山田孝之の激辛チャレンジが「死ぬほどおもろい」 「長澤まさみ写真」の意外な利用法

7月26日(2021年)放送の「有吉ゼミSP」(日本テレビ系)に、俳優の山田孝之さんが出演した。

「激辛グルメVS美男美女」コーナーに登場した山田さん。2017年に同番組で激辛グルメに挑み、あえなく敗北していた賀来賢人さんのリベンジとして、自ら出演を志願したという。

まさかの人気俳優の登場に、「どうしたの!?」(有吉弘行さん)、「マジで!?」(おぎやはぎ・矢作兼さん)など、スタジオでは驚きの声が上がっていた。

■共演以来の「マドンナ」

山田さんと仲良しだというシソンヌ・長谷川忍さん、俳優の竹原芳子さんと挑戦したのは「灼熱の汁なしマグマチキン担々麺」。タバスコの約10倍辛い「朝天唐辛子」、約80倍辛い「プリッキーヌ」、過去に辛さギネス世界記録にも認定された「キャロライナ・リーパー」など辛味食材をたっぷり使った「爆辛グルメ」だ。

制限時間は25分。チキンに豪快にかぶりついた山田さんは、辛さのあまり思わず「バーカ!もう!」と悪態をついてしまう。しかし顔中に汗をかきながらも食べ続け、ナレーターの服部伴蔵門さんに「激辛で頑張る必要はそんなにないのに、先陣を切る山田」とイジられていた。

竹原さんは半分食べたところでリタイア、長谷川さんは22分51秒で何とか完食。残り2分になったところで、器に残った朝天唐辛子と激辛スパイスを前に「ツラい...」とこぼした山田さんは、突然スマートフォンを取り出す。

笑みを浮かべ、「いくよ俺は。いただきます」と画面に話しかけながら残りを食べ進めようとする。画面に写っていたのは、山田さんと長澤まさみさんの2ショットだった。

2007年公開の映画「そのときは彼によろしく」で共演して以来、長澤さんは山田さんのマドンナだという。「そんな長澤に勝手に力をもらいラストスパート」(服部さん)をかけ、24分50秒とギリギリで見事完食してみせた。

ツイッターなどでは視聴者から、

「スマホの長澤まさみに話しかける山田孝之死ぬほどおもろい」
「山田孝之が長澤まさみの画像に話しかけながら激辛食べきってて笑った」
「山田孝之、辛い時に長澤まさみ見て元気出すの一般人みがあって好感持てるな(笑)」

など、山田さんの「長澤まさみ愛」を面白がる声が多数上がっていた。

(TT)

関連記事(外部サイト)