玉川徹「恥ずかしい行い」 渓流での「違反」BBQ・ゴミ放置が横行

新型コロナウイルス感染拡大後、絶景で知られる奈良・天川村の渓流でバーベキューをする観光客が急増し、ゴミを放置するなどのトラブルが相次いでいる。31日(2021年8月)の「モーニングショー」が取り上げた。

■村の職員が注意しても...

現地では2017年に制定された条例で「バーベキュー禁止」と定められているが、連日のように違反者が現れている。先日8月28日の土曜日に、村の職員が車で「バーベキューは禁止です」と呼びかけながら河原を巡回している姿がVTRで紹介された。においでバーベキューをしている違反者を探し、発見するたびに職員は「天川村ではバーベキューはできません。片付けてもらえますか」「道のあちこちに『バーベキューは禁止』の看板があったでしょう?」「早く鎮火させて、水かけて」と注意する。それでも違反者は続出している。

バーベキューをしていた若者たちの中には、SNSできれいな川を探して、ここにやってきた人たちも多い。「人混みのない場所に行こうと思って」と言い訳するが、天川村でのバーベキューは条例違反である。橋の上から河原を目視して発見したバーベキュー客に「すぐにやめてください」とスピーカーで注意すると、「わかってるよ!」と言う声。

注意している間に通報があり、駆け付けると道路から死角になっている場所でカセットコンロを持ち込み調理をしている若者たちを発見。「中止してください。看板見たやろ?」と注意すると「焼き終わったら消す。ゴミはちゃんと持ち帰る」と言う。しかし、翌日その場所を訪れると、コンロのガスが放置され、使い捨てライターやたばこの吸い殻、調味料の袋やマスクまでが放置され、ごみが散乱している状態だった。職員たちが後始末をする。

■有料施設はあるが「違反」続出

別の若者グループは「バーベキュー禁止」の垂れ幕が下がったつり橋の下でバーベキュー中だった。音楽を鳴らしながらバーベキューを楽しんでいる。注意すると「知らない。奈良県民じゃないから」と言い、火を消さない。さらに注意すると、持参した水鉄砲で遊びながら火を消す始末。職員は「自然を守っていきたいと村の人は考えている。バーベキューをしないで楽しんでほしい」と訴える。

実際に、この地はバーベキューをしなければキャンプを楽しむことができる。また、バーベキューをしたい人のためには、2500万円をかけて有料のバーベキュー施設を建設もしている。しかし、休日ともなると、10件以上の条例違反者が現れるのが実態だという。村は対策として車のナンバーをカメラで撮影し、悪質な場合は警察に通報しているという。

司会の羽鳥慎一は「有料のバーベキュー場がありますが、お金のかからない河川敷でやっているというようです」とコメント。

弁護士の菊間千乃は「こうやって報道されて、またバーベキューに行ってしまう人が増えなければいいと思いますが、そうなると村としてはもっと強い措置を取らなければいけなくなってくる。今は大丈夫なキャンプもダメになるなど、自由の制限につながりかねない。有料施設の値段を下げてでもバーベキュー場に誘導するようにして、職員の方の負担を減らしたい。ただ、今はコロナ禍で密集を避けなければいけないという問題もある」と指摘。

テレビ朝日コメンテーターの玉川徹は「恥ずかしい行いですよね。有料施設を使えばいいというが、有料駐車場があっても路上駐車する人がいるように、安さを求める人はいる。守らない人は守らないということ。ゴミを捨てて帰るような人間はそういう人間だとしか言えない。条例で縛るしかないと思う」と呆れていた。

(バルバス)

関連記事(外部サイト)