河野太郎「政界一の超ボンボン」三代世襲、一族企業からお小遣い......改革者イメージとは程遠い古い自民党――ほか4編

<国民は、自宅で見殺しにされようとしている。今も、ひとりで亡くなっている人がいる。涙が出る。怒りと悲しみでいっぱいになる。この国はいつから、こんなことになってしまったのか。命は自分で守るしかないのか>

私が見たのは朝日新聞だが、9月22付(2021年)朝刊に載った出版社「宝島社」の全面広告である。汚れたぬいぐるみが横たわり、その上に太陽らしきものがある。右上に「緊急事態」という印が押してある。宝島が出す「意見広告」にはいつも感心させられる。他のメディア、新聞、テレビにいる人間たちは、この広告に勝る仕事をしているのだろうか。

コロナの感染者が減り続けている。政府は11月頃から普通の生活に戻れるかもしれないと能天気なことをいっているが、信用できない。なぜなら、感染者が減っている理由が誰にもわからないからである。

ワクチン接種はようやく国民の半数である。人流もそれほど減ってはいない。賢いコロナが、何も手を打てない政府を嘲笑うように減ってみせておいて、少し経つと、また猛威を振るい始めるのではないか。総裁選に出ている4人の候補者に聞いてみたい。「あなたはなぜコロナ感染者が減ってきていると思うか」。河野太郎ならこういうだろう、「僕が担当大臣だからだ」と。

■父・河野洋平「息子をよろしくお願いします」自民党実力者回りの親バカぶり!息子に個人献金まで

tv_20210923182655.jpg

週刊誌を含めて、総裁選は河野が話題の中心である。共同通信が9月17日、18日に行った「新総裁にふさわしい人は」という自民党員調査では、48%超でダントツ1位だった。週刊現代などはいち早く「河野総理、誕生 そのとき日本はこう変わる」とぶち上げ、河野になればこうなるという。

<派閥の論理と長老支配を打ち破って総理総裁に就任する――。「時代が変わった」ことを世に示せば、旧態依然の自民党に見切りをつけていた有権者の支持が戻り、総選挙では圧勝するだろう>

私はこれほどお気楽に河野に期待する気にはなれない。第一、河野は安倍晋三と並ぶ超ボンボンである。祖父に河野一郎元副総理、一郎の弟の謙三は参院議長、父・洋平は元総裁で、母親は伊藤忠商事の創業者の曾孫である。

岸田文雄も祖父と父が衆議院議員だが、格が違う。ピッカピカの世襲議員に派閥をぶっ壊し、長老支配を終焉させることなどできるものか。週刊文春によれば、河野は一族がみな早稲田大学へ行くのに反抗して、慶應大学へ入ったようだが、そこも2か月で中退して、アメリカのジョージタウン大学へ留学したそうだ。彼の反抗心はこの程度でしかない。

同じ文春が、帰国後に富士ゼロックスに就職して、約7年後に衆院選に出たが、この時も、父親が出馬予定の県議を無理やり降ろして、「親子による選挙区の山分け」(文春)をして楽々当選してきたと報じている。

だが、河野は常々「政治に『河野家』を利用しようとは全く考えていません」(『諸君!』2001年5月号)と、世襲政治家であることを否定し続けている。ならばと、文春は河野の政治資金を洗いざらい調べてみると、河野家のカネがザクザク流れ込んでいることが分かったというのである。

河野家の一族企業といわれる「日本端子」(自動車に使う車載用端子などを製造するメーカー。昨年度の売上高は約170億円。河野洋平が初代の代表取締役で、同社の株を3割保有する大株主。河野太郎も2%保有。河野太郎の弟が社長)から、初当選した1996年から2019年まで「お小遣い」として約6700万円ももらっているというのである。

さらに、父親・洋平が政界を引退してからは、「河野太郎事務所」に個人献金もしているそうだ。それだけではない。9月15日には、父親が参議院のドンといわれる青木幹雄元参院会長を訪ねていたことを読売新聞が報じた。その2日前にも、かつての盟友・麻生太郎を訪れているのだ。84歳の老政治家が「息子をよろしくお願いします」と頭を下げに行ったのであろう。

まさに一家総出で太郎を総裁・総理にしようとしているのである。文春のいうように、<口では改革者のイメージを掲げても、中身は古い自民党そのもの。そこに、河野氏が抱えている危うさがある>。河野の裏には菅義偉と二階俊博がいる。これで長老支配打破ができるのか、記者諸君、ぜひ聞いてみてくれないか。

■高市早苗総理あるかもしれない!?あの杉田水脈が最側近のネオナチ体質こわい

ネオナチと近く、ネトウヨが支持者といわれるウルトラ保守の高市早苗だが、もしかすると総裁になるかもしれないと、想像するだに恐ろしいことをいうメディアもあるようだ。高市の側近は、週刊文春によれば、あの「LGBTは生産性がない」と書いて問題になり、『新潮45』を廃刊に追い込んだ杉田水脈衆院議員だそうだ。

