自転車気分で電動キックボード その罪と罰

司会の羽鳥慎一が紹介したのは「最近、街中で電動キックボードに乗る人をよく見かけますが、信号無視、逆走、歩道内の走行など交通ルールを無視する人が多くいます。こうした中、8月26日(2021年)には電動キックボードの事故で23歳の女性が危険運転傷害の容疑で書類送検されています」という話題。

■「モーニングショー」が伝えた渋谷の様子

きのう9月1日の渋谷にも電動キックボードに乗車する若者はたくさんいた。電動キックボードは道路交通法では原付バイクと同じ扱いで、運転には免許が必要で、左車線を走行するのがルールとなっている。しかし実際には、歩道を走行したり、右車線を走行したり、信号を無視するなど、交通ルールを無視する利用者が多くみられた。番組では8月31日にも新宿で取材したが、同様に多くの電動キックボード利用者が交通ルールを無視していた。

電動キックボードの危険運転の様子がSNSに投稿されるケースも増えている。8月25日早朝に、目黒区の国道246号線で、逆走する電動キックボードの様子などが投稿されている。8月26日に全国で初めて危険運転傷害容疑で書類送検された23歳の女性は、無免許で運転していたうえ、赤信号を無視してタクシーに衝突し、乗客の男性が負傷した。警視庁は、赤信号と認識しながら信号を無視し、事故を起こしてけがをさせたことを踏まえて「過失運転傷害」より罪が重い「危険運転傷害」を適用したという。危険運転傷害は15年以下の懲役刑が科せられる可能性がある。

都内では電動キックボード関連の事故は今年に入ってすでに34件発生している(8月24日現在)。そのうち10件は人身事故だった。

■玉川徹が指摘した「周知が重要」な点

斎藤ちはるアナの説明によると、電動キックボードで公道を走るには、ヘルメットを着用し原付免許が必要。ほかにも、バックミラー、方向指示器、前照灯と番号灯などの装備が必要。また、ナンバープレート取得、自賠責保険への加入、軽自動車税の納税の手続きも必要だという。送検された女性は、無免許で必要な装備もなく、保険も未加入だった。

社会活動家の石山アンジュは「この数カ月のうちに渋谷の街では電動キックボードの姿が増えている印象がある。電動キックボードの利用にはシェアサービス利用と個人利用の2通りがあり、サービス利用者はルール講習を受けているが、個人利用者にはそれがない。ナンバープレート届け出時にルール講習をするなど、安全利用を強化する必要がある」と指摘。

テレビ朝日コメンテーターの玉川徹は「電動キックボードは見た目、運転が簡単そうで、自転車同様と思うかもしれないが、原付バイクと同じ。歩道を走行したり逆走したりすれば取り締まりに会うのは当然。1日取材しただけでこれだけの違反者が見つかるということは、パトカーが街を走っても検挙できる。事故を起こして危険運転傷害となれば刑務所に入ることになると周知されることが重要になる」とコメントした。

(バルバス)

関連記事(外部サイト)