「紙とさまぁ〜ず」の終了、もったいない! 「新感覚」で楽しみだったのに...

番組改編期ということもあり、終了してしまう番組もボチボチ出てきたが、残念なのが「紙とさまぁ〜ず」(テレビ東京系)だ。

ゲストにアンケートを投げて、その回答をもとにさまぁ〜ずの2人がトークするバラエティ番組で、「これまでにない新感覚の番組」と楽しみにしていたのに、あっという間に終わってしまった(2021年9月14日未明<13日深夜>)。2人によると、当初から12回の予定だったらしい。

■天海祐希の本音さく裂

これまでのゲストは、米倉涼子、あいみょん、有村架純、内田理央、泉里香、小松菜奈、そして、最終回が天海祐希だった。こういってはなんだが、テレビ東京にしては豪華なメンバーだったと思う。これも、紙(アンケート)のなせる業。

今回も、「友達と13時に待ち合わせ。何時に着くように家を出る?」(天海の回答は「待ち合わせの10分前。人を待たせるのは嫌です」)や「おでんのネタのキャプテンを選ぶとしたらどのネタ?」(天海の回答は「ちくわぶ。煮込まれたちくわぶが大好物です!」)、「ツナマヨおにぎりってどう思う?」(天海の回答は「美味しいと思いますが、できれば別々で食べたい」)などなど、独特な質問の数々。

そして、すっかり番組恒例になった「ハムサンドとタマゴサンドを買おうとしたらどちらもありませんでした。ハムタマゴサンドはありました。解決しますか?」(天海の回答は「解決しません。気持ち的に」も。天海もさまぁ〜ずも東京下町育ちで同年代ということで、考え方も似ていると、勝手に共感しているところも面白かった。

さまぁ〜ずの2人も、竹崎由佳アナも番組の終了を寂しがっていたが、このまま終わってしまうのは本当にもったいない。いつかまた再開しますように。

(くろうさぎ)

関連記事(外部サイト)