世の中には、安倍や高市のようなウルトラ保守を支持する層が3割弱はいるといわれる。それが証拠に、9月18日の毎日新聞の世論調査では、岸田を抜き2位になった。安倍は三回生以下の議員たちに電話をかけまくって、「高市を頼む」と圧力をかけているという。もし、第1回投票で高市が2位、岸田が3位になれば、決選投票では岸田が高市を推すことになる。そうなれば高市総裁も夢ではない。私にとっては悪夢だが。

日増しに影を薄くしている岸田だが、頼りの安倍が高市にご執心だから手の打ちようがない。これまでと同じようにじっと我慢で、何とか第1回投票で2位に滑り込み、2、3位連合で総裁を狙うしかない。これでは、菅に「絶対に総理にしてはいけない男」といわれても致し方ない。仮になったとしても、菅同様、短命で終わるに違いない。

野田聖子は姉御肌で、気風のいいところが魅力である。他の候補よりはっきりものをいうが、元暴力団だと週刊文春、週刊新潮が報じている亭主のことになると口を閉ざしてしまうのでは、総理にはなれない。

■浜辺美波 ホントに「ポメラニアン」つきあいだけ?「まるりとりゅうが」Ryugaに自宅マンションの合鍵

tv_20210923182733.jpg

浜辺美波(21)という女優がいる。今年上半期のCM放送ランキングで女性部門第1位になったそうだ。デビューは沢口靖子、長澤まさみを輩出した「東宝シンデレラオーディション」で、ニュージェネレーション賞を受賞した10歳の時だった。堀越高校在学中に映画『君の膵臓をたべたい』でブレイク。だが、私生活では「彼氏は一回もいたことがない」と非モテを口にしているという。そりゃそうだろう、まだ21だぜ。この年から男といちゃついていたら末恐ろしい。

老人はそう思うが、現実の世界はもっと先をいっている。文春によれば、6月6日の午後6時。スーパーで食料品を買った浜辺は自宅マンションへと帰っていった。すると今度は、背負っているリュックサックにポメラニアンを入れた男性が浜辺のマンションに行き、「彼は持っていた鍵でエントランスを開けると、中へと入っていった」そうだ。

しばらくすると男性は出てきたが、リュックサックは背負っていなかった。この男性、Ryuga(24)といって男女ポップデュオ「まるりとりゅうが」のメンバーだという。こう書いても私には全く分からないが。

浜辺が彼らのライブを見に行ってから親しくなり、双方の事務所も公認の仲だという。彼らは犬好きで、2人でポメラニアンを飼い始め、基本的には浜辺のところにいて、時々Ryugaも自分の家に連れていくそうだ。

文春の直撃に2人は、親しい友人だが交際はしていないと否定している。とまあ、初々しい交際のようだが、文春らしからぬ詰めの甘い記事のように思う。犬好きだったら犬の貸し借りはあるだろうし、それをもって男女の仲だと決め付けるのはどうだろう。鍵を持っていたのが動かぬ証拠といいたいのだろうが、今時の若い男女は、セックス抜きでも部屋で喋ったり、音楽を聴いたりするそうだ。私の若い頃は女性の部屋に入るのはセックスとイコールだったがね。

■大谷翔平が打てなくなった!なぜ?張さん「あと0・2秒体を残せ。それだけで本塁打50本いく」

文春オンラインでは、「乃木坂46・星野みなみが4歳年上通販会社御曹司と熱愛 新宿、阿佐ヶ谷デートで2連泊」というのをやっているが、こちらは行動確認がきっちりできている。<電車内でも握った手を片時も離すことなく、時には抱き合う姿も。しばらくして一緒に電車を降りると、再び手をつないで歩きだす。信号待ちで止まった時にも星野が抱き着く場面が見られた。数分ほど歩いて住宅街の高級マンションの前につくと男性が顔認証のオートロックを開け、一緒にエントランスへ吸い込まれていった>

<2人が男性のマンションに入ってから14時間後の8日午前11時頃、2人は再び一緒にマンションから姿を現した。星野は前日と同じ服装だが、男性は水色のストライプシャツに着替え、グレーのキャップをかぶっている>

彼氏は高級フルーツのネット販売を行う会社の代表取締役の息子。星野は23歳で金持ちの男性が大好きだそうだ。

大谷翔平が日本時間の9月22日(2021年)、10試合ぶりとなる45号ソロ本塁打を放った。8月、9月とやや疲れが見え、春はピンポン玉のように飛んでいた打球も、フェンス間際で失速してしまっていた。

だが、週刊新潮で張本勲が、<「"早く、強く"打とうとの気持ちがあるから、最近の大谷はすぐ重心が前に行ってしまっている。あと0.2秒、体を後ろに残すだけでいい。たったそれだけで本塁打王は十分狙える」>といっている。試合数は少ないが、本塁打50本、27日の先発登板で勝って10勝を成し遂げてほしい。いや、大谷ならできる。(文中敬称略)

関連記事(外部サイト)