BTSの兵役免除認める?ダメ? 韓国で大激論のワケ

国連でスピーチするなど世界的に絶大な人気を誇る韓国の7人グループ「BTS」をめぐり、同国で義務付けられている兵役を免除するかどうか国論が分かれている。きょう26日(2021年11月)の「めざまし8」がこの話題を取り上げた。

韓国の男性には兵役義務が課されているが、スポーツ・芸術の分野で優れた成績を残した人は兵役が免除されている。現行の兵役法では歌手や俳優は免除の対象に含まれていないのだが、法律を改正してBTSをはじめとする芸能分野にも免除を認めるかどうかについて、韓国の国会で25日から審議が始まった。

■「めざまし8」で倉田大誠「ちなみに『東方神起』や(略)の方々は...」

「(BTSに)兵役免除の恩恵を与えれば、効果・影響がどれほど大きいか」という賛成派議員の一方で、「BTSに勲章を与えたとしても、兵役免除は絶対にしてはいけない」という強硬な反対意見の議員も。兵役については公平性を求める声も根強く、議員の間では賛否が分かれたため結論を出さず、今後公聴会などで国民の意見を聞くことになった。

BTSのメンバー自身は、「韓国の青年として兵役は当然のこと」と兵役に就く姿勢を示している。

バンド「flumpool」の山村隆太「国全体に国防について考えさせるBTSの影響力はすごいなと思いますね」

倉田大誠キャスター「ちなみに『東方神起』や『BIGBANG』といった(韓国の)アーティストの方々は、これまで兵役に就いています」

(キャンディ)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?