加藤浩次「もう選手村に入り込んで...」 南ア選手らの感染確認・濃厚接触者認定が意味するコト

東京五輪の選手村に入ったサッカーの南アフリカ選手ら3人が新型コロナウイルスに感染していることがわかり、21人が濃厚接触者に認定された。選手らはどこで感染したのか、22日(2021年7月)に予定される対日本戦で感染が拡大することはないのか、20日のスッキリが伝えた。

南ア代表チームは19日、千葉市内で練習をした。感染した選手ら3人はホテルで療養。他の選手は、一昨日のPCR検査で全員が陰性だった。大会組織委員会によると、明後日の日本戦までに、毎日検査をし隔離された部屋で食事をとり、トレーニングの場合のみ部屋から出られる、という。濃厚接触者の21人は、明後日20時からの対日本戦の6時間前(14時)にPCR検査をし、陰性の場合は出場可能となる。

■入国後に毎日「抗原検査」を受けるが...

日本代表も練習をしたが、南ア代表の感染について、「ぼくたちの準備をするだけなので、相手の状況は気にしていないです」(冨安健洋選手)。

大会組織委員会によると、19日も新たに、海外の大会関係者2人と日本の業務委託スタッフ1人の計3人の感染が確認された。これまでに確認された大会関係者は61人。

五輪関係者と一般の接触を遮断する、という「バブル方式」は有効なのか。

海外から入国する五輪選手らは空港到着時や入国後に毎日「抗原検査」を受けるが、日本感染症学会の水野泰孝指導医は「ある程度病原体が多くないと検査で引っ掛けることが難しい。感染してごく初期の場合は、すり抜けることが十分考えられる」。

■ロバートキャンベル「バブル方式じゃない」

MCの加藤浩次「ただ、もう選手村に入り込んでしまっているんですよね」。

水野指導医「バブルというのは、病原体を全く入れなければ、広がる可能性を極力抑えられるが、この閉鎖空間に病原体が入り込んでしまうと、広がりやすいというリスクもある」

では、南アの選手はどこで感染したのか?

水野・指導医「空港か機内で感染しても、(到着した)空港では引っかからない(場合がある)。3、4日の潜伏期間を経てウイルス量が増えて、PCR検査に引っかかる」

ロバートキャンベル(日本文学研究者)「問題なのは、東京でやろうとしているのはバブル方式じゃない、ということ。もともと去年の8月、米国のバスケットボールリーグが、ディズニーワールドの一角を借りて、20数チームをそこに呼び込んで、シーズンごとに丸ごとそこにいさせて、一歩も外に出させなかった。一人の陽性者も出さなかった成功事例、それがバブルだ。今回の東京五輪の場合、3000人以上の選手が日本国中の事前合宿に散っている。私の知人の記者は、公共交通機関を使って取材してきた。東京でやっていることはバブルじゃないということをまず理解すべきだ」

加藤「バブルじゃないなら、どうしたらいいんですか」

ロバート「穴だらけなんですね。そのなかで、できるだけどう食い止めるのか」

水野指導医「バブルと言っても、ほとんど抜け穴だらけになっていることも、わかってきている。そうなってくると、陽性者を早く見つけて、ボヤのうちに火を消すと。検査を徹底的にやるしかない。開会式もすぐそこですから」

高橋真麻「いくらサッカーの試合前にPCRやってみても偽陰性かもしれないし、試合をやってみて、日本の選手に陽性者が出たらどうするんだろう。選手たちはすごく不安だと思う。(略)感染者が出た時に、どこのなんの選手かを公表するか否かも、明確にしてほしい」

開会式前に「安全の前提」が崩れた。このまま突っ込むのか。

(栄)

関連記事(外部サイト)