芸能界でも感染者が続出 「苦しさ」訴える声を「めざまし8」詳報

東京都の新型コロナ新規感染者は、先週金曜(2021年8月13日)に5773人と過去最多を記録、重症者も昨日15日に251人と、過去最多になっている。「めざまし8」が詳報した。

芸能界でも沢村一樹さん(54)が、今月7日に発熱と倦怠感でPCR検査、陽性が確認されたほか、以降もスピードワゴンの小沢一敬さん(47)、森山直太朗さん(45)らの感染が発表されている。

■「気を付けていた方だった」の声

一方、感染から復帰した芸能人からは、コロナ感染の苦しさを訴える声が次々と寄せられている。

今月2日に感染を発表したレイザーラモンRGさん(47)は、「しんどい。本当にゼリーしか食べられなかった。感染前83キロの体重は今73キロ。こんななるで、こんななったらあかんで」と語る。

7月31日のPCR検査で陽性が判明、8月11日に復帰した松井玲奈(30)さんも「想像していたよりはるかに大変。人生のなかで一番苦しいくらいの数日間。まる2日間38度の熱で食欲がわかなかった」。

夫婦そろって感染し、高熱と味覚の変化に苦しんだというブル中野さん(53)は「病院もホテルもいっぱいだったので、家で療養していました。食欲ないので体力無くなっていってほとんど動けない」。

感染した芸能人たちから聞こえてくるのは「予防してもどこからかウイルスは入ってきます」「コロナに関しては気を付けていた方だった。いつなったのか分からない」といった強い感染力。

切り札と考えられているワクチンについても、接種後数カ月で抗体価が下がるという気になる研究結果も出ている。特に高齢者や喫煙者で大きく下がるため、3回目の接種が必要となる可能性もあるという。

■繁華街で依然、路上飲みの姿も

先週金曜、小池百合子都知事はお盆の過ごし方について「今、まさに最大級、災害級の危機を迎えている。お盆で旅行、帰省の計画を立てて『いざ行かん』という人も、今年も申し訳ありませんけど諦めてください」と自粛を強く促した。

しかし、金曜夜の渋谷を見ると、雨の影響で人流は少ないとはいえ路上飲みの人の姿が目立つ。新宿では見回りを増員して路上喫煙、路上飲酒を注意して回ったが、酒を飲んでいる男性と押し問答も。

南米で猛威を振るうラムダ株も気になる。国内では7月20日にペルー滞在歴のある五輪関係者30代女性から初確認されたが、公表が五輪閉幕後だったことが物議をかもしている。

二木芳人(昭和大学教授)「正しい医療が提供出来る限りは重症者も簡単に亡くならないが、届かない状況になると死者が上がってくる可能性もある。コロナには十分ではない病院に無理に入れると、院内感染が起きて病院全部がダメになってしまったりする」

湯山玲子(著述家・プロデューサー)「夫婦で感染すると買い物にも行けない。急変すると医者でしか見れない。医者がついていてベッドがある仮設空間など作れないか」

橋下徹(弁護士)「ラムダ株の公表遅れは、普通に考えれば五輪中止論が出ないように情報出すのはやめておこうと判断があったと疑わざるをえない。役所の体質が重要で、安倍政権、菅政権を通じて、まずい情報が出てこない、文書が廃棄される繰り返しだった。日本国民として腹が立つ。戦前日本はまずい情報を隠しながら敗戦に向かっていった。(ラムダ株感染女性を)隔離してたら隔離してたと言えばいいのに」

(みっちゃん)

関連記事(外部サイト)