瀬戸朝香と内田有紀の初共演が「胸熱」 ドクターXに「豪華すぎ」の声

連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第8話が、12月2日(2021年)に放送された。(ネタバレあり)

フリーランス外科医の未知子(米倉涼子さん)やフリーランス麻酔科医の城之内博美(内田有紀さん)らが働く東帝大学病院に、博美の高校時代からの親友・八神さつき(瀬戸朝香さん)が入院する。

■病室に3人が揃う

さつきは重篤ながんを患っていて、息子の祐希(元之介さん)の勧めで、東帝大学病院の内科とメディカルソリューション本部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)が主導する最先端のケミカルサージェリーを受けると決意していた。

外科手術でがんを切除できる可能性はゼロじゃないとして、未知子は度々「私に切らせて」と訴え、さつきの病室まで出向いて説得するが、さつき本人から

「祐希が決めたことなの。あの子言ったのよ、私のために努力しなかったって。そういう後悔だけは絶対したくないって。だったらそれに応えてやりたいじゃない」
「私は、あの子がしてほしいってことをするだけ。そう決めたの」

として断られる。そこに博美も現れ、「そういうことだから。出てってくれる?」と未知子に言い、未知子は「また来まーす」と言って病室を去った。

未知子は言った通りにまたさつきの病室を訪れる。さつきは「手術はしない」と言い張りつつ、高校生の時に博美と男子を巡ってライバル関係だったこと、高3の時にその男子との子供を妊娠して博美が譲ってくれたこと、退学させられそうになった時に博美が学校側と戦ってくれて卒業できたことを未知子に明かす。

博美の治療によって徐々によくなっていることで、さつきは

「博美には彼氏ももらっちゃったし、今度は生きる希望まで。ほんと、博美にはありがとうしかないね」

と、博美への気持ちを未知子に語る。未知子は改めて、「私に切らせて。私、失敗しないので」とさつきに訴えた。

■内田有紀&瀬戸朝香は初共演

その頃祐希は博美に、

「母さんは僕が2歳の時に離婚しました。母さんは僕を育てるために自分の人生を犠牲にしてきたんです。これからは、自分のための人生を生きてほしい。少しでも長く」

などと母への想いを語っていた。その日の夜遅く、博美はさつきの病室を訪れ、

「大門先生の手術を受けてみない?腫瘍は小さくなってる。今なら手術の可能性に賭けてみる価値はあると思う。大門先生は信頼できる医者よ。私もがんになって、一度はあきらめかけた命を救ってもらったことがあるの。彼女は、失敗しないから」

と説得。さつきはうなずいたが、その直後にさつきが苦しみ出す。

未知子は厚生労働事務次官・神部八尋(宮川一朗太さん)のがん手術中だった。博美の必死の処置もむなしく、さつきはそのまま息を引き取ってしまった。

神部の手術を成功させた未知子は、看護師の大間正子(今田美桜さん)のただならぬ様子からさつきの死を知る。明け方、病院の屋上で未知子と博美は、

「悔しい。救えなかった。何にもできなかった」(博美)
「ありがとう。彼女、言ってたよ。あんたにはありがとうしかないって」(未知子)

との会話を交わし、想いを分かち合っていた。

瀬戸さんは二児の母で、ドラマ出演は約3年ぶり。内田さんと瀬戸さんは同じ1992年デビューで、90~2000年代のテレビドラマを彩ってきたが、意外にも今回が初共演だったという。

米倉さん、内田さん、瀬戸さんという豪華な顔ぶれの貴重な共演に、ツイッターなどでは

「米倉涼子、内田有紀、瀬戸朝香て...今週のドクターX、強すぎるぜ...」
「ひとつの部屋に米倉涼子と内田有紀と瀬戸朝香、豪華すぎないか...」
「内田有紀と瀬戸朝香の共演は世代的に胸熱」

といった声が上がっていた。

(TT)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?