「THE TIME,」がこだわった木下都議の会見発言「理不尽な現実」

無免許運転を繰り返したことで在宅起訴され、進退が注目されていた木下富美子都議(55)だが、昨日22日(2021年11月)に議員を辞職した。「THE TIME,」では、ニュースで大きく報じる他、「TIME HOTワード」コーナーでは木下都議の「仕事をさせてもらえないという理不尽な現実に悩みました」という発言も取り上げた。

■安住アナ「後押ししたのは小池知事の言葉でした」

昨日午後6時、都議会に出席した際の赤いワンピースとはうってかわって紺のジャケットに黒のシャツ姿で記者会見に現れた木下都議。「私に対しては短期間に2度の辞職勧告決議がなされていますが、議員としての進退はあくまで本人が決するものです」と、本人の意思を強調した上で議員辞職を表明した。

辞職会見の前には、小池都知事と会談。知事からは「ここは一旦退いて、今回の交通事故の解決に専念されたらどうか。これで人生が終わるわけではなく、今回の不祥事を反省し、再出発するときには相談に乗る」と話をいただいたという。

木下都議が都議会に出席した際には、他の議員が反発して委員会を退席して委員会が開かれないという騒ぎも起きた。会見では木下都議が「仕事をさせてもらえない現実が委員会開催拒否で明らかになった」と語り、この言葉はネットでも話題となった。

無免許運転の事故については「順法精神が弛緩していたことは本当に申し訳ない。運転免許の再取得はいたしません。運転はいたしません」と謝罪の上、2度と運転しないことをカメラの前で宣言した。

議員報酬については「議員報酬が欲しいために議員を継続を望んだわけではありません。公職選挙法により受け取り拒否ができません。議員報酬については寄付、政務活動費については請求を致しておりません」と語ったが、記者から「いつまでの議員報酬を寄付するのか」と質問されると、「考えをまとめ、どこまでの分が正しいか対応を考えたい」と答えるにとどまった。

記者会見後、出された辞表が受理されたことで木下都議は議員辞職となった。

司会の安住紳一郎「渦中の木下都議の辞職、後押ししたのは小池都知事の言葉でした」

(みっちゃん)

関連記事(外部サイト)