風当たりが強いのに勘弁してほしい」と嘆きの声も出ている。

菊間千乃(弁護士)「辞任は当然。開会式を担当するということは、日本を代表するクリエイターとみられる。陰湿、ひどすぎて言葉にならないという内容で、武勇伝として自慢している。謝罪のチャンスがあったのにここまで何もしないでここまで来ている。問題視しなかった組織委員会はなんだろう」

玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「全部読んだんですが、これはいじめではなく虐待。組織委員会は過去の問題として片付けようとしたが、両者の間で和解があって過去の問題になる。未だに謝罪できていないので現在進行形の問題。組織委員会は2つ間違いを犯すところだった。第一の間違いは調べればわかることを調べず、ふさわしくない人を任命したこと、第二は問題が発覚した時にそのまま続行しようとしたこと」

菊間千乃「組織委員会の判断がぶれている。例えば小・中学生観戦のスポンサー以外のボトル持ち込み禁止問題などをみても、組織委員会はどこを見ているのかと思う」

(みっちゃん)

関連記事(外部サイト)