ドコモ通信障害・制限 長嶋一茂「いつ起きても不思議ではない」

NTTドコモできのう14日(2021年10月)、全国規模の通信障害が発生し、通話やネットのデータ通信が17時ごろから3時間つながりにくくなった。「さまざまな混乱が復旧発表後も一部で続いています」と司会の羽鳥慎一が伝えた。

■復旧発表後も混乱

ドコモのスマホでは地図アプリが表示されず、コンビニや飲食店、タクシーのスマホ決済ができず、プロ野球の電子チケットも表示できなかった。21時57分に復旧が発表されたものの、つながらないスマホもあり、夜遅くまで混乱した。

こう「モーニングショー」が15日朝に放送している最中の8時6分、速報が入った。

斎藤ちはるアナウンサーが「ここで速報です。NTTドコモによると、通話やデータ通信を制限しているため、つながりにくい状況が現在も続いているということです」

長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「僕はアナログなので、スマホを持ってはいても、きのうはほとんど使わなかった。スマホは便利な反面、少し依存しすぎているのでは。僕はスマホを100%信用していない。今度のようなことはいつ起きても不思議でない」

玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「僕は決済にスマホを使うが、電話はガラケーです。カードだって通信障害が起きたら使えない。タクシー料金はどうするのだろう?」

こうしたときに備える保険や補償制度も、まじめな話、必要だろう。

(あっちゃん)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